マホトラのブログ

日々の生活や面白そうなことに注目してみるブログです!

結婚できない理由について!うまくいかない人の特徴は?



結婚は簡単にできます。紙に名前と判子を押して役所に持って行けば結婚できます。でも実際はそんな単純ではありません。

 

結婚をしないと決めてる人はこの先のお話に当てはまりませんが、結婚できないと言う人は当てはまるかもしれません。

 

結論を言えば、覚悟を決めて、折り合いをつけることができれば結婚できます。高校の保険体育の授業のときに、結婚について学ぶことがありましたが、教科書に書いてあったことは、

①肉体的成長、②金銭的、③精神的成長の3つが必要だということだった。

③の精神的成長というのが一番難しい。。

 

 

結婚できない人の例

・結婚はタイミングだと言う人

結婚がゴールになってしまっている。結婚後のことがイメージできていない。実際問題、仲良くやっていくのは結婚してからの方がはるかに難しいからです。

 

・バラードが大好きな人

哀愁漂うバラードが大好きで、すぐ歌詞に共感してしまう人。全部とは言いませんが、自分の置かれている恋愛に酔っています。実際冷静になって考えてみてください。適当に出会って普通にうまくいかなくて別れただけではないでしょうか?自分の経験に酔うのではなく、ポジティブに自分を見つめなおしましょう。

 

・すぐ冷めてしまう

極端な話だが、『アイスの蓋を舐めた』とか『地面に唾をはいた』とか一度見たことが気になって冷めてしまう。これは最初からどこか微妙だと思ってる。楽しさが優先で受け身になっている。これはまだ精神的に幼く、包容力がない。きつい境遇やトラブルがあったら真っ先に挫折してしまう可能性が大きい。

 

・追いかけたい人、追われると冷める人

まさに精神的に包容力がない人の象徴です。頼ってばかりではダメです。子供ができたら自分でやらなければならないことは多いです。

 

・分かれてすぐ付き合う

付き合ってるときからガードが緩く、なんだかんだ理由をつけて別れて、すぐ次の人と付き合ってしまう。本人はすでに心が浮気していることに気がついていない。自分の中では別れる理由が完全に正当化されている。

このタイプは致命的です。自分で気がつくことがないからです。例えばニュースで、アイドルが別れて一カ月くらいで次の人と付き合うみたいな話を聞いたらどうでしょう?この人おかしいねってなりませんか?

感情が理屈を支配してしまっています。今すぐ気がついてください。

 

 

f:id:safet_driver_maybe:20171102230421j:plain

結婚後はイヤでもケンカする

先ほどの結婚できない人の例に当てはまる人は、かなり難しいでしょう。結婚後の生活は相手と長時間ずっといることになるからです。必ずイヤなことの1つや2つ出てきます。ましては決定的に意見が対立することもあるでしょう。これはお互いにかなり精神的に辛いです。これが積み重なっていくと本当にくだらない些細なことでケンカします。

 

具体例を上げていきます。

・洗濯物でタオルの干し方がおかしいでケンカ

・電気がついてるついてないでケンカ

・トイレの蓋が開いているとかでケンカ

・机の上が汚いでケンカ

・おならしたしないでケンカ

・玄関に靴が多いでケンカ

・テレビ見てしゃべったらうるさいでケンカ

・食事のときに箸がないとかケンカ

 

超~~~くだらないことでケンカします。ずっといればイヤなこともいろいろ積み重なっていきます。溜まってくると余裕がなくなるんですよね。こうなる前にお互いに思いやりをもったり、会話したりして交流を深めるのが重要になってきます。

 

ただ今の時代はスマホがあるので、気がつくとスマホばっかり見てしまうし、いろんな情報が入ってくるのでイヤでも周りと比べてしまう。自分の価値観がブレたりして不安定になりやすいです。

 

 

f:id:safet_driver_maybe:20171102230533j:plain

男と女は脳のつくりが違う

お互いの対話で難しいのは男は理屈で考え、女は感情で考えるところでしょう。

女の人が急に怒り出したとき、理由を聞くとなんでそんなことで怒るんだ?と男の人は思うかもしれません。実は女の人が怒っている本当の理由は本人もよくわかってなかったりします。

些細なきっかけで導火線に火がついて溜まっていた不満に引火して爆発する。

よほど紳士でクレバーな男性でなければ爆発を阻止することは難しいでしょう。

 

原因はずっと前から話を聞いてくれなかったとか、大事な話なのにスルーされたとかでコツコツ不満がたまっていて、ついに爆発。。

男の人からしたらなんで急に??っと思うでしょう。

 

 

例えば、生まれたばかりの赤ちゃんを世話している妻に、夫が「手伝おうか?」と言ったら妻がキレます。男の人なら「は!?」っと思うでしょう。妻は「当たり前でしょう!こっちは大変なんだ!手伝うってなんだ!子育ては私だけやるんじゃないんだ。おまえも率先してやれ」っと思っています。夫は「急に理不尽だ!何言ってるんだ!?頭がおかしいんじゃないか?」っと思うでしょう。

 

これでケンカを始めたら意見が真っ向から対立して大変なことになるでしょう。どちらかが謝れば確かにその場は収まるかもしれませんが、そんな夫婦生活は冷めていくこと間違いないでしょう。

 

女性は思っていることを上手く伝えるのが苦手です。言われなくてもわかるでしょう。っと考える傾向があります。でも残念ながらほとんどの男性は詳しく教えてあげないとわかりません。

 

男性は女性が怒っている原因を素直に解釈してはダメです。理屈が通じない場合は以前から溜まりに溜まった何かに怒っている可能性があります。直接理屈でぶつかるのではなく、冷静に実は何に怒っているか聞いてみましょう。

 

どうするべきか?

男女ともに相手に全部任せてはいけません。意見が対立したり、イヤなことがあった場合は、お互いに折り合いをつけていくことが重要です。お互いに一歩引いて、自分のことだけではなく相手のことを考えてみてはいかがでしょうか?

これは結婚についてだけではなく、家庭、社会、国においても重要です。

折り合いがつけられないと、離婚したり、契約破棄になったり、戦争になったりします。まあ~相手が100%法律違反している犯罪者だったら仕方ないかもしれませんが、、

 

きついとき、イライラしたとき、意見が違うとき、一歩引いて何が問題なのか考えて相手のことを想い、折り合いをつけるため、精神的にタフになっていきましょう。

 

病めるときも、健やかなるときも、愛をもって、生涯お互いを支えあうことを誓いますか?

 

結婚式をして覚悟を決めて誓いましょう!!!

 

 

話題沸騰!オタクに寄り添う婚活【とら婚】 最大35,000円分の商品券がもらえる!結婚式場探しはマイナビウエディング