マホトラのブログ

日々の生活や面白そうなことに注目してみるブログです!

第6期 ゲゲゲの鬼太郎 第6話 GW最終日に鬱展開。朝から号泣!?



こんにちは朝からゲゲゲの鬼太郎を見ている者です。さて今回は大人気の猫娘も犬山まなちゃんも出てきません(笑

だいたい笑って鬼太郎を見ることが多いんですが、今回は悲しいお話です。どうしてGWの最終日の朝からこんな悲しい気持ちにならねばならないのか。そんな報われない妖怪『すねこすり』のお話です。

 

 

 

寂れた村で殺人事件

冒頭から人が死亡しています。お爺さんがミイラ化して死亡。こんなに妖怪が絡む事件が頻発すると警察も困りますよね。どうやって捜査するんでしょうか?

 

警部(太)「これは妖怪のせいだな!」

なんて言った日には降格させられそうですね。

普通に自然死とかに見えるんでしょうかね。

 

 

寂しいおばあちゃんと息子

寂れた村で一人暮らしのおばあちゃん。家族は猫しかいない。とても寂しい雰囲気がします。息子は東京でフリーターをしている。なんかコンビニのバイトは貧しい人みたいな演出...まあいい歳してフリーターとかだと肩身が狭いのかもしれない。

 

久しぶりに返ってきた息子はおばあちゃんとケンカして家から追い出される。そして息子はおばあちゃんの猫に襲われる。(超展開)

 

 

鬼太郎が派遣される

息子はどうやったのか分からないが鬼太郎に手紙を出していた。この辺の世界感はよく分からない。鬼太郎という存在自体は結構知られているのかもしれない。

 

すぐさま妖怪退治料を徴収しようとするネズミ男。この人はカタギの人ではないですね。なんで鬼太郎はネズミ男と仲が良い(?)のだろう。退治すべき対象にはならないのだろうか(笑

 

 

怒涛の鬱展開

もうこ先は悲し過ぎた。おばあちゃんのことが大好きな猫(すねこすり)は自分が妖怪だってことを知らない。

 

何百年前からこの地域で暮らしいた。

 

人間と一緒にいると自然と生気を吸ってしまうことに気がついてすねこすり。

 

f:id:safet_driver_maybe:20180506152357j:plain

©水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

 

おばあちゃんと一緒にいたいけど、衰弱して行くおばあちゃん。

 

一人寂しく森へ向かうすねこすり。

 

必死に探すおばあちゃん。

 

クマに襲われたおばあちゃんを助け、妖怪だとカミングアウトするすねこすり。

 

ワザと憎まれるように振る舞うすねこすり。

 

しかしおばあちゃんには全てが分かっていた。

 

人知れぬ森の奥で人と関わらないことを選んだすねこすり。

 

すねこすりに感謝するおばあちゃん

 

号泣。

 

 

まとめ・感想

GW最終日にこれはダメだろう!明日会社に行かなくてはならないんですよ!もうこれで新社会人の何人かは心をクラッシャーされたのではないでしょうか?

8:30からはプリキュアで「辞めさせてもらいます。」

9:00からはどうあっても救われないお話

 

僕たち私たちは明日からどうすればいいのか!

 

とにかく鬼太郎の王道を往くような会社でした!悲しい話は苦手だな〜。でも妖怪って悲しいエピソードから生まれていることも多いし、仕方ないのかもしれませんね。

 

www.absbmagic.com