マホトラのブログ

日々の生活や面白そうなことに注目してみるブログです!

夫婦喧嘩の原因を解明した!妻の怒りが爆発するのを防ぐ唯一の方法



筆者の妻は定期的に怒りが爆発して、夫婦喧嘩になります。特徴は突然なんの兆候もなく怒りが爆発して怒り出します。怒り出すと言っている意味がさっぱりわからず、なんで怒っているかわかりません。

 

しかし、筆者は妻と暮らし始めて15年目にして、ついに怒りの原因を解明することができました。今回の記事の内容が、すべての夫婦に当てはまるわけではありませんが、多くの夫婦で同じような夫婦喧嘩が起きていると考えて考察を紹介します。

 

どうすれば夫婦喧嘩を防ぐことができるのか?妻の怒りが突然爆発するのはなぜなのか?筆者が15年をかけて独自で解明した理由・方法について語りたいと思います。

 

 

原因は100%夫にある

もうこのタイトルの時点で「ふざけるな!」と怒りたくなる男性の方もいらっしゃるかと思いますが、残念ながらこれは事実です。妻は夫がしたなんらかの発言・行動に対して怒りを覚えているからです。

 

そして、夫がなんで妻は突然怒り始めるのか?

妻が怒る原因に思い当たるふしが全くないのになぜ?

と思うのも当然です。

 

なぜなら妻が怒って爆発する原因は、夫の無意識の発言・行動の中にあるからです。

 

そうなんです。

この

無意識

というのが厄介なのです。

 

心当たりがあるはずがありません。世の男性(夫)は妻に対してわざと嫌がらせをしているわけではありません。

普通に暮らしているだけなんです。

 

 

妻の怒りが意味不明な理由

妻が怒りだした原因は過去にあります。これがすべての真実です。

 

具体的な例だと

 

夫「机の上が化粧品でいっぱいだからそろそろ片付けてよ」

妻「くぁwせdrftgyふじこlp」

 

と急に妻の怒りが爆発することもありえます。

 

これ、全く意味不明ですよね。なんでそんなことで怒るの?

もしかして妻は病気なのか?

っと心配になる男性の方も多いと思います。

 

しかし残念ながら妻が病気な場合は極めてごく少数でしょう。

妻は正常です。

 

妻が急に怒り出すのはずっと以前から導火線に火がついているからです。夫に対しての不満が少しづつ積み上がって、最後にイラッとするきっかけがあって、一気に爆発するというシステムになっています。

 

要するに妻が怒っているのは

今起きた夫の言動が原因ではなく、

過去に積み重なった夫の言動に対して

怒りが爆発しているのです。

 

だから、男性は妻が怒っている原因がわかりません。

もしろわかるはずがないんです。

 

 

妻が悪い点は1つだけ

夫婦喧嘩の原因は100%夫にありますが、

夫婦喧嘩になったということに対して、妻側も悪い点が1つだけあります。

 

それは

導火線の火を消さなかったこと

です。

 

怒りをため込むだけ貯めて、一気に爆発させれば

「離婚する!」「別居する!」「あなたとは価値観が合わない!」「結婚しなきゃよかった」

などなど、大きな喧嘩に発展します。

 

そもそも男性側はなぜ妻が怒っているかわかりません。なぜそんな理不尽なことで怒るんだ!と逆に怒り出すパターンになります。

 

妻は絶望します。

「なぜ夫はこんなにもわかってくれないのか?」

 

残念ながら、男性はしっかりと理論的に怒りの原因を説明しないとわかりません。

 

言わなくてもわかる。

共感してほしい。

察してほしい。

 

男性の脳は、残念ながらそれを理解できるような作りになっていません。物理的に不可能です。

 

怒りが爆発している状態の妻は、

とにかく夫に対して不満で不満で仕方がないという状態です。

今まで我慢してたのに、そんなこともわからないのか!!!

そうなっちゃうと、怒りが収まりませんよね。。。

 

よって、妻側は怒りが爆発しないように

小さな怒りを感じたとき、少し不満に思ったとき、

夫にいちいち説明してあげて、わかってもらう必要があります。

 

はい。。。

できませんよね。。。

これができるなら夫婦喧嘩なんて起きません。

共に理解しあえる素晴らしい夫婦になっているはずです。

 

導火線の火を消せる女性はほぼいません。

男性はそれを期待してはいけません。

 

 

 

夫婦喧嘩を防ぐ方法について

夫婦喧嘩の原因は夫の無意識の言動です。

妻が怒っている原因は過去から積み上がった不満や怒りです。

 

はい・・・

これどうしようもないですよね。

 

よっぽどとてつもなく価値観が合う夫婦じゃないと

夫婦喧嘩は発生します。

でも価値観の合う夫婦なんて理想論です。価値観が合う夫婦なんて存在しません。存在するのならどう価値観が合うのか説明してもらいたいです。

 

価値観が合わないから夫婦は1個づつ、お互いのことを理解しあっていく必要があります。まぁ~超めんどくさいですよね。

そもそも我慢と忍耐ができない人は結婚なんてしない方がいいです。

 

では夫婦喧嘩を防ぐ方法について、筆者の結論は

家で油断しないこと

 

男性は家はゆっくりと休む場所だと思っていませんか?

はい。筆者は思っています。

家は自由に休む場所だと思っています。

 

だがッッッッッ!!!

それがダメ!

 

妻への気配り、会話、サービス、ちょっとした妻の話に対して紳士に共感し受け答えること

 

そして、最低でも失言やマナー違反的な行動に注意する!!!

 

普段から口調が乱暴だったり、トイレの電気を消し忘れたり

などなど、心当たりはありませんか?

 

筆者はあります。

ゴミをすぐ捨てなかったり、部屋の扉をあけっぱなしだったり

べらんめえー口調だったり、妻の話にしっかり答えなかったり

 

考えるだけでもたくさんあります。

とにかく、妻は爆弾だと思って大切に接する必要があります。

 

大切に接していれば、

「あなたは何もわかっていない」

「大事にされていない」

「価値観が合わない」

「世間体があるから離婚しないだけ」

 

などなど言われる回数を最小限に減らすことができるはずです。

 

筆者の経験だと

自分が調子が良いときこそ、妻は怒ります。

調子良くて物事がうまく進んでいるときこそ、妻に対して大雑把でテキトーな言動をとっていることが多いと分析しています。

 

筆者の場合、ほぼ毎回同じパターンなので

いい加減気をつけないとならないと感じています。

調子が良いときに腰を折られるのは、本当に苦痛です。

やめて欲しいです。

でも仕方ありません。僕が好きなって結婚したのですから。

妻と家庭を最優先に大切にしなくてはなりません。

 

っと筆者は思っています。

 

 

妻は我慢しています

今の時代、共働きの家庭は90%になっています。

時代は変わっています。

妻は家のことだけではなく、働かなくてはなりません。

 

世の中の女性は男性と違って強くなっています。

立場が強くなっています。

 

夫がもしいなくても、妻は子供と暮らしていくことができます。

 

では夫の存在は妻にとってはなんなんでしょうか?

 

協力できない夫、役に立たない夫、わかってもらえない夫

 

そんな夫は邪魔でしかないんです。

だから離婚率がすごく上がっているんです。

熟年離婚も増えているんです。

 

残念ながら、世の男性にとって

女性と結婚して良い家庭を築くというハードルは昔より上がっています。特に今の時代は楽しく便利なものがたくさんあります。妻も楽しく過ごす時間が欲しいと思っています。

 

夫婦喧嘩が起きるのは当然です。

妻は我慢しています。

 

夫は妻と子供と仲良く暮らしていくために

努力しなくてはならないのです。

それも「おれはやっているんだぜ!」という感じを出してはいけません。自然と行動しなくてはなりません。

 

仕方ありません。怒りが爆発するタイプの妻と結婚したのなら

怒りを爆発させないようにするしかないのですから