マホトラのブログ

日々の生活や面白そうなことに注目してみるブログです!

本田真凜ちゃんと本郷理華ちゃんは来年のGPシリーズに出場できない可能性がある!?



2018年平昌オリンピックも終わりました。これからフィギュアスケートは北京オリンピックに向けて新しいシーズンが始まります。2017年は五輪代表争いもあり選手達が人生を賭けて勝負してもいましたね。とても感動的で全力で努力する素晴らしさを教わった気がしました。

 
ただ勝負は勝負なので、負けてしまった選手はオリンピックや世界大会に出場出来ません。世の中は学校や家庭ではないので、弱肉強食です。厳しいですが仕方がないことです。特に日本女子シングルは優秀な選手が多く、油断すれば試合の出場機会が失われてしまうほど争いは激化しています。
 
今まで大活躍したきた本田真凜選手、本郷理華選手もこれから順調に試合に出場できる保証がないくらい実は追い詰められてきています。今回はそんなグランプリシリーズ(GPシリーズ)に出場できない可能性について考察します。
 

本田選手の全日本選手権7位による影響

今年はテレビやCMやドラマで有名な子役の本田望結ちゃんのお姉さん、本田真凜ちゃんがシニアデビューということでたくさんの話題になりました。
 
デビュー戦では優勝し、一気に期待が高まりましたが、GPシリーズでは自分のベストが出せませんでした。そして勝負の全日本選手権は7位という結果でした。
 
2017-2018年のワールド大会の選手については、日本スケート連盟も珍しく選手のことを想ってくれたようで、オリンピック選考に漏れた三原選手を四大大陸選手権に、樋口選手を世界選手権の代表にしました。坂本選手を世界選手権に出場させず、樋口選手を選んだところは心に響くものがありました。(宮原選手は全部出場!)
 
そうですね。本田真凜選手は2017-2018年シーズンはワールド大会に出場できませんでした。本田選手より全日本6位の本郷選手の方が出場する可能性が高い状況でしたが、宮原選手が四大大陸選手権を回避しなかったため、出場機会はありませんでした。
 
 
 
本田真凜選手は今まで輝かしい成績を残してきました。2016年世界ジュニア選手権金メダル。2017年世界ジュニア選手権銀メダル。ワールド大会で優秀な成績を上げてきたことによって世界ランキングにも反映されてきました。
 
フィギュアスケートのランキングは以下のようになっています。
 
(1)ワールド大会
+
(2)GPシリーズ
+
(3)ご当地国際大会
 
しかし2017-2018年シーズンは(2)と(3)のポイントはもらえますが、今年は(1)のポイントがありません。
 
(1)の試合は四大大陸、オリンピック、世界選手権が対象になります。ワールド大会のポイントは1番高いので、かなり痛手です。
 
 

GPシリーズ枠に影響する!?

本田真凜選手の活躍に期待したいところですが、今後も順調に試合に出られるか心配な状況です。トップ選手が参加するGPシリーズに出場しないとテレビで見る機会がかなり少なくなります。
 
GPシリーズの出場条件を超簡単に説明すると、
 
①世界ランキング24位以内
②シーズンベスト24位以内
 
上記のいずれかを満たしていないとなりません。
 
ただ実際には24位以内の選手でも引退したり出場しなかったりするので、30位くらいまでなら出場できると思います。しかし確実ではないので自力で出場条件を満たす必要があります。下手すると開催国枠で1試合しか出場できなくなる可能性もあります。
 
 
GPシリーズやワールド大会などのISU公認の国際大会に出場することは選手にとって大きなチャンス。負けてデメリットになることは一切ありません。とにかく出場することが選手にとって大事になってきます。
ISU公認の国際大会に出場すれば世界ランキングも上がりやすくなるし、得点はパーソナルベストとして記録されます。良い演技をすればジャッジの評価が上がって演技構成点で有利になります。その両方を得て1番大成功したのは坂本花織選手だったと思います。
 
彼女は本田選手より1学年上ですが、去年はジュニアでした。なぜジュニアで戦っていたかというと、シニアに上がってもGPシリーズに出場出来なかったからです。もし去年にシニアデビューしていたらGPシリーズの出場条件を満たしていないため出場出来ませんでした。
 
テレビにも映らないし、ランキングやシーズンベストに反映されない日本のローカル大会にしか出られません。もし国際大会に出るならば、ローカル大会を勝ち抜いて全日本選手権で優勝、最低でも2位になる必要があります。
(運が良ければ3位でもOK)
 
ただシニアの国際大会に出場しないと演技構成点が低くなるので不利ですね。実際に紀平梨花選手は全日本選手権で演技構成点が低めでした。これはジュニアの選手だから、シニアの国際大会の出場経験がないためです。
 
そこで坂本選手はジュニアで1年留年(?)して、世界ジュニア選手権で銅メダルを獲得し、シニアの国際大会の招待枠を得ることができました。
(たぶんシーズンベストも満たしていますね)
 
本田真凜選手のように、すぐにシニアに上がる選手はなかなかいません。フィギュアのジュニア選手に高校生が多いのはそういった理由がありますね。
 
 

2018年日本女子シングルの激しい争い

 
 
GPシリーズは6戦あり、2試合まで出場が可能です。その2試合のポイントの合計の上位6人がグランプリファイナルに出場できます。
 
そうですね。だから普通は2試合出場を目指します。
そして試合ごとの各国の枠は通常2人まで、最大で3人です。
はい、、簡単に言うと日本人で2試合出場できる人数は6~9人です。
 
まあ〜日本で開催される試合(NHK杯)は開催国枠でもう1人出場OKなのですが、1試合だけではグランプリファイナルには出場出来ませんし、ランキングに加算されるポイントも1試合分だけになります。
 
ちなみに2018年GPシリーズの日本人枠は
 
2試合出場→8人
1試合出場→2人
 
となりました
 
 
独断と偏見で2018-2019年シーズン前の最終的な優先度は以下のようになっていたと考えます。 
 

優先度ランキング

優先度 選手 世界ランク ベストランク 全日本順位
1 宮原知子 8 5 1
2 樋口新葉 4 6 4
3 三原舞依 7 10 5
4 坂本花織 9 9 2
5 本田真凜 19 19 7
6 本郷理華 17 31 6
7 白岩優奈 28

26

9
8 松田悠 54 23 11

 

世界ランキングとシーズンベストから考えると、上位4人はGPシリーズで2試合出場はほぼ決定だと思っていましたが予想通りでした。
宮原選手・坂本選手・樋口選手・三原選手の4人は安定しています。
 
2試合出場できるのはあと2~5人だったわけですが、結果的に以下4人が2試合に出場することになりました。
 
本田選手・紀平選手・山下選手・松田選手
 
残念ながら本郷選手と白岩選手は1試合のみになります。松田選手は1試合が濃厚かと予想していましたが、日本スケ連は世界ランキングよりシーズンベストを重視しているようですね。
 
本郷選手は残念ながらシニアデビュー1年目の紀平選手と山下選手に追い出された形になります。
 
 

f:id:safet_driver_maybe:20181008134523j:plain

 

本田・本郷選手の来年のGPシリーズは?

全日本、世界ランキング、パーソナルベストを総合して比較しても全く意味がないことがわかりました。日本スケ連はそんなものを関係なくシーズンベストで判断していると考えていると断言して間違いないでしょう。
 
理由は世界ランキング17位の本郷理華選手よりランキングが低い以下の3名を優先して試合に出場させたことになるでしょう
 
世界ランキング
 
41位:紀平選手
51位:山下選手
55位:松田選手
 
ちなみに3名ともパーソナルべストは本郷選手より上でした。
 
 
要するに試合でシーズンべストが低い場合は来年の試合に出られなくなると言えるでしょう。
 
 
よって2018GPシーズン前のシーズンべストを比べると本田選手と本郷選手は危うい状況だと言えます。
 

今季のシーズンベスト(18.10.7現在) 

順位 選手 ショート フリー 合計得点
1 紀平梨花 70.79 147.37 218.16
2 三原舞衣 70.94 138.28 209.22
3 宮原知子 67.53 133.7 201.23
4 山下真瑚 55.33 126.89 182.22
5 坂本花織 49.91 130.94 180.85
6 本田真凜 56.66 122.23 178.89
7 白岩優奈 54.47 118.54 173.01
8 樋口新葉 57.54 109.47 167.01
9 松田悠良 47.75 95.27 143.02
10 本郷理華 46.54 87.12 133.66

 

来年も日本に出場枠があるかわからないですし、新たにシニアデビューする選手が出てくる可能性もあるので、最低でも6番手はキープしておきたいところです。
 
以下の条件を満たさないと本田真凜選手・本郷理華選手は来年のグランプリシリーズに出場できない可能性も考えられます。
 
(本田選手)
2018グランプリシリーズの2試合で今年のシーズンベストを更新する。現在の得点では抜かされる可能性が大きい。
 
(本郷選手)
このままでは来年の出場枠はないと考える。チャンスはあと1回。グランプリシリーズで改心の演技が求められる。
 
 
もしグランプリシリーズでベストを出せなかった場合は、全日本選手権で3位以内に入り、ワールド大会に出場してベストを更新するしかありません。
 
 
優秀な選手が多いというのも厳しい現実がありますね。。。
 
 
 
(期待の新星)