マホトラのブログ

日々の生活や面白そうなことに注目してみるブログです!

2019年グランプリシリーズの出場選手をどこよりも早く予想!?選考基準は実はこれだった!!!



フィギュアスケートの選手にとってグランプリシリーズは世界と戦う大舞台です。全部で6大会あり1人2試合まで出場できます。順位に応じてポイントが付き、合計ポイントの多い男女6名が12月に実施されるグランプリファイナルに出場できます。

同じ国籍の選手の出場枠は1大会で最大3名までと決まっています。2018年日本の女子シングルは各大会に3名づつ選手を出場させているため、出場枠の上限に達しています。よって日本女子シングルは、これ以上選手を出場させることができない状態です。

さて、そうなると気になるのは選考基準です。日本スケート連盟はどうやって出場させる選手を決めるのか?そして2019年グランプリシリーズの出場選手はどうなるのか?考察してみました。

 

 

2017年-18年シーズンの選手データ

グランプリシリーズの出場条件はwikiを見れば詳しく書いてあります。簡単に言うと

 

グランプリシリーズ出場条件

・世界選手権6位以内

・世界ランキング24位以内

・シーズンベスト24位以内

 

実際には参加しない選手もいるので世界ランキングが30位だったりしても出場できたりします。

 

最終的には各国のスケート連盟がそれぞれ出場させる選手を選ぶので、かなりブラックボックスなのが現実です。そこで日本の男女シングルで現在グランプリシリーズに出場している選手のデータをまとめてみて選考基準はなんなのか考察してみたいと思います。

 

選手のデータ(シーズンベスト順)

 

男子シングル(17-18年シーズン終了時)

シーズンベスト 選手 得点 世界ランク 全日本 2018GPシリーズ
2 宇野 昌磨 319.84 2 1 2試合出場
3 羽生 結弦 317.85 3 2試合出場
14 田中 刑事 260.31 18 2 2試合出場
17 友野 一希 256.11 19 4 2試合出場
46 無良 崇人 225.41 3 引退
57 須本 光希 214.45 6 ジュニア選手
75 佐藤 洸彬 199.2 8 1試合出場
山本 草太 ※197.81 9 1試合出場

 

※山本選手の得点は非公式記録

 

宇野・羽生・田中・友野選手が2018年グランプリシリーズ2試合にエントリーしています。山本草太選手、佐藤洸彬選手はNHK杯のみ1試合出場します。

 

NHK杯は日本が開催国なのでほぼ好きに選手を選べます。山本・佐藤選手が出場条件を満たしていないのに出場できるのは開催国枠だからですね。もし須本選手がシニアデビューしたら山本選手ではなく須本選手がNHK杯に出場したと思われます。

 

 

女子シングル(2017-18年シーズン終了時)

シーズンベスト 選手 得点 世界ランク 全日本 2018GPシリーズ
5 宮原 知子 222.38 8 1 2試合出場
6 樋口 新葉 217.63 4 4 2試合出場
9 坂本 花織 214.21 9 2 2試合出場
10 三原 舞依 210.57 7 5 2試合出場
19 本田 真凜 198.42 19 7 2試合出場
23 松田 悠良 195.56 54 11 2試合出場
24 山下 真瑚 195.17 55 10 2試合出場
26 白岩 優奈 193.18 28 9 1試合出場
27 紀平 梨花 192.48 44 3 2試合出場
31 本郷 理華 189.98 17 6 1試合出場
37 横井 ゆは菜 184.78 8 ジュニア選手

 

女子シングルは10人の選手が出場します。2試合が8人、1試合が2人です。グランプリシリーズの最大出場枠である18に達しています。

 

 

シーズンベストが選考基準?

男子シングルは出場している選手が少ないので分かりにくいですが、女子シングルのデータを見ると規則性が見受けられます。

 

結論から言うと

シーズンベストで選考している

と思われます。

 

特に分かりやすいのは本郷理華選手と松田悠良選手です。

 

本郷選手の方が松田選手より世界ランキングも全日本選手権の順位も遥かに上なのに、グランプリシリーズは1試合のみの出場です。でも松田選手は2試合出場ですよね。これはシーズンベストで選考している証拠ではないでしょうか?

 

ちなみに白岩選手も松田選手よりシーズンベストが低いため1試合のみの出場になっています。

 

紀平選手は松田・白岩選手よりベストは低いですが2試合出場できます。これは紀平選手が当時ジュニア選手だったので、フリーはステップの演目が一つ少ないことを考慮されたのかもしれません。ステップの点数分シニアと点数を比較すると不利になるため、その分3〜5点ほど下駄を履かせて選考した可能性があります。そうする計算上は松田・白岩選手を上回るので2試合出場も納得できますね。

(決してメディア推しではないと思いたい)

 

この結果より、日本スケート連盟は基本的にシーズンベストの順で出場選手を選考していると個人的に分析します。おそらく細かい誤差はあっても間違ってないと思います。

 

 

f:id:safet_driver_maybe:20181107231445j:plain

 

2019年出場選手は決まっている?

シーズンベストでグランプリシーズンの出場選手を選考しているとなると、現在のシーズンベストで来年(2019年)のグランプリシリーズ出場選手は簡単に分かるということになりなす。

 

データよりシーズンベスト32位内であればグランプリシリーズに出場できると考察します。24位以内でも1試合しか出ない選手や出場しない選手もいるのでだいたい目安はそのくらいでしょう。

(本郷選手は31位で1試合出場)

 

男子シングルは出場条件を満たす選手が少ないため、NHK杯には救済処置で条件をクリアできなかった2名の選手を出場させる方法をとるはずです。

 

上記の条件を元に、男女シングルの2019年のグランプリシリーズ出場選手をシーズンベストより予想すると、結果は以下の通りになります。

 

 

2018.11.12現在(随時更新予定)

 

2019年男子シングル出場選手考察

順位 シーズンベスト 選手 判定
1 297.12 羽生 結弦 2試合出場確実
3 277.25 宇野 昌磨 2試合出場確実
26 221.92 田中 刑事 2試合出場
27 220.83 友野 一希 2試合出場
28 220.45 ※島田 高志郎 2試合出場
34 213.40 山本草太 NHK杯のみ
39 205.79 ※須本 光希 NHK杯のみ

 

※は現在ジュニアの選手。

 

2019年女子シングル出場選手考察

順位 シーズンベスト 選手 判定
2 224.31 紀平 梨花 2試合出場確実
4 219.71 宮原 知子 2試合出場確実
6 213.90 坂本 花織 2試合出場確実
7 209.22 三原 舞依 2試合出場確実
13 203.06 山下 真瑚 2試合出場確実
22 191.46 白岩 優奈 2試合出場確実
27 184.09 ※横井 ゆは菜 2試合出場
30 181.29 樋口 新葉 2試合出場
33 178.89 本田 真凜 NHK杯のみ
39 176.14 ※荒木 菜那 ジュニア継続?
40 175.19 ※吉岡 詩果 ジュニア継続?
41 174.59 ※住吉 りおん ジュニア継続?
66 157.59 松田 悠良 NHK杯のみ
69 156.59 本郷 理華 出場不可

 

※は現在ジュニアの選手。

(荒木・吉田・住吉選手はJr継続か?)

 

女子は2018年の出場枠を参考に2試合8人、1試合2人の最大10名が出場すると仮定しました。

まあ〜実際のところルール上、限度である18枠に達しているので成績が良くても女子は10人以上の出場は厳しいです...

 

データで考察すると、本郷理華選手がグランプリシリーズに出られなくなるかもしれません。本田真凜選手もピンチです。来シーズンは1試合だけとなりグランプリファイナルとは縁がなくなる可能性があります。

 

このデータを見ると、女子は激しい競争を強いられる戦国時代の様子です。

まさに

振り向けばジュニア選手が迫っている!!

世代交代の波が激しいです。

優秀な選手が多いので出場できない選手はかわいそうですね。勝負の世界は厳しい...