マホトラのブログ

日々の生活や面白そうなことに注目してみるブログです!

結婚式の二次会の基本スケジュールと会場選びについて!ケチるとバレる!?



結婚式の二次会は笑いあり涙あり、新郎新婦の友人が気軽にたくさん集まる場でもあります。特に社会人になったばかりの20代はあまりお金がありません。友人の結婚披露宴が重なると生活が苦しくなる人も多いでしょう。よって料金は6,000〜8,000円くらいが相場で女性の料金を少し安くするのが基本です。

さて今回はこの結婚式の二次会のスケジュールや流れ、会場選びはどうしたらいいのか考察してみました。
 
 

二次会のスケジュール

結婚式の二次会は約2時間くらいです。ただ幹事になる人は早めにきて準備をする必要があります。いろんなやり方はあると思いますが、経験上流れのスケジュールは以下のような感じです。
 
時間 内容
18:00 幹事さん集合
18:30 受付開始
18:55 挨拶(司会進行役)
19:00 新郎新婦入場&あいさつ
19:10 スピーチと乾杯
19:15 ケーキカット
19:20 歓談&食事
19:40 ゲーム
20:00 歓談、食事
20:15 サプライズ演出
20:30 新郎新婦あいさつ&退場
20:40 新郎新婦によるお見送り
 
 
 

f:id:safet_driver_maybe:20180527152516j:plain

会場選びのポイントについて

事前に参加人数と予算を決めたら会場の下見をします。やはり自分達のイメージに合った会場を選びたいですよね。実際にどんな料理が出るのか、どんなドリンクが出るのかも気になります。また貸切時間は2時間ではありません。準備や撤収時間を考えると3~3.5時間は貸切にしたいところです。
とりあえずいくつかのポイントに絞って二次会会場を探すのが良いと思います。
 
 
・会場の広さと形
・トイレの場所
・アクセスに便利か
・着席か立食か
・騒いでも大丈夫か
・バーカウンターの有無
・荷物置き場の有無
・照明や音響機材の有無
 
実際に披露宴会場から遠くないところを選ぶか、別の日に二次会を実施する場合は最低でもアクセスが良いところを選びたいところですよね。
 
 

f:id:safet_driver_maybe:20180527152530j:plain

二次会の失敗例について

結婚式の二次会はたくさん行ったことがありますが、中には「え!?」と首をかしげたくなるような二次会もたくさんありました。こんな失敗をしないように注意したいですね。
 
・会場に入れない
あまりに酷過ぎて以前に記事に書いたこともありますが、会場が狭すぎて入れなかったことがあります。無理やり中に入ると満員電車の中にいるような感じで身動きがとれない。新郎新婦が見えないし、会場に柱が多くてモニターを見えないし、祝おうにも祝えません。しょうがなく外でずっとタバコ吸ってたことがあります。もちろんお金は取られました。さすがに途中退席する人もいましたね。
 
・ドリンクメニューが少なすぎる
ドリンクのメニューが少なすぎる。ビールが飲めればいいでしょう~といわんばかりのメニューでかなり不満でした。そもそもみんなお酒が得意なわけじゃないですからね。
 
・料理が少なすぎる
人数と料理の量が全然合わない。出された料理がマッハで消えていきました。さすがにバクバク食って帰ろうとかは思いませんが、ちょうど夕飯の時間帯なのでお腹が空いて仕方がなかったです。なんで帰りにラーメン食って帰らなきゃならないんだととても不満でした。
 
・駅から遠すぎて分からない
みんな地図が正確に見えるとは限りません。看板もなくて地下にある会場はとても探しづらいです。かなり遅刻者が出て受付が大変そうでしたね。
 
・始まる時間が遅すぎる
なんで21:00に始まるんでしょうか?みんな近所に住んでいるわけではありません。終電に間に合わないから途中で退席した経験があります。泊って帰れよって言いたいんですかね~かなり不満でした。
 
・身内ネタで興ざめ&酷いアドリブ
ひたすら身内ネタ(先生かな?)で盛り上がるのは興ざめです。だって知らない人のネタなんて見ても全然楽しくないですもの。まあ~主役は新郎新婦だっていうのはわかるんですけどね。あと急に指名した人に何かやらせるアドリブは辞めてほしいですね。指名されて一生懸命やったのに場が白けてすっごく腹が立ちました。
 
・ゲームが複雑すぎてわからない
みんなでゲームをしましょう!というのは分かるんですが、酔っぱらっているし(お酒弱いんです)難しいのはわかりません。ゲームに参加する人としない人に分かれてしまうようなゲームはしない方がいいですね。ゲームなんて簡単なものでいいんです。
 
いろいろ不満を書いてしまいましたが、簡単にまとめるとケチったことはすぐに分かるということです。企画した本人達はうまくやったつもりでもあからさまなお金稼ぎは白けます。お金を稼ぐ目的だけで二次会をするつもりならしない方がいいと思います。
 
 
 

二次会の代行業者について

世の中には二次会を代行する業者も存在します。だいたいの相場は7~8万円でオプションをつけてだいたい約15万円くらいが平均かと推測します。業者の言い分は二次会をすると利益が出ますよ~ってことなんですよね。ただこれは先ほどの失敗例のような事案につながりやすいです。ケチったことは参加者にはすぐわかります。
なので利益を考えず、しっかり二次会をやりたいという人には代行業者を通じて二次会をすることはおすすめできると考えます。
 
ただ中にはサービス無料という不思議な業者もあります。

理想のパーティー会場が見つかる!全国最大規模の会場数♪【エモーショナル・パーティー】

無料の理由は1,000軒以上の店舗と提携しているのが理由のようです。
ただ完全に代行してくれる業者とは違い、幹事さんをサポートしてくれる担当がついてくれるという利点があります。
このエモーショナル・パーティは地域や人数、予算などを相談すると『無料』で二次会会場を探してくれるというメリットがあります。しかも二次会の進行が苦手な初心者幹事さんをサポートする担当さんがついてくれるので、スケジュールや進行方法、ゲームやサプライズ演出などを教えてもらうこともできます。ただ動画撮影とかお色直しとかの依頼は有料オプションです。(さすがにあたりまえか...)
二次会に慣れている人は会場探しだけに使うのもいいかもしれませんね。
 

まとめ・感想

結婚式の二次会については基本の流れはどれも同じですが、実際に会場で進行するのはイレギュラーがつきものです。お店側としては利益を出したいわけなので、少ない人数でも無理やり入れてしまおうとしたり、料理を少なくしようとしたりする悪いお店を存在します。
一生に一度しかないイベントの一つなので、しっかりとした二次会にしたいですよね。来てくれる友人達も一生の付き合いになるかもしれないので大切にしたいです。二次会をするポイントとしては来てくれる友人のことを考えればそんなに大きな失敗はしないと思います。
今回は失敗例ばかりあげてしまいましたが、中には自分でマグロを釣ってきて捌いてみんなに配った友人もいました。あれは演出としてはすごかったです。
いろいろ考えてみんなが楽しめる二次会にしたいですね!