マホトラのブログ

日々の生活や面白そうなことに注目してみるブログです!

ダーリンインザフランキス 18話 感想〜僕ら(視聴者)みんな限界だ



冒頭から死亡フラグがメルトダウンするような展開。微笑ましい幸せの結婚式だったはずなのに、どこか不安でソワソワしてしまう。はたしてココロとミツルは大丈夫なのだろうか。

案の定不安は的中してしまい。強制的に再教育という名の記憶操作を受けてしまうことになる2人。

僕らはみんな限界だ。倒すべき敵は・・

 

 

 

 

パパ達こそ倒す敵

もうここまで来ると大人しく従うコドモはいないだろうと思う展開。ここに来てパパ達(七賢人)とナインズに対するヘイトがかなり高まりましたね。当初から第13部隊とナインズが戦うことになるんじゃないかなあ〜と思っていましたが、もうほぼ確定でしょう!ヤツらに吠え面かかせないとこの物語は終わらない。しかし勝てるだろうか...あるとすれば男女の因子...比翼の鳥が関係する展開しかないっぽく思えるけど...

 

 

人類補完計画?

『人類をカラダという檻から解放する。』というどこかで聞いたことのあるセリフ。第1話からエヴ◯っぽいなあ〜と思ってはいましたが、ほぼ似たような展開ですね。ただ全員一緒に生命の元へ帰るのではなく、人類を次の次元へ進化させることが目的っぽく見えます。

フリングホルニが巨大なハードディスクみたいな物だとすると、永遠に人類の意志が保管されることになる。エヴ◯とは違うかたちの人類補完計画を実行するのでしょうか。

 

 

ココロとミツルの生存フラグ

処分されるのかと思ったら、第13部隊へ戻って来ましたね。これは生存フラグです!理由は危険分子なのに対応がガバガバ過ぎるからです。

 

①しっかり指輪を残すガバガバ対応

記憶操作して記憶を消したのに結婚指輪は残したままという凡ミスとは思えない。

 

②しっかり第13部隊に戻すガバガバ対応

いや〜記憶消しても2人一緒に戻したら意味なくないでしょうかね。

 

③不完全なガバガバ記憶操作

ヒロもゼロツーもナナも記憶操作されましたが、結局思い出したわけですよね。いい加減この記憶操作システムが欠陥だって分からないのか(笑

 

上記の理由により、記憶を取り戻すまではココロとミツルの生存は約束されました。ミツル君は死んじゃう可能性は否定できませんが、ココロちゃんは出産フラグがありますし...

 

 f:id:safet_driver_maybe:20180520051712j:plain

 

真の人類解放は?

危険分子であるココロとミツルを戻すくらい、パパ達はパラサイトを必要としてるんですね。グランクレパスを攻略した後は大規模な戦闘はなさそうだし、叫竜の親玉の討伐はナインズがいれば充分に思えますが、パラサイトが必要な理由がこの先あるんですね。消去法で考えて今はパラサイト(コドモ達)が処分されることはないということですね。

 

もし人類が本当の意味で解放されるとしたらコドモ達の手で解放するしかないです。オトナ達は子供を出産する機能がない。そうなると出産して人類を反映させることができるのはパラサイトであるコドモ達しかいません。

 

オトナVSコドモが期待されるところ

 

まだ大勢のパラサイトが残っていますが、第13部隊のように自我に目覚める展開はあるのでしょうかね

 

 

まとめ・感想

オトナVSコドモは望む展開でもあります。ただ最終的にエヴ◯と同じ最終話を迎えたら興ざめなのでそれはないと思います。(パクリになるし)

そうなると最終的にはハッピーエンドな方向になるんではないでしょうか。ただ第13都市メンバーがみんな生存できるかは不明ですね。

 

ココロちゃんは出産というフラグがあるので、生き残る確率は高い!

不妊させられてるって?オトナ達のガバガバ対応からしてスルーされているでしょう!