マホトラのブログ

日々の生活や面白そうなことに注目してみるブログです!

アニメ・ラノベ等-・ダンまち

ダンまちファミリアクロニクルepisodeリュー 感想〜リューも凄いがシルの女神?っぷりも凄い

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか。ファミリアクロニクルepisodeリューの感想です。リューの活躍や過去に注目した貴重なエピソードが満載な一冊です。しかし個人的に一番驚いたのはシルだったりします。途中からシルの凄さと謎が気になっ…

ダンまち外伝ソードオラトリア 10巻 感想〜天然英雄と人工英雄、そして英雄を待つ者

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝ソード・オラトリア10巻の感想です。10巻の見所は作られた英雄として悩むフィンの苦悩やクノッソスへの一転攻勢、そしてベルとアイズの戦いなどたくさんありました。 ロキファミリア、闇派閥、異端児…

ダンまち外伝ソードオラトリア 9巻 感想〜アイズの過去と心の闇

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか。外伝ソードオラトリア9巻の感想です。 物語の時系列は本編8巻ラキアがオラリオへ侵攻してきたところから始まります。ロキファミリアがオラリオを守りつつ、クノッソスの鍵を探す。またアイズが冒険者…

ダンまち外伝ソードオラトリア 8巻 感想〜もう、誰も哭くんじゃねえ!!ベートの強さを求める理由

ダンまち外伝ソードオラトリア8巻の感想です。ベート好きの筆者としては最高に面白かったです。ベートの過去や想いなど、今まで謎だったことがわかったので嬉しかったですね!最後のくだりは最高でした。ちょっと感動しちゃいましたね。絶対読んで欲しいです…

ダンまち外伝ソードオラトリア 7巻 感想〜ロキファミリアの敗北

人造ダンジョンの入口を見つけたロキファミリアは内部に侵入するが、分断され追い詰められていく。闇派閥・クリーチャー・ディックス・穢れた精霊...ハメられたロキファミリアは敗北する。 7巻の冒頭 慢心ダメゼッタイ アイズだよ!全員集合! 感想・まとめ …

ダンまち外伝ソードオラトリア 6巻 感想〜アマゾネスの国は修羅の国

ダンまち外伝ソードオラトリアの6巻の感想です。ロキが都市の近くの汽水湖へ調査に向かうという水着回かと思いきや、血生臭い流血回でした。ティオネとティオナの壮絶な過去が判明するのですが... ティオネとティオナが中心に物語は進みますが、他の仲間やイ…

ダンまち外伝ソードオラトリア 5巻 感想〜ベルとレフィーヤの初めての共同作業とサービスシーン

ダンまち外伝ソードオラトリアの5巻の感想になります。アニメ2期がもしあれば5巻からのスタートになるのでしょうか。相変わらず謎が多いダンジョンに魅力的な登場人物、そしてゲーム感のある世界観が最高ですね!この5巻は伏線っぽい部分もあったので注目し…

ダンまち外伝ソードオラトリア 4巻 感想〜60階層以下に穢れた精霊の本体がいる事実

ダンまち外伝ソードオラトリア4巻の感想です。アニメでも大迫力の死闘でしたが、原作はさらなる絶望感がありました。ダンジョンヤバ過ぎですね。こいつらカッコよすぎるだろうって感じですね。個人的にフィンとガレスが超カッコよかったですね! 初見殺し52…

ダンまち外伝 ソードオラトリア 3巻 感想〜物語の核心!?状況をまとめてみる

ダンまち外伝ソードオラトリア3巻の感想です。ついにレベル6になったアイズが黒ローブ(ギルド)からクエストを受ける。24階層のパントリーへ向かい、モンスター大量発生の原因を突き止めることに... アイズと一緒にクエストにあたるヘルメスファミリア。その…

ダンまち外伝 ソードオラトリア 2巻 感想〜赤髪のテイマーと死闘(また!?)

ダンまち外伝ソードオラトリアの2巻の感想です。ダンまち本編を読んだ者として面白いと感じるとこはベートがいい人ってことですね!すごく口が悪いけどね。またアイズの性格のギャップがすごい。人としてはかなり問題児ですが戦闘になると半端ないです。ベル…

ダンまち外伝 ソードオラトリア 1巻 感想〜アイズとレフィーヤとベートがいい感じ!

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか。外伝ソードオラトリアム。 こちらはロキファミリアのアイズ達に焦点を当てた外伝作ですね。ベル達が知らぬところでどんなことが起きていたのか?気になる人はぜひ読み進めたい1冊です。ダンジョン都市…

ダンまちの登場人物のステイタス一覧!強さ等を考察してみる(随時更新予定)

ダンまちを読んでいると巻末や途中の挿絵に登場人物のステイタスが紹介されますよね!ゲームの攻略本大好き人間の筆者にとって、ステイタスの挿絵は大好物です! 物語中でもステイタスのアビリティについて触れているシーンがあります。でも見返そうとすると…

ダンまち 13巻 感想〜ダンジョンヤバすぎ!厄災から絶望へ(ネタバレあり)

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか。略してダンまち13巻の感想です。物語の中で冒険者が死んでしまうことはありましたが、13巻は血生臭さが伝わるほど死者が続出します。そんな物語のキーマンになるのは主人公のベル・酒場の定員リュー・…

ダンまち12巻 感想〜みんなで攻略!ダンジョン回!強化種との死闘!

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか。略してダンまちの12巻の感想です! ベルがレベル4になったのでヘスティアファミリアの評価が『D』になり、ギルドからの強制ミッションでダンジョンに遠征することに... ヘスティア派の派閥ファミリアの…

ダンまち11巻 感想〜ベルって不良なの?そこに痺れる憧れる!

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか。略してダンまちの11巻の感想です。だいたい物語ってゴールが分かってたりします。けど11巻は読んでいくとベルの行動や神の介入によって物語が大きく変化します。読者ですら展開が読めない状況が面白い…

ダンまち 10巻 感想〜てめえもイカれちまったんだなあ

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか。略してダンまちの10巻の感想です。感想を書くにあたって『てめえもイカれちまったんだなあ』という言葉がすごく刺さったのでタイトルにしました。 ディックスとベルはまさに対極に位置している。どっち…

ダンまち 9巻 感想~友好的なモンスターの出現と闇のブローカー

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか。略してダンまち9巻の感想です。物語はダンジョンと神々の謎が深まる内容で、友好的なモンスターの出現がベル達を悩ませることになります。そして闇のブローカー戸愚呂兄弟のようなモンスターを嗜好品と…

ダンまち8巻 感想〜外伝のようなそれぞれの恋愛模様

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか。略してダンまち8巻の感想です。外伝のような内容ですね!それぞれの登場人物に焦点を当てたサイドストーリー的な感じです!重要なポイントはいろいろありましたが、ベルがロキファミリアの団長フィンと…

ダンまち 7巻 感想〜(ネタばれあり)ダンジョン都市の闇。金!暴力!S...

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか。略してダンまちの7巻の感想です。テーマは『娼館』です。要するに風俗ですね。そしてだいたいのトラブルが神様達のせいだったりします。ベルがまた騒動に巻き込まれてしまうんですが、神の想像を超える…

ダンまち 6巻 感想〜絶対面白いのは6巻だと思う件について(ネタバレあり)

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか。略してダンまちの6巻の感想になります。ダンまちの原作を買おうかな?と悩んでいる人は6巻を買うべきでしょう! 理由は1〜5巻はアニメで見ることができるので、続きを知りたいのなら6巻から、また6巻が…

ダンまち 5巻 感想~初めてのボスモンスターと絶望感

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか。略してダンまちの5巻の感想になります。ダンまちのアニメ1期はちょうど5巻までの内容になります。アニメの尺の都合上、最終話はとても駆け足になってしまったので、18階層の黒いゴライアスの死闘につい…

ダンまち 4巻 感想~レベルアップと新たな仲間

ダンまち4巻の感想です。アニメも面白いですが、原作ならではの細かい描写やサイドストーリーがいいですね。ベルがレベル2になったので取り巻く環境も少しずつ変わってきました。 ストーリー 面白いポイント まとめ・感想 ストーリー レベル2になったベル。…

ダンまち 3巻 感想〜鍛錬と死闘のベル君

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか。略してダンまちの3巻の感想です。ついにレベル2に到達することができたベル君。優秀なスキルの効果だけではなく、自分自身の器の成長がないとレベルアップ出来ないという設定が自然と物語を熱くさせま…

ダンまち 2巻 感想〜相方はワケありのコソ泥少女!?

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか。略してダンまちの2巻の感想です。2巻はアニメで6話までの内容になりますね。2巻では主人公のベルの性格がよくわかる感じになっております。もう清々しいくらいの良い子です。パルゥム(小人族)の…

ダンまち 1巻 感想~ドラクエやトルネコ好きならハマる世界観と設定とワクワク感!

世界に唯一あるダンジョン。そのダンジョンを囲って都市が成り立っているオラリオ。唯一の家族である祖父を亡くした14歳の少年が英雄に憧れ、ダンジョンに出会いを求めてやってきた。 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 略してダンまち 著…