マホトラのブログ

日々の生活や面白そうなことに注目してみるブログです!

テレビを見なくなってきて感じたメリットとデメリットについて



最近テレビを見なくなりました。特に2016年からアニメとスポーツ観戦以外でテレビを見ることはなくなりました。

どうして見なくなったのか?またテレビを見ないことによるメリットとデメリットについてまとめてみました。
 
 

テレビを見なくなった理由

個人的な理由がほとんどですが、テレビを見なくなった理由をまとめました。
 
・育児でゆっくりテレビを見れない
子供が産まれるまではなんとなくテレビをつけていました。しかしテレビは子供に良くないというのが定説なので、自然と見なくなりました。
 
・すでに知っている情報
テレビよりスマホを見ることが多いので情報はネットで知ってしまう。声で聞くより文字を読む方が圧倒的に早いので、テレビより多くの情報を知ることができてしまう。
 
・待ち時間が長い
知りたいことをピンポイントで見ることができない。目当ての内容が放送されるまで待たないといけない。
 
・イライラする
偏った情報しか報道しない偏向報道。とある団体や組織への異様な忖度。感情をワザと逆撫でするような特殊なコメンテーターの意見の押し付け。
 
・つまらない
芸能人の内輪ネタ。飽和状態のクイズ番組の多さ。作られた感があってリアルさがない。YouTubeの方が面白い。
 
 

テレビを見ないメリット

 実際にテレビを見なくなってどのような変化が生まれたのか。まとめてみました。
 
・家族の会話が増える
ご飯中もそうですが必ずと言っていいほど会話をするようになりました。家族の意思疎通が前より良くなりました。
 
・家事が早く終わる
テレビを見ていたゴールデンタイムに家事をするので早く終わります。 
 
・自分の時間が増える
テレビを見ていた時間分、自分の時間が増えました。資格の勉強をしたり、読書をする時間が増えました。
 
・ストレスが減る
続きはCMのあとで!がなくなった。嫌な情報も耳に入らなくなる。感情的になることもないので心の平穏につながりました。
 
 

f:id:safet_driver_maybe:20180609204128j:plain

 

テレビを見ないデメリット

考えたのですが、これと言ってありませんでした。100%完璧にゼロにすればいくつかのデメリットがあるかもしれません。
 
小中学校のときはよくテレビの話をしてました。しかし大人になったらテレビの話なんかしないです。
 
テレビでアニメとスポーツを見るな!と言われたら見れないことがデメリットかもしれません。
 
 
 

f:id:safet_driver_maybe:20180609204055j:plain

まとめ・感想

好きなことに関しては本やネットで調べてしまいます。だからニュースや情報番組を見るということは今後もないと思います。昔は心霊番組や超常現象スペシャルを楽しみにしてましたが、番組の演出だったり、作られた恐怖動画をテレビ局が買っているのが判明してしまってつまらなくなりましたね。
 
もちろんテレビも全てが悪いわけではないです。自分が気になるドキュメンタリーや映画、アニメなどネットにないものがあれば見ます。
 
今まではなんとなくテレビをつけていて、なんとなく見てしまっていました。ある意味テレビ中毒でした。一度見なくなると必然的に芸能人も知らなくなるので更に見なくなります。よってバラエティー番組は特に見なくなってしまいましたね。
 
若い人がテレビ離れしているというのは分かる気がします。勉強や仕事、ゲームやプライベートで忙しいので自然とテレビ離れしてしまいます。
 
でも困ることがないし、良いことの方が遥かに多いので、このままでいいかなあ〜というのが個人的な感想です。テレビのあり方も時代と共に変わるときが来たのかもしれませんね。