マホトラのブログ

日々の生活や面白そうなことに注目してみるブログです!

第6期 ゲゲゲの鬼太郎 7話 幽霊電車 感想〜みんな地獄行き・・



まさに心霊現象回でした。終電が終わったはずなのに電車が走っている。中にいる人はみんな生気がない。こんな怪談話は小さいときによく聞きましたね。

小さい頃はお化けとか怖かったけど、いろいろ考えてみると怖いのは妖怪や幽霊でもなく人間ですよね。今回はそれを改めて確認したようなお話しでした。

 

 

ブラック企業体験

今回のお話しは死者の復讐でした。ブラック企業の社長が社員を酷使しパワハラの末に何人も死に追いやっていましたね。まあ〜現代社会では身近によくあることです。

筆者もブラック企業に3年ほど勤めていたことがありました。ブラック企業の定義については賛否があるかもしれませんが、11人の会社で1年で10人辞める会社だったのでブラック企業そのものだったと思います。

 

社員が辞める原因は上司による部下への精神破壊ですね。

 

・パワハラと暴力

・壮絶な陰口と陰湿なイジメ

・物理的に不可能な仕事量(残業代なし)

 

普通はそんな会社サッサと辞めればいいですが、日本には辞めることは『弱い』『無能』『責任感がない』というように悪者扱いです。だから心を病むんですよね。

 

みんな死んじゃダメだ!!!

会社は辞めてなんぼです!!

(筆者は3回辞めてます)

 

 

 

本人に罪の意識はない

地獄行きになった社長は全く罪の意識はなかったですよね。仕事とはそういうもので能力がないヤツが悪い。確かにそうかもしれないが、だからといって人の心を破壊して追い詰める行為が正しいわけではない。

最後に女子高生が鬼太郎に心霊写真について相談してましたが、その女子高生もめっちゃいじめっ子でしたね。女の人の会話って他人の愚痴が多い場合がありますよね。社会に出て先輩に言われたのは『女性を敵にまわすな』でしたね。

 

さてパワハラで社員を殺してきた社長は、社員の苦悩を心霊体験することでようやく自分のしてきたことに気がついてきました。そのくらいストレートな体験をしてようやく「ヤバかったにかな?」と疑問に思うレベル。。。

 

まさに不毛。イジメやパワハラをする大人は生きているうちはまず悔い改めることはできないでしょう。

 

 

 

自殺したら地獄行き

幽霊電車に乗った社長は降りたくても降りれない。自殺した社員達の亡霊に捕まり、電車はそのまま終点の地獄へ走って行きました。

だから自殺した社員達も地獄に行ったんです。誰も救われなかったんです。

 

筆者は以前の会社で見ました。精神が壊れて発狂したり、会社で倒れた人をリアルに何度も見てきました。救いがあるとするならば行きたくない会社はすぐ辞めた方がいいです。これに気がつかないとどんだけ頑張ろうとも地獄行きになる可能性があります。心が壊れるというのは恐ろしいことです。

 

 

まとめ・感想

昔を思い出してリアルに笑えないゲゲゲの鬼太郎でした。自分には関係ないって思う人も多いでしょう。でも人間の皮を被った妖怪と同じ職場で仕事をすると精神的にキツイです。新入社員は残念ながら対処不能です。運悪く遭遇してしまった場合は殺される前に逃げた方がいいんですよね。

 

最後に鬼太郎が言ったように

「人間が1番恐ろしい」

 

未成年や学生の方へ

大人は化け物も多いので、一生懸命勉強したり雑学を身につけて、いざとなったら逃げられる能力を必死に身につけて、夢をしっかり持って死なないようにしてください。

 

www.absbmagic.com