マホトラのブログ

日々の生活や面白そうなことに注目してみるブログです!

アンパンマンのキャラクター達はお金を持っていない。お金がない平和な世界。



最近アンパンマンを見ていて、この世界はどういう風になっているんだろう。って考えてしまいました。2017年4月~2018年4月までのアンパンマンのアニメを全部録画して見ましたが、一度もお金は出てきませんでした。その理由はなぜなのでしょうか?

 

お金を支払うシーンがない

まず気になったのはおジャムおじさん達が街の人達にパンを配っていますが、お金もらっているようなシーンってないことです。いろんなキャラクターがいますが、食べ物を提供するときにお金を要求したり支払ったりするシーンは出てこないですね。 

バイキンマンも「やい!金をよこせ!!」とは言わないですね。確かに物を強奪しようとしますが、お金は取るようなシーンはありません。おそらくこの世界にお金がないのでしょう。

 

様々なキャラクターが専門的な仕事をする

バイキンマンも悪さばっかりしますが、たまに強奪しないという変わった展開になるときもあります。変装して美味しい物を盗もうとするんですが、成り行きでイヤイヤ仕事を手伝うときがあります。

結局バレて「オレによこせ!!」っとなるんですが、手伝ったお礼と言われて美味しい物を分けてもらって円満解決します。

 

バイキンマンが食べ物を手に入れて円満解決するシーンは奥が深いです。要するに仕事をした人には平等に食べ物を与えられるんですよね。子供達以外は何かしら専門の仕事をしている。みんな頑張って仕事をするのが当たり前なので、欲しいと思ったものはタダで貰える。究極の信頼関係が成り立っている世界なんです。

 

衣食住、医療、教育が無償化されていて、軍隊も存在せず、平和にみんなが助け合って生活している。まさにみんな平等の究極の形なんじゃないかなと思います。

 

みんなが平等な世界

おそらくかなり高度な特殊に近い教育がなければ、自分だけ多くもらおうとか、仕事を少しサボろうという気持ちが絶対に生まれるはずですよね。

 バイキンマン以外は完成され高度の教育が実施されているんじゃないかと思うと、ある意味すごいな~と思います。

みんな仕事が楽しく、やりがいを持っています。使命の名の下に一生懸命は楽ことがそのキャラクターの幸せになっています。その使命はキャラクター全員が共通して持っています。まさしく平等に幸せな世界です。

 

まとめ・感想

平等過ぎると、人間の世界ではほぼ間違いなく言論が統制されたりします。必死に平等を目指す。たけど人間は欲望があるから難しい。だから厳しく取り締まって国民を教育する。

でもアンパンマンの世界は自由。

もう特殊な教育が終わり、金銭的な欲望が無くなった世界なのだと想像してます。

 

ちょっと歪んだ発想になってしまいました(笑

とにかくアンパンマン達はすごく清らかな優しい心を持っていますね。

羨ましい!!!