マホトラのブログ

日々の生活や面白そうなことに注目してみるブログです!

2017-2018年フィギュアスケートGPシリーズ前半と4回転ルッツの得点が高過ぎる件



2017年GPシリーズ中国杯が終わりました。あと残すGPシリーズは3試合です。いろいろと感じたことがあったので、まとめていこうと思います。

 

 

日本のオリピック候補(女子)

中国杯でついに樋口選手、三原選手、本田選手の新生3人が激突!!!

 

勝ったのは樋口選手でした!オリピックへ大きく前進したと思います。しかもあのザギトワ選手に負けないくらいの演技を見せてくれました!惜しくも2位でしたが、今後は更に期待してもいいかと思います。

 

逆に追い詰められたには三原・本田選手だと思います。チャンスは日本選手権しかありません。時間は一カ月ちょいしかないです。

 

さっそく本田真凛選手はローカルな大会へのエントリーを進めているようです。時間がないのでとにかく実戦経験を積む作戦ですね!ヒシヒシと焦りが伝わります。今年の女子の日本選手権は日本史上最大に面白いこと間違いなし!!

何度も言いますが、女子の枠は2人です。

 

 

男子シングルの世代交代

中国杯でフェルナンデス選手がまさかの6位、3年連続で出場していたGPファイナルはほぼ敗退決定です。しかもパトリックチャン選手もNHK杯は辞退。発表前のTwitterでは足が疲れている(直訳)と言ったコメントが出ていました。6年連続で出場していたのに、ここにきてファイナル欠場です。

 

代わりに羽生選手の同世代のジェイソン・ブラウン選手とミハイル・コリヤダ選手が活躍。

特にコリヤダ選手の4回転ルッツは世界一と思えたくらい綺麗でビックリしました!!

更に下の世代では宇野選手やネイサン、ボーヤン、サマリン、ヴィンセントジョー選手が上がってきています。

 

ベテラン勢はスケーティングが綺麗ですが、なかなか試合ではキツくなってきている印象です。

 

 

4回転ルッツの得点が高過ぎる

中国杯では特に男子シングルの4回転ジャンプのミスが目立ちました。みんな3本4本とガンガン飛びましたが、綺麗に決まったジャンプがあったろうか?と思えるくらいミスが多い。

 

ルール上では3回転ルッツを完璧に決めるのと、4回転ルッツを飛んでスッテンコロリした場合ではスッテンコロリの方が得点が高い。

 

3Lz→6+GOE最大(2.1)  =  8.1

4Lz(スッテンコロリ)→13.6 - 4 =9.6

 

ルールなので仕方ないですし、チャレンジすることは大切です。しかし美しくない!!

来期はルールが変更になるようなので、スッテンコロリは大幅に減点されるのは間違いないです。

 

来期はジェソンブラウン選手やパトリックチャン選手は有利かもしれません。羽生選手もそこまでデメリットはない気がします。

 

 

GPファイナル出場選手を予想してみた

・男子シングルについて

宇野昌磨

ネイサンチェン

羽生結弦

ジェソンブラウン

ミハイルコリヤダ

ボーヤンジン

※敬称略 

 

このメンバーでほぼ決定だと思います。

ほぼ揺るぎないと予想!

アーロン選手やサマリン選手も可能性はありますが、

①フランス杯で両選手ともに宇野選手に勝つ

②フランスで優勝する

③パーソナルベスト40点以上更新する

上記3つを全部クリアしないと無理っぽい感じがします。

 

・女子シングルについて

メデベデワ

ザギトワ

オズモンド

 

この3名はほぼ出場だと予想。

あとは可能性があると思う選手は

樋口新葉

カロリーナ・コストナー

マリア・ソツコア

アシュリー・ワグナー

宮原知子

  ※継承略

5名の選手かな〜と、、、

樋口選手はファイナルに出れると勝手に予想します!総合得点の206 、212は驚異的な得点です。もし同点になったときに上回る選手はいないだろうと思います。

 

でも女子は難しいです。今期の宮原選手の活躍で大きく変わります。目が離せません!