マホトラのブログ

日々の生活や面白そうなことに注目してみるブログです!

コピー機の片面両面とか両面両面が分からない!簡単に説明します〜



こんにちは社会人になって研修が終わり現場に配属されると

上司「これコピー取ってきて」

ぼく「はい!取ってきました!」

上司「ばかもーん!両面なのに片面だけじゃないか!!」

ぼく「コピー機の使い方がちょっと...」

上司「コピー機使えないのか!」

 

という光景は職場あるあるネタ(?)なのではないでしょうか。上司だって最初は上手く使えなかったくせに〜...

 

コピー機を見ると印刷方法が書いてありますが、片面両面とか両面両面とか分らない人は多いんじゃないでしょうか?そんな困った悩みを解決します!

 

 

 

基本中の基本!片面片面

f:id:safet_driver_maybe:20180502205539j:plain

普通にコピー機で印刷するだけです。初期設定は必ず『片面片面』になっています。書類の片面だけをコピーするという意味です。裏面はコピーしません。

印刷して真っ白だ〜という人は紙の向きが逆かもしれません。コピー機のガラスの内側にカメラがあるので、カメラに写るように書類をセットしましょう。

 

 

 

 

片面両面

この設定でコピーする場合はコピー機上部の原稿送りに書類をセットします。

f:id:safet_driver_maybe:20180502210303j:plain

『片面両面』とは2つの書類を1枚にまとめます。イメージは下記の図のようなイメージです。

f:id:safet_driver_maybe:20180502210327j:plain

 2枚の書類を重ねて原稿送りにセットして、設定を片面両面に変更します。上の書類は表面にコピーされ、下の書類は裏面にコピーされます。よって2枚の書類を1枚にまとめることができます。

 

例えば、4枚の書類をセットして片面両面印刷すると、

①枚目と②枚目➡︎表①裏②

③枚目と④枚目➡︎表③裏④

 

計2枚の紙にまとめることができます。

 

 

両面片面

f:id:safet_driver_maybe:20180502212428j:plain

『両面片面』も原稿送りに書類をセットします。

両面に印刷された書類を片面化するので、表面と裏面をそれぞれ別の紙にコピーします。


1枚の書類を2枚に分割するイメージです。


 

 

 

両面両面

f:id:safet_driver_maybe:20180502212459j:plain

『両面両面』は簡単ですね。表面と裏面に文字等がある書類をそのままコピーするときに使います。


こちらも原稿送りを使用してコピーすることが多いですね。

 

まとめ

コピー機を全く使ったことがない人にとっては難解な機械だと思います。普通は片面片面しか使わないかもしれませんが、紙の節約志向が高い職場だと「両面コピーしてこい」と言われるかもしれません。


片面両面とか分かりづらい表現かもしれませんが、


片面を片面にする

片面を両面にする


片面を両面にする

両面を両面にする


意味を慎重に考えてコピーしてみましょう。

分かりにくかったらコメントくださいませ〜