マホトラのブログ

日々の生活や面白そうなことに注目してみるブログです!

Uターン転職の求人の探し方!経験者が語る就活の心構え!



今の生活がイヤで大卒の初任給くらいしかなく、給料アップが望めない。もう満員電車には乗りたくない。そんな方は地方に就職しませんか?

これは自分と妻が新天地を求め、地方で暮らし始めたときのお話です。Uターンを転職をする場合の求人の探し方と心構えについてお話します。

 

 

 

退職した理由について

現在は働いているので実感はありませんが、厚生労働省より2017年4月の時点で有効求人倍率がバブル期を超えているそうです。

自分が就職活動していた2011年〜2012年のときは、とても大変でした。とにかく求人は少なかったです。

 

当時は精神的にキツイ状況でした。働いていた会社の経営が傾いていました。社長はプライベートのセミナーに数百万を使っているのに、社員のボーナスはほぼカット。勤めていた上司も退職し他の会社に転職していきました。自分もボロボロになって退職。そこから新たな就職先を探さなきゃならなかったのです。

 

 

都心での暮らしは大変

東京都心周辺で妻と暮らしていたのですが、とにかく固定費がかかって仕方ない状況でした。

家賃で9万円、駐車場代で1万5千円。

通信費、ガス、光熱費、保険代。

当たり前ですが、生きてるだけでお金はかかります。

 

2人とも大卒の初任給くらいの給料しかなかったですが、毎月3万円くらいは貯金していました。

でも退職したのでお金が減っていきます。

 

東京や神奈川の都市部には求人はあります。でも満員電車に揺られて毎日通勤。残業代も出ないのに帰りは遅い。個人的な能力があまりないので給料は低い。

 

家賃が安い郊外に住んで時間をかけて満員電車でで通勤する、物を買わずに節約、なるべく外出しない。まさに煩悩を捨てて生活すれば生きていくのは可能かな〜と考えてました。

 

 

退職してからの転職活動だった

いろいろ妻と相談しました。そんなとき妻が

「もう我慢するのは辞めよう!」と言いました。

自分は前から地方で広いところに住みたかった。妻が背中を押してくれました。

 妻も会社の環境が悪く、今の生活に疲れていたので意見が一致しました。2人とも会社を辞めて妻の生まれた田舎へ行くことにしました。

 

所持していたキューブ(ニッサン)とレンタカーしたハイエースにすべての荷物を乗せて出発。不安より期待の方がずっと大きかったです。自分が望む生き方に挑戦する。

挑戦できることが何よりも嬉しかったです。車の窓を開けると空気がおいしい。田舎でも結構栄えている町だけど山が近くて風がとても気持ちよかった。

 

引っ越した物件は家賃は半分以下で、広さは倍以上ありました。駐車場代はタダ同然。周りに高い建物が少ないので日当たりがいい。

 

産地直送の野菜がおいしい!キャベツのシンが真っ白な色をしていて新鮮!肉食が多かったですけど、よく野菜を食べるようになりました。

 

 

安定したお仕事探しのパートナー【イカイジョブ】をご入力下さい。

 

心構えは?

本来であれば働いているうちに転職すべきだったなあ~と思いましたが、結果的に引っ越してから転職活動して正解でした。これから地方で就活する人にお伝えしたいのは、『求人が都市部より圧倒的に少ない』ことです。そりゃ〜人口は東京の10%しかないですから、、、

 

結果的に筆者は無事に就職することができました。会社を探した方法は新聞の折り込み広告でした。都心ではあまり考えられないかと思いますが、地方ではインターネットで求人を探すのが大変だったります。むしろインターネットやハローワークに求人を出さない会社も多いんです。

よって地方へUターンしようと考えている方は、引っ越してから転職することをおすすめします。

理由は理想の求人に出会う確率を上げるためです。

こういっては失礼ですが、地方のほとんどの企業はブラック企業です。

完全に労働条件と給料が釣り合っていません。

まず自分の働きたい条件に合う会社を探すのは本当に大変なことです。

その地域に住んでいない状態で就活をするのはほぼ不可能です。

 

どこでもいいから転職したい場合はいいかもしれませんが、恐らく仕事が続かないと思います。無理に嫌々働くと人間は病気になります。

 

目安として、引っ越ししてから1年は過ごせるだけの貯蓄を持ってください。

だいたい引っ越し費用を除いて100万~150万は必要です。

 

 

地方での求人の探し方

とても大変ですが、考えられるすべての求人に目を通してください。新聞や求人広告誌、インターネット、職業斡旋業者、ハローワーク・・etc

他にもあるかもしれませんが最低でもこのくらいの求人媒体は毎日見てください。

 

とにかく1年間必死に会社を探せばいくつかあります。求人は少ないですが、『ない』ということはありません。

 

 

その後の生活

無事に就職して貯金が貯まりはじめました。帰りが早くなったので自炊が増え、野菜を食べることも増えたので、食費もだいぶ下がりました。

 

家賃も駐車場代も安いし、意外とスーパーは多いので便利。仕事も車通勤なので快適です。ストレスがすごく減りました。東京にいた頃は4年で100万円くらいしか貯金が貯まりませんでしたが、地方で就職してからは数倍のペースで貯金が増えています。

 

 

贅沢はできませんが、

健康で文化的な最低限度の生活を営むことはできていると思います。

 

お金持ちにはなれないけど、能力がなくても気持ちさえあれば生活は変えることができると思います!

今現在、いろいろ悩んでいる方がいらっしゃいましたら、ぜひ挑戦してみるのも楽しいかもしれません。(*´ω`*)

 

まずは無料で相談!【キャリアスタート】

 

引越し達人セレクト