マホトラのブログ

日々の生活や面白そうなことに注目してみるブログです!

ファイブイズホームで新築の見積してもらった内容!見積内容で気をつけるポイント!



こんにちは小さい子供がいるマホトラです。急に家が欲しくなりました。最初は買うつもりなんてなかったのですが、いろいろ考えてみたらやっぱり欲しくなりました。まずは自分が思っていたことについてお話しします。

 

 

 

家を買わないと思ってた理由

今までは家を建てるのは怖いなーと思ってました。今でも怖いな〜と思ってます。その理由は

 

1)会社クビになったら・・

正直不安です。今は平気だけど10年後に無職になったらと思うと、年齢的に就職はキツイ。一生懸命手に職をつけようと頑張ってはいますが

 

2)お金がない

お金がないから家買えない

 

3)災害が怖い

日本は災害が多すぎる。運が悪かったら次の日に地震でバラバラとかありえる。

 

4)買った瞬間に中古になる

家の価値は買った瞬間に下がり続ける。基本的に消耗品ですね。

 

とにかく怖かったですね。今とりあえず生活できてるんだから良しとしようと考えていました。

 

 

家を買おうと思った理由

人間の気持ちなんて変わるものです。でも1番希望と決心を持ったら恐怖はどっかに行っちゃうものですね。家を買おうと思った理由は、、

 

1)人生は一度しかない

自分という人間は未来永劫一度だけ、せっかくの人生なんだからやれることはやろうと思った。失敗してもいつかは全部土に還る。じゃ〜成功を目指そうと思った。

とあるアスリート見てたらそう思えてきました。

 

2)家が狭い

2DKに妻と2人で住んでいたときは広いなあ〜と思っていましたが、暴れん坊の子供がいると狭い。将来的にもどうにかしなきゃいけない状況が見えてきた。

 

3)建売住宅を見に行ったら

自分が育った家は半世紀近く前に建てた家でした。今の住んでる物件も20年くらい前に建てた家です。最近の家は進歩しています。実際新築の家を見たら欲しくなった。

 

4)実は土地があった

お金がなくて無理だと思っていたが、妻に聞いたら土地があるってことがわかった。なぜ早く言わないのだろうか。。

とりあえず土地代が浮いたので、お金のリスクが激減しました。

 

 

きっかけは建売住宅の見学

家を買おうと思ったには、たまたま近所に新築の建売住宅が公開されていたのを見に行ったことが最初のきっかけです。

 

ジュースやお菓子が貰えるし、天気も良くて暇だったので、子供の散歩のついでに行ってみただけでした。実際に見せてもらうと、収納や設備が充実していてビックリ!!

 

ファイブイズホームの建売住宅を2件見せてもらえた。

f:id:safet_driver_maybe:20171113123946j:plain

木の材質やキッチン周りが広い

 

解放感がハンパない

 

妻と子を持つも者としては、見たら欲しくなるに決まっています。

 

土地は50坪で物件自体は35坪くらい、

価格は3200万円〜3600万円でした。

都心で建てたら豪邸ですね。群馬県は土地が安いので価格が抑えられてます。

 

妻に相談したら土地があるということなので、土地代を引けばもっと安く建てられるね〜という話になった。かなり前向きな気持ちになりましたね。

 

 

価格の注意点

ファイブイズホームの店舗に行って、とりあえず見積をしてもらうことにしました。また店長さんから他社と比較する際の見積等の注意点を教えてもらったので、軽く紹介したいと思います。

 

・建築費用のみで安く魅せてくる

家を買うときに安い方がいいのは当然のことです。業者は建築だけの費用を見せてくる傾向があるそうです

 

・家以外の費用が結構かかる

実際に工事するときの費用や家の外側の費用、地盤改良や様々な申請費用が高い。100万じゃ全然済まないレベル

 

広告の〇〇万円っていうのはあまり鵜呑みにしていけないんだな〜という印象です。

 

