マホトラのブログ

日々の生活や面白そうなことに注目してみるブログです!

2018年フィギュアスケートルール改正について簡単にまとめてみた



フィギュアスケートのルールが2018年6月に大幅に改正されました。実は毎年少しずつ改正されていたのですが、今回のルール改正は思い切った物になりました。北京五輪までの4年間はこの新ルールがベースとなります。

フィギュアスケート男女シングルの新ルールと旧ルールで何が変わるのか比較してみました。最後に選手達への影響についても考察していきます。

 

www.absbmagic.com

 

 

 

男子シングルのフリーの時間

フィギュアスケートはショートプログラムとフリープログラムがあります。女子については変更はありませんが、男子はフリーの時間が短くなりました。

 

旧)

4分30秒

 

新)

4分00秒

 

 

 

フリーのジャンプ本数が減少

旧ルールから男子のみフリーで飛ぶジャンプの本数が少なくなりました。

 

旧)8要素

 

 

新)7要素

 

女子と同じルールになったということですね。

 

 

ジャンプの後半ボーナス

フィギュアスケートは後半に飛ぶジャンプの点数が1.1倍になります。このルールに変更はありませんが制限ができました。

 

後半に飛んでいいジャンプの要素

ショートは1本

フリーは3本

 

※旧ルールの男子フリーでは最大8本が可能だった

誰もそんなことしませんでしたが。。

 

7段階から11段階評価へ変更

GOE(出来栄え)が±3の7段階から±5の11段階評価に変更されました。

 

 

4回転ジャンプの制限

4回転ジャンプは1種類のみ2回までOK。

要するに今までは4回転トーループを2本、4回転サルコウを2本飛べましたが、

新ルールからトーループかサルコウをどちらかを1本減らさないといけません。

 

宇野昌磨選手は

4回転ループ×1

4回転フリップ×1

4回転トーループ×1

4回転トーループ(コンビネーション)×1

だったので特に影響はないですね。

 

 

男子のタイツ着用可

うーん。タイツが履けるようです。誰得ですか?(笑

 

選手の影響について

4回転ジャンプを飛んでいた選手はかなりの影響がありそうです。ほぼGOE+4以上の評価がないと前より点数が下がると思って間違いないでしょう。

 

1番問題になるのは心配したときです。減点が増えているので点数になりません。4回転ジャンプの成功率はトップ選手でも50〜60%です。今までのように飛んでも点数は伸びません。

 

有利なのは4回転や3回転アクセルを飛ばない選手です。4回転ジャンパーとの点数差は確実に小さくなります。

 

気になるのは羽生結弦選手です。計算上、ノーミスで滑った場合はショートプログラムの点数が更に伸びるはずです。4回転ジャンプで満点を獲得できる稀有な選手です。

 

ただし失敗した場合はかなり点数が下がります。綺麗に滑る羽生選手には有利なルールと言われていますが、やはりノーミス演技を心掛けたいところです。

 

 

まとめ・感想

今まで男子と女子はプログラムに差がありましたが完全同じになりましたね。男女で共通することはノーミスで綺麗な演技なら更に点数が上がり、ミスした場合は容赦なく減点されます。以前のように尻もちついて加点がもらえるような場面は今後絶対にないでしょう。

女子シングルは4回転やトリプルアクセルをチャレンジする選手が増えそうですが、難しいかもしれません。基礎点も下がってますし、リスクが大きいです。一回のミスで勝敗が決まってしまう女子にとって新ルールは更にノーミスが求められます。

選手は新ルールでどのようなプログラムを作るのでしょうか?シーズン初戦が見逃せない展開です!