マホトラのブログ

日々の生活や面白そうなことに注目してみるブログです!

フラグとは?人生を面白おかしく過ごすお金持ちになるフラグの立て方について



世の中はフラグで溢れています。スポーツ・恋愛・仕事・病気・政治etc、普通に生活しているだけでもたくさんのフラグを目にしています。

じゃ〜フラグを上手に利用すれば人生を面白おかしく過ごせるのではないか?と思ったので考察してみました。結果的に完全にコントロールするのは無理ですが、現状を良くするくらいなら全然可能だと結論付けました。

 

 

 

フラグとは?

Wikipediaより一部引用すると、

『後に特定の展開・状況を引き出す事柄を指す用語である。伏線と同義であるものの、フラグは比較的単純化された「お決まりのパターン」』

そうですね。お決まりのパターンです。

 

 

超簡単な分かりやすい例を上げると

 

アンパンマンの顔が新しくなって「勇気100倍アンパンマン(BGM付き)」になるとバイキンマンは退治される

 

俺この戦いが終わったら結婚するんだ。と言うと高確率で死ぬ

 

 

というものがあります。世の中のお約束ですよね。

 

 

フラグは統計学である!?

上記で説明した例は半分冗談ですが、フラグが存在するのは事実です。特に悪いフラグは本人は気がつかないところで発動してしまうことが多いので厄介です。フラグは魔法でもなんでもなく、理由があるから発動してしまうんです。例えばこんな例があります。

 

・結婚はタイミングと言う人は上手くいかない

これは結婚がその人のゴールになっているからです。結婚すれば生活は安泰でしょうか?現実はそれほど甘くはありません。今の日本では3割近くに人が離婚します。結婚するより結婚して一緒に生活する方がはるかに難しいです。結婚したあとにタイミングなんて存在しません。そのときその瞬間は全てタイミングになります。 

男性が「結婚=ゴール」じゃない! と考える3つの理由|「マイナビウーマン」

 

 

・彼女が欲しいと連呼する男は彼女ができない

これも理由は簡単ですね。ガツガツしている余裕がない男性は女性から見て魅力がないからです。※ただしイケメンは除く場合がある

 

 

ただ必ずそうなるというわけではありません。統計的にそうなることが多いという確率論です。 

 

 

逆に良いフラグを立てることによって成功することもあります。

高校受験や大学受験で模試でA判定だったのに全ての学校が落ちた人はまずいないでしょう。理由は簡単で勉強して過去問を解き、様々な問題を幅広く理解することによってどんな問題が出題されても対応できるからです。

 

はい?何がフラグなのか?と思うかもしれませんが、そういった一つ一つの小さな努力がフラグになります。良いフラグとは自分のした努力や行動がそのまま良い結果になって返ってくるだけのことなんですね。

 

自分の目的に合った『行動』を取りつづれば自然と達成できる確率は上がっていきます。逆に悪いことをし続ければ確率は下がります。

 

その『行動』がフラグです。

よってフラグとは統計学と同義だと個人的に考えます。

 

 

お金持ちになるには?

さてこっからは説得力が落ちます。(最初からそんなのない?)なぜなら筆者はお金持ちではないからです。ただ人生を面白おかしく生きるにはお金があった方がいいですよね。お金なんていらないって言う人はまずいないと思います。いらっしゃいましたら~ぜひ筆者にお問い合わせ頂きたい!

まずお金持ちじゃない人は、お金持ちになるフラグを一切立てていない場合は多いです。例えばワーキングプアな人がまさにそうです。朝から晩まで人工知能でもできそうな簡単な仕事をさせられ、時給が低く休みも少なく、家と会社だけを往復する。間違いなく将来お金持ちにならないですよね。フラグが何もないんです。

 

じゃ~どうすればいいか?

・資格の勉強をする

・転職活動をする

・宝くじを買う

・ネットできるビジネスを探す

・タバコや酒やギャンブルをやめる

 

ざっと思いつくだけでこれだけ考えてみました。どれも将来お金持ちになるフラグだと考えます。あとは無意識に癖になるまで実効すれば 人生が変わってくるかもしれません。

 

簡単にまとめると、タネを撒くことが大切です。目が出て花が咲くかはわかりません。ただ花が咲けば儲けものですよね。

 

ホリエモンさんとか優秀な人は何がすごいかって、タネを撒くスピードが半端ないからです。凡人にはマネができません。でも凡人でもできるだけたくさんタネを撒けばドデカイ花が咲く可能性はあります。

 

 

まとめ・感想

楽に稼げる方法を期待した方は大変申し訳ありませんでした。結果的にお金持ちになる方法は努力です。諦めずにフラグという名のコインを投げた回数で決まります。例えば10円玉を表が出るまで投げ続けてください。10分間表が出ないということはありません。だからこそ諦めずに頑張り続けることが大切ですね。

ただ冒頭でお話したような死亡フラグは立ててはいけません。自分もブラック企業という死亡フラグをいくつか踏んできました。今思い返せば、誰かが忠告してくれた気がします。ただ自分の耳には入らなかったんですよね。不思議と死亡フラグは自分じゃ気がつかないんです(ホントに)

だからこそ、失敗することが多い方は回りの意見を聞いてよく考えて、幅広く行動した方がいいかもしれません。現在、筆者も幅広くタネを撒いているつもりです。お金持ちになったらブログで報告したいと思います(笑

 

www.absbmagic.com