マホトラのブログ

日々の生活や面白そうなことに注目してみるブログです!

ツイン蛍光灯FDL18EX-Dがつかない理由と対処法について!これで解決!



こんにちは蛍光灯を交換するのに大苦戦したマホトラのブログの管理人です。

蛍光灯が切れたので電気屋で蛍光灯を買ったけどなぜか『つかない』『取り付けられない』そんな経験はないでしょうか?

 

せっかく高い買ったのにお金の無駄になってしまったのではないか?そんな悩みを解決するために記事を書きました。今回はツイン蛍光灯が『つかない』『取り付けられない』解決方法について紹介します。

 

 

いきなり解決!ワット数が違う

筆者が電気屋でツイン蛍光灯FDL18EX-D(18ワット)を買ってきて、家の切れたの蛍光灯を交換しようとしました。そしたら・・

 

30分経っても取り付けられない

 

筆者「なかなかはまらないな~手が届きづらいからかな~」

っとイライラしながら作業していました。

 

取り付け口に秘密があるのではないか?っと写真で撮ると

 

f:id:safet_driver_maybe:20181230144220j:plain

 

とくに問題があるところはなさそう・・うん!?

よく見ると右のところに《 27W 》との記載がありました。

 

筆者が買ったのはツイン蛍光灯FDL18EX-D(18ワット)です。まさかワット数が違うと取り付けられないのか???そう思ったので早速27ワット用のツイン蛍光灯を購入して比べてみました。

 

左:FDL18EX-D(18ワット)

右:FDL27EX-D(27ワット)

 

写真1

f:id:safet_driver_maybe:20181230144251j:plain

 

写真2

f:id:safet_driver_maybe:20181230144319j:plain

 

まず大きさが違う。そして差し込み口も若干違っていました。

 

要するに差し込み口が

18ワット用と27ワット用で違う

ということでした。

 

原因解決・・30秒ほどで27ワット用のツイン蛍光灯を取りつけることができました。

 

f:id:safet_driver_maybe:20181230144051j:plain

 

結論!

蛍光灯は見た目が同じでもワット数が違うと互換性がないことがあるので

 

必ず買う前にワット数を確認する!

 

ということが重要だということがわかりました。

 

今思えば当たり前のことなのかもしれませんが、見た目が同じだったら取り付けられると思ってしまいますよね~(汗

 

ちなみに筆者は2流の理系大学工学部出身です。一応理系なんですけどね(笑

研究室でする難しい研究よりも蛍光灯を換える方が難しいというオチでした。

 

結局、最初に買った18ワットのツイン蛍光灯は無駄になってしまいました。残念ながら自宅では取り付けられるツイン蛍光灯は存在しなかったためですね~

 

非情に残念です。せっかく買ったのに凹みます。

筆者のように蛍光灯を買って失敗する方がこの世からいなくなるように強く願います。よって今回この記事を残させていただきました。参考になれば幸いです。