マホトラのブログ

日々の生活や面白そうなことに注目してみるブログです!

鉄腕DASHの視聴率の推移!山口達也氏脱退前と脱退後の変化は?



今年、特に驚いたニュースはTOKIOの山口達也氏の脱退だったかもしれない。最初はすぐに復帰するんじゃないか?と思っていたが、あまりに世間の印象が悪過ぎました。未成年を電話で呼び出す手口が生々しくてショックでしたね。

山口氏はTOKIOを脱退、ジャニーズを退所。TOKIOは4人体制になりましたが、テレビ番組鉄腕ダッシュは今も継続して続いています。物作りが多い番組で、実際には内容の7割は山口・城島のツートップがメインだったと思います。

山口氏が居なくなってからの鉄腕ダッシュはどうなのか?視聴率を比較して見ていきたいと思います。

 

 

視聴率の比較

視聴率はビデオリサーチ調査からピックアップしました。期間は2018年1月1日〜2018年9月23日現在までになります。5月13日からの鉄腕ダッシュが4人体制になります。

 

f:id:safet_driver_maybe:20181001213103j:plain

 

 

 元データ

放送日 視聴率%
2018/1/1 16.6
2018/1/21 14.4
2018/1/28 16.9
2018/2/4 17.3
2018/2/11 14.4
2018/2/25 16.4
2018/3/4 16.2
2018/3/11 15.4
2018/3/18 15.3
2018/3/25 18.6
2018/4/1 15.5
2018/4/8 15.4
2018/4/22 14.8
2018/5/13 20.8
2018/5/20 17.6
2018/5/27 15.1
2018/6/3 14.8
2018/6/10 16.4
2018/6/17 16.4
2018/6/24 16.8
2018/7/1 14.2
2018/7/8 13.4
2018/7/15 14
2018/7/22 13.6
2018/7/29 13.8
2018/8/5 15.1
2018/8/19 15.5
2018/9/2 16.4
2018/9/9 15.1
2018/9/16 14.5
2018/9/23 13.6

 

 

視聴率は少し低下?

グラフを見る限りではあまり変わったようには見えません。5月13日の鉄腕ダッシュが視聴率20%超えなのは、筆者のような野次馬が寄ってきたのかもしれませんね。

 

脱退後の数回は高めの視聴率ですが、その後は元に戻った感じです。

 

間違いなく断言できることは、山口氏が居なくなってから視聴率はUPしてはいないということです。どちらかというと若干下がったように見えます。だいたい15%がボーダーラインのように感じます。15%以下のときは黄色信号なのかもしれません。

 

番組の内容的にも苦難を乗り越えて新しい出発といった雰囲気です。やはり山口氏がいないという影響は計り知れないほど大きく、大工仕事等の手先を使うシーンでは

「山口君がいればなぁ〜・・」

という声がかなり多いのも事実です。

 

 

 

 

だからこそ、どうしてそんな事件を起こしてしまったのか?残念過ぎますね。

 

鉄腕ダッシュとTOKIOを応援する人に支えられて今も高視聴率は続いていますが、山口氏脱退によるTOKIOのパワーダウンの影響は無視できない状況です。

 

 

f:id:safet_driver_maybe:20180728125436j:plain

 

感想と山口氏の復帰について

山口達也氏の復帰はあり得るのか?

個人の勝手な見解ではありますが、『あり得る』と思います。

 

確かに起こして事件は未成年との淫行というアイドルとしては致命的なものです。

 

しかしTOKIOというグループが音楽活動するためには山口氏のベースが不可欠です。現メンバーの平均年齢は42.5歳(2018年9月現在)です。どう考えてもジャニーズ事務所から新メンバーが入るはずがない。

 

どうやって復帰するか?

不特定多数が見るテレビ番組での復帰は不可能なので、『音楽』で復帰すると勝手に考えます。

 

ただ代償として鉄腕ダッシュは終了すると思います。もし今後視聴率が低下していく場合は、そうなってもおかしくないかなあ〜って...

もちろん賛否はあると思います。

 

個人的には山口君にはいつか復帰してもらいたいかな