マホトラのブログ

日々の生活や面白そうなことに注目してみるブログです!

【30代後半の僕が選ぶ】平成で印象に残った出来事ベスト10について



平成の時代も終わります。皆様にとって平成はどんな時代だったでしょうか?良いこと