マホトラのブログ

日々の生活や面白そうなことに注目してみるブログです!

2017年初めてフィギュアスケートの大会を見に行く!



こんにちはマホトラです。

フィギュアスケートが好きなのですが、テレビで見るだけで一度も生で見たことがありませんでした。一回でいいから見る機会がないかなあ〜と思っていました。

 

そんなとき、ボケ〜っとまたフィギュアスケートについて興味を持ったことを調べていたら、全日本ジュニア選手権が前橋市で開催されることを知りました!

 

全日本ジュニア選手権は11/24(金)〜11/26(日)にかけて、前橋市のALSOKぐんまアリーナ(正式名称:群馬県総合スポーツセンター)で開催されます。

家から近いので行けないかなあ〜と思い、情報を集めることにしました!

 

いろんなサイトで情報を集めると、入場料は無料とのことですね。(ホントかな?)

とりあえずダメ元で行ってみることにします!マナーとかも後でしっかり勉強したいです!

 

 

ジュニアとシニアの違い

ジュニアの試合ってほとんど見たことないです。なので羽生君達のシニアの試合とどこが違うのか調べて見ました。

 

※たぶんもっと細かい点があると思いますが、見るときに支障が出ないレベルの違いだけ調べました

 

・ショート

演技項目の構成はシニアと同じで、演技時間も同じ。違うのはジュニアはショートで4回転飛んじゃダメということ。

 

・フリー

演技項目の構成はシニアと比べるとステップが1個少ない。シニアは2回ステップの演技をするけど、ジュニアは1回だけ。得点にすると最大で4点ほど差が出る。演技時間が30秒短い。

あとは同じです。4回転飛んじゃってもOKです!

 

 

大雑把に言えば同じですね!

 

ジュニアとシニアの年齢

基本的にジュニアは13歳〜14歳。でも18歳まで出場OK。シニアは15歳からですね。7/1に対象年齢になってなきゃダメという感じ。

 

早生まれだと中3でもジュニアの可能性があるってことですね。高校生はシニアってことになります。

 

ただこの辺は駆け引きがあることを自分は知っています。(後で記述)

 

 

ジュニアの選手を調べてみた

フィギュア好きだけど、ジュニアの選手はサッパリ分からないです。せっかく見に行くのでどんな選手がいるのか調べてみました。

あんまり情報が見つからなかったですが、できるだけ調べました。(本当に情報がないw)

 

【男子の選手】

・佐藤駿

2004年2月6日生まれ   13歳

ジュニア1年目の選手で、なんと全日本ノービス選手権4連覇(ノービスAとB)

ノービス(小学生)でトリプルアクセル飛んでますね。。羽生選手を超えそうな逸材みたいです(汗

仙台の選手で東関東大震災で被災してスケート靴だけ持って避難したとか、復旧まで時間をかけて埼玉のスケートリンクに通った等、心を打つエピソードがたくさんあるみたいです。

将来の金メダリストかもしれないです。ぜひ一度見てみたい選手ですね!

 

・鍵山優真

2004年2月6日   14歳

ジュニア2年目

お父さんが91年〜93年に全日本選手権3連覇していて、アルベールビルとリレハンメル五輪に出ていますね。本人の情報が少ない。。

 

・木科雄登

2001年10月16日   16歳

今年のジュニアグランプリ(JGP)に出場していて、ラトビアとブリスベン杯に出ています。

今期からトリプルアクセル飛んでます

 

・山隈太一朗

2000年4月14日   17歳

身長175cm!?大きいですね〜

双子のお姉さんもフィギュアの選手みたいです。

JGPのブリスベン杯に出場してます

 

・三宅星南

2002年3月26日   15歳

名前ですがセナって読みますねー。身長170cmでここ最近伸びたみたいです。9月に骨折しているとTwitter等に書いてありましたが、大丈夫でしょうか?

男子は成長期だから大変です!自分も中学のとき成長痛で走れなくなったことがありました。

JGPのオーストリア杯に出てますね。

 

・須本光希

2001年2月4日   16歳

JGPのラトビア杯で1位とクロアチア杯4位で日本人男子で唯一JGPファイルに出場する選手です!

おめでとうごさいます!頑張ってほしい!!

来年はシニアデビューかな?

フリーでアクセルジャンプ4本飛んでますね〜アクセルが得意なのかなあ〜

 

・島田高志郎

2001年9月11日   16歳

去年の全日本選手でシニアと一緒に滑ってましたね!テレビで見て覚えています!

wikiに身長170cm   体重42kgと記載されてましたが、いや〜嘘でしょう。軽すぎますよ。というか170cmもあるんですね!本当に成長が早いですね。

英語が得意でお金持ちらしいですね。

 

 

【女子の選手】

・紀平梨花

2002年7月21日   15歳

ジュニア2年目です。

ラトビア杯2位とイタリア杯3位でJGPファイル出場決定です!おめでとうごさいます!

日本人女子では1人だけですね〜ぜひ頑張ってほしい!!

 

・山下真瑚

2002年12月31日   14歳

大晦日生まれですね。

ジュニア2年目

JGPでオーストリア杯3位、クロアチア杯2位

すごいですね!コーチはあの有名な満知子先生。名古屋出身なので真央ちゃんと同じです。

 

・渡辺倫果

2002年7月19日   15歳

単身でカナダへ行って、エイトリンクスという8面もスケート場があるとこを拠点にしています。中学生でカナダに1人ってすごいですね!

自分がこの歳の頃は家でゲームしてたなあ。。

トリプルアクセルも飛ぶみたいです!

精神的にタフそうです!

 

・滝野莉子

2002年3月14日   15歳

オーストラリア杯3位

コーチはあの有名な織田信成君です!あと信成君のお母さん(70歳)

トリプルアクセルに挑んでいます!

 

・松岡あかり

2004年3月27日   13歳

ジュニア1年目

オーストラリア杯とクロアチア杯に出身してます。コーチは樋口新葉選手と同じみたいですね。

 

・荒木菜那

2001年5月22日   16歳

ポーランド杯3位

名古屋出身?

 

 

高校生のジュニア選手について

ジュニア選手権なので普通に考えると出場するのは中学生しかいないと思うかもしれませんが、高校生もかなり多いです。まあ〜ルール上は18歳までOKですけどね。

 

これには理由があり、1番大きいのは世界ランキングに関係することかと思います。すぐにシニアに上がればいいと思うかもしれませんが、ランキングが低いとシニアの国際大会(GPシリーズ)には出られません。

 

いろいろ複雑なルールがあるのですが、ジュニアのうちに世界選手権等の国際大会で良い成績を納めて、シニアデビューした方が世界ランキングが上がりやすいのかもしれないです。

 

例えば、坂本花織選手は本田真凛選手より1個上ですが、去年はジュニアの選手でした。

そのままシニアに上がっていたらシニアのGPシリーズに出られなかったかもしれません。そのときは国内大会で勝ち上がっていく必要があります。

でも国内大会の記録は参考記録になってしまうので、どんなに良い成績を出しても非公式記録になります。GPシリーズの出場条件は公式記録を見ているので関係なくなってしまいます。

 

そこでジュニアの国際大会に出て、良い成績を納めて公式記録を残すわけですね。ベストスコアが24位以内なら現在はグランプリシリーズで2試合出られます(事実上)。しかも坂本選手は去年世界ジュニアのメダリストです!無条件でシニアのGPシリーズの選考対象になります!

 

GPシリーズは8位以内に入れば世界ランキングにも反映されるので、今後のシニアの大会にも出やすくなります。

 

いきなりシニアデビューしちゃう羽生選手や浅田選手などはすごいということですね!

 

 

全日本選手権(シニア)に出場できる

全日本ジュニア選手権で6位以内に入れば、シニアの全日本選手権に出場できます。

 

要するに本田望結ちゃんが6位以内に入ったら、全日本でお姉ちゃんの本田真凛選手と一緒に試合に出れるということです。

 

でも本田望結ちゃんは全日本ジュニア選手権もギリギリ滑り込んだ感じなので、ちょっと厳しいかもしれません。毎年レベルが上がっているので勝ち抜くのは本当に大変です。

 

とにかく皆様ケガなく頑張ってほしいです!