マホトラのブログ

日々の生活や面白そうなことに注目してみるブログです!

保育園0-1歳の1年間は風邪や病気で有給休暇が足らない?



妻の育児休暇が終わった昨年の4月半ば、子供が保育園に通い始めました。あっという間に1年が経ち、言葉をしゃべり始めたり、走り回ったり、元気に成長してくれて嬉しい限りです。

 

この1年間いろんなことがありましたが、大変だったのは子供の風邪やケガでした。朝起きて子供に熱があれば会社を休むし、保育園から電話がかかって来たら迎えに行かねばなりません。

 

 

子供は急に熱を出す

子供は急に熱を出します。さっきまで元気だったのに急にグッタリしてしまうのでビックリします。しかも大人のような微熱ではなく高熱を出すことが多く、様子を見るまでもなく小児科に連れて行くことになります。

保育園から「子供が熱を出したので迎えに来て下さい(強制)」と急に電話がかかってきます。朝はあんなに元気だったのに何故!?というのは日常茶飯事です。

保育園に通う前は熱を出すことなんてほとんどなかったということも多いです。でも通い始めると毎週のように熱が出たり風邪の症状が出ます。このギャップには最初戸惑いました。

 

 

f:id:safet_driver_maybe:20180424212048j:plain

 

保育園は医療行為はしない

ほとんどの保育園は熱が出たり、風邪の症状が酷い場合はすぐ電話がかかって来ます。保育園は責任が持てないため医療行為はしません。「今日は忙しいから預かってもらえませんか?」なんて言った日には退園させられるかもしれません。

保育園はキッチリとルールが決まっている場合が多く、規定の体温を超えた時点ですぐ呼ばれます。ちょっと風邪気味だから子供に特別対応するようなことはないと思った方がいいでしょう。

 

これは何かあった場合に、保育園のダメージが半端ないからです。すぐ裁判沙汰になります。

だから保育園では医療行為はしない場合が多いです。

 

 

f:id:safet_driver_maybe:20180424212100j:plain

1年間の休んだ日数

筆者の家では子供の風邪やケガで1年間に合計24.5日の有給休暇を使用しました。この数字には早退や祖父母にお願いした分を含んでいないので、実際には30日くらい休んでいます。

f:id:safet_driver_maybe:20180424211538j:plain

ハッキリ言えることは一人分の有給休暇では子供の病欠に対応出来ません。夫婦で交代で休む、祖父母にお願いするなどの対応が必要です。

 

 

病児保育園もあるけれど...

もちろん病気の子供を預かってくれる保育園も存在します。『病児保育』と呼ばれるとこなら子供が急に熱を出しても預かってもらえます。

 

全国病児保育協議会:病児保育の概念

 

しかし家の近くになければ子供を預けるのに時間がかかるため、朝なら始業時間に間に合いませんし、仕事中なら途中で会社を抜けねばなりません。

よって急に熱が出た場合はどっちみち半休か時間休等で対応せざる得ません。

 

 

予防を徹底するしかない

なるべく風邪を引かないように予防するしかないですよね。0-1歳児は手を洗えてもウガイは出来ないので、なるべく清潔にするしかありません。筆者の家では、食後は机の上を次亜塩素酸で消毒するなどしています。

 

インフルエンザの予防注射をしたり、鼻水が酷い場合は機械で吸ってあげたり、風邪の症状が続く場合は早めに医者に行ったりしました。

 

それでも風邪を引いてしまうので大変です。

 

 

まとめ

保育園に通い始めてしばらくするとケガもするようになります。頭部を強打したり、歯が血だらけになったりすると保育園から電話がかかってきました。元気過ぎるのも心配なんですよね。

 

とにかく筆者が1番伝えたいことは

子供はたくさん風邪を引く

ということです。

 

仕事内容によっては休めない人もいますよね。祖父母が近くにいない共働き家庭は大変です。よく夫婦で相談することが必要です。