費用の考え方になりますが、以下の費用は必ずかかると考えないといけません。

 

〇建物

〇土地(今回はタダ)

◎改良

◎外構

◎諸経費

 

50坪で35坪前後の家を建てる場合ですが、◎の部分だけで高いと450万円もかかるそうです。まあ〜本当に何もしないと言い張れば安く済むのだろうけれども、人生かける買い物なのでしっかりした物を建てたいですよね。

 

 

具体的な見積計画書

建てる予定の土地について調べてもらって見積計画書を作ってもらいました。簡単に言うと大雑把な見積書です。

 

※少し多めに見積しているとのこと

実際はこれより安くなるらしいです

(家)は家を建てる費用

(外)は外観・水道や申請費等

 

土地は50坪以上で家は35坪くらい。二階建て

土地代は含まず。

 

(家)建築主体工事1300万円

(家)付帯工事費176万円

(家)消費税118万円

 

(外)水道引き込み143万円

(外)申請・設計・審査費50万円

(外)借入費用46万円

(外)登記費用27万円

(外)建物解体費165万円

 

内容についてですが、建築主体工事は家の価格です。付帯工事費は大工さんが使う電気代や仮設設備や排水などです。

 

水道引き込みは初めから引いてあればゼロ円になります。ただ昔の物は鉛製でできているので老朽化しやすい、市ではステンレス製に交換を推奨しているとのこと。カットしようか悩み中ですなるらしいです。

 

登記費用は土地等の所有者を移すときにかかる費用。両親からもらうと贈与税がかかるので死んじゃってから手続きした方がいいそうです。

 

建物解体費はそのままの意味です。土地に建物が建っているので解体作業があります。もしなければゼロ円になりますね。

 

家以外の費用が結構かかります。家だけの費用を考えていたら間違いなく落とし穴にハマりますね。

 

なるべく安く済ませようとした場合、どこが1番削りやすいかというと『家』ですね。部屋を一つ削ったり、家全体を小さくしたりすれば安くなりますね。

 

逆に考えれば家以外の費用はそんなに変わらないはずです。家にいくらかけるか予算を決めておく必要があります。

 

 

ファイブイズホームは低価格住宅!?

悪い意味ではなく、かなり安いと思います。家も実際に見ましたが、実家に比べたら豪邸です!

 

まだ他社で見積はとっていませんが、かかる費用は簡単にネットで調べられます。『坪単価』と検索すればいろんな会社のおおよその価格帯が分かります。予算にあったメーカーの見積を取ればいいと思います。

 

ちなみに坪単価とは、

見物本体価格を延べ床面積で割ったものです。簡単に言えば土地代を除いた1坪当りの値段です。

 

ちなみに今回見積計画したファイブイズホームは

約2200万円の家で35坪なので、

坪単価は62.85万円

ネットを見る限りこの価格帯は安いです。もちろん家を建てるのにはいろんな証明を取るので違法建築なんてありえません。

 

ただ2015年9月に鬼怒川が氾濫したレベルの洪水が起きたら流されちゃうと思います。このとき白い家が一軒だけ残って話題になりました。ちなみにメーカーはヘーベルハウスでした。ヘーベルハウスの坪単価はさすがにファイブイズホームよりはしますね。安いか高いかは人それぞれですね。

 

 

ファイブイズホームで気に入ったところ

家に不具合があれば、その日中に来て調べてくれるそうです。もちろん料金も取らないそうです。下請けの調査会社を雇っていないらしく、自社で調査部隊を作ってるとのことです。

 

実際家を作ると多少なりミスが出ることもあるらしく、色が違うとか立て付けが悪いとか保証期間中は無料で治してくれるし、期間を過ぎても部品1個とか簡単に直るものはタダで永遠に対応してくるとのことです。(ホント!?)

 

正直かなり好印象でした。他のメーカーとかもいくつか回って比較してみる予定です!