マホトラのブログ

日々の生活や面白そうなことに注目してみるブログです!

ダンまち 4巻 感想~レベルアップと新たな仲間



ダンまち4巻の感想です。アニメも面白いですが、原作ならではの細かい描写やサイドストーリーがいいですね。ベルがレベル2になったので取り巻く環境も少しずつ変わってきました。

 

 

ストーリー

レベル2になったベル。新しく発現したアビリティについて冒険アドバイザーのエイナに相談しにいくと驚かれた。今までのレベル2到達の最短記録は1年(アイズ)だったのだが約1ヵ月という記録は前代未聞。しかも未知の『幸運』というアビリティやスキル『英雄願望』まで発現していたからだ。

その後デナトゥス(神様会議)で神様達(暇人?)の注目の的になるベル。ここでも女神フレイヤの干渉がちらほら見える。無事に『リトルルーキ』の二つ名を得たベルはさっそく神様達の激しい勧誘を受ける。なんとか逃げ出したベルは豊穣の女主人で祝賀会へ。今後のダンジョン攻略に向かって英気を養う。

ベルはボロボロになった武具を新調するためにへファイストスファミリアに訪れる。そこで鍛治職人のヴェルフ・クロッゾと出会い専属契約を結ぶ。ヴェルフは強力な魔剣鍛治師だったが、訳あって魔剣が大嫌いで魔剣を作らない鍛治師だった。そんな熱い想いを持つヴェルフと意気投合したベルはミノタウロスのドロップアイテムで新たな武器を作ってもらう。ベルはリリとヴェルフとパーティを組んで中層へチャレンジする。

 

 

面白いポイント

4巻はダンジョンでの死闘がない代わりにダンジョン都市の世界観が詰まっています。

 

・神様っぽくない神達

フレイヤとロキがトップを争っている2台派閥というのは分かったけど、みんな癖がある神様ばかり。下界でファミリアを築いて、ゲーム感覚で日々を楽しんでいます。不老の存在で自分の趣味や嗜好に沿ったファミリアが形成されている。もちろん嫌いで相性が悪い神様もいるから闇討ちもある。道徳観が乏しい神様が今後厄介になる雰囲気が漂っている。

 

・ヴェルフについて

魔剣を作れば地位が保証されるのに、頑固に作らないヴェルフ。ファミリアの仲間から妬まれて疎外されているのでレベル1。ベルとパーティを組んだ目的はレベル2になって『鍛治』のアビリティを得ること。

とはいえベルに新しい仲間ができたところがポイントです。

 

・サイドストーリー

アイズとの早朝特訓3日目に本編では描かれなかったサイドストーリーがあります。外の世界でもモンスターはいて繁殖している。(ただし弱体化している)

遠い昔、モンスターはダンジョンから外へ出て行ったということです。ミアハファミリアと新しい商品を協力して作る話ですが、伏線と世界観が広がります。

 

 

まとめ・感想

ベルがレベル2になってファミリアの地盤が少しづつ固まっていくような感じでした。特にスキル『英雄願望』は強力でした。ベルがただのレベル2ではないことを感じさせられます。リリとヴェルフが加入して3人パーティになったので、今までのダンジョン攻略とは少し変わってきました。その辺も面白いところです。

第4巻は戦闘は少ないですが、じっくり世界観が広がる内容になっています。ダンまちの世界観が好きな人には必見ですね!