マホトラのブログ

日々の生活や面白そうなことに注目してみるブログです!

第6期 ゲゲゲの鬼太郎 第10話 感想〜おまえのような花子がいるか!!



妖怪も現代社会の影響を受けるのだろうか(笑

犬山まなちゃんが妖怪にモテるのは分かるけど、なんでみんなストーキングするんだろうか。

そしてダメ押しはトイレの花子さん!

おまえのような花子がいるか!!

面白過ぎですね!

 

 

犬山まな中学1年生

今回は学校の七不思議ということで鬼太郎らしくホラー回だと思ったら、そんなことはなかったぜ!数々の嫌がらせに黒い百合を下駄箱に仕込む時点で、これはヤバいやつだ〜と思ったらネズミ男のストーキングだった。要するにギャグ回だった。

鏡爺い、ネズミ男、終盤に落ちたぬりかべ。まなちゃんのモテ具合がヤバい、男運の無さがヤバい。全員にストーキングされている。。しかも妖怪なんですよ。

まあ〜確かにできた中学1年生ですよ。普通はそんな子いませんからね。大きなお友達は間違ってはいけませんね。

 

 

ヨースケ君と花子(?)さん

花子さんがクソ可愛いんですけど、声があの有名な声優さんでしたね。(あやねる)

学校の異変はヨースケ君の行き過ぎたストーキング行為だったわけですが、花子さんが小悪魔過ぎた。まあ〜でも学校で好きになっちゃうパターンで勘違いってリアルに多いですよね!筆者も10代のときはそんなこともありましたよ。ただストーキングはしませんよ(笑

 

でも花子さんってこんなんだったりしますけど、

f:id:safet_driver_maybe:20180603140948j:plain

まさかのこれですよ!!

f:id:safet_driver_maybe:20180603135946j:plain

 ©水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

しかも声まで...

 

そんなヨースケ君は猫娘の北斗神拳(?)で爆死...まあ〜最初から死んでいるのでどうなのか分かりませんが実体化が溶けて霊魂のみになりました。


花子さんはストーキングされるのがイヤで鬼太郎の旅行先の温泉地へ逃げてきたことや猫娘も友達っていう設定も面白かったですね。

 

まとめ・感想

鬼太郎の視聴率が良い気がするのは分かる気がします。『意外性』ですね!タイトルを見て怖い話なのかな〜と思えばギャグ回だったりします。またヨースケ君が出てきたときは怖い系のホラー落ちかな?と思いきやヨースケ君も変態だったり先が読めません!

そもそも鬼太郎や猫娘、ネズミ男も行動が読み切れない。そして砂かけばばあ達もスマホ使いこなしてるし...ちょっとしたところに意外性があるんですよね。

だから第6期のゲゲゲの鬼太郎は毎回楽しめちゃいますね!子供のときに鬼太郎を見て育ったからなおさらなんですよ。この面白さで4クールやってくれるんです!日曜日が楽しくてありがたいかぎりです。