マホトラのブログ

日々の生活や面白そうなことに注目してみるブログです!

フィギュアスケート混戦の五輪シーズン!優勝者を予想!



こんにちはピョンチャンオリンピックまで100日をきり、フィギュアグランプリシリーズも後半戦。女子も男子も混戦模様になってきた印象を感じます。

 

 

勝者を予想することは難しい

オリンピック前になってきて選手のレベルが急激に上がっています。当たり前ですが本番でミスしなかった選手が勝つと思います。メドベデワ選手ですらミスしたら勝てるか分かりません。

 

どんなに上手な選手でも人間です。ミスすれば動揺(?)して立て続けてミスを連発するシーンはフィギュアスケートあるあるではないでしょうか。

 

今シーズンは特に選手達はピリピリして笑顔も少ないような気がします。見てるこっちも緊張してしまいます。すごい笑顔なのはジェイソンブラウン選手くらいですね(笑

 

www.absbmagic.com

 

ベテラン勢の底力

以前に世代交代が始まっているかもとお話ししたことがありましたが、ここに来てベテラン勢が力を発揮しています。GPシリーズのNHK杯はフィギュアスケートの魅力をまた教えてくれたような気がします。確かに4回転の種類や本数は少ないですが、演技はバツグンに印象に残りました。

 

個人的にジャッジも4回転を転んでも飛ぶみたいな風潮は嫌っているように感じます。 去年くらいまでは失敗してもそんなに演技構成点に影響がなかったように見えましたが、今シーズンは厳しいですね。

 

もちろんルールでも失敗した演技には10点つけるな!という新ルール(?)が今期から適用されてますよね。

 

 

女子は横一線でプレッシャー

女子はもうみんなミスしない。出場する選手はショートで1本はジャンプ失敗しても2本ミスする人はあまりいないですよね。

 

逆に表彰台候補はプレッシャーが半端ないと思います。まず1本ミスしたら動揺しますよね。だって2本もミスしたら勝てないですから。オリンピックはチャレンジャーの方が有利な気がしてならないです。

 

 

男子は高難易度のプレッシャー

ベテラン勢がノーミスで滑ったら高得点が出ます。4回転を2〜3本成功させたら優勝の可能性もあります。でも3回転ジャンプだけでは絶対に勝てないでしょう。必ず4回転は飛ばなきゃなりません。

 

ジュニアからシニアに上がってきた選手もネイサンチェン選手やボーヤンジン選手のように高難易度のジャンプをガンガン飛んでますが、自分が予想していたより点が伸びにくいです。GOEや演技構成点が伸びないな〜という印象です。

 

そうなると男子もノーミスが求められます。完璧に滑りきった選手が勝つでしょう。若い選手は高難易度連発で得点が大化けするし、ベテラン選手は演技構成点とGOEで得点が跳ね上がると思います。

 

1番未知数な選手はパトリックチャン選手だと思います。4回転を2種類で複数本をキッチリ決めてきたらトンデモないことになると思います。そうなると勝てる選手はノーミスの羽生選手だけなんじゃないかと思ってます。ここ数年ベストを更新していませんし、一度でいいからパトリックチャン選手の4回転を含むショートフリーのノーミスが見てみたいです。

 

五輪金メダルのジンクスと予想

男子も女子もGPファイナルで金メダルを取った選手がオリンピックでも金メダルを取ることが多いです。

 

特に男子はその傾向が特に強いです。一度だけGPファイナルで金メダルを取らなかったのにオリンピックで優勝した選手がいます。その人物とはあの超有名の皇帝プルシェンコです。

 

彼はオリンピックシーズンのGPシリーズは1戦だけで撤退してるんですよね。だからファイナルには出なかったんです。奇しくも羽生選手が同じ道を辿っていますね。

 

このジンクスから考えると、男子のオリンピック優勝候補は現時点で3名です。

・GPファイナル優勝者(追記:ネイサンチェン)

・羽生結弦

・パトリックチャン

 ※敬称略

この中に平昌オリンピックの金メダリストがいます!!!

 

 

女子については確かにGPファイナルで金メダル取ればオリンピックでも優勝する可能性が高いのは確かですが、荒川さんの例もあるのでなんとも言えません。

 

荒川さんはオリンピックシーズン調子が良かったわけではなかったです。GPファイナルも普通に出られませんでした。きっとフィギュアの神様が荒川さんを選んだのでしょう。

 

個人的な予想はケイトリンオズモンド選手ですね。なんかそんな気がします。

理由は今までカナダ選手に金メダリストがいないのが逆に気になるということと、ロシア選手が平昌五輪では不利なのでは・・と勝手に思っているだけですが・・

(ドーピング問題で平常心が乱される?)

 

 

とりあえず勝手な予想ですが、

平昌オリンピック男子シングルの優勝者は

※敬称略

 

・GPファイナル優勝者(追記:ネイサンチェン)

・羽生結弦

・パトリックチャン

 

この3名のうち1人です!

そしてこの3人はその力があります!

まずはGPシリーズが楽しみです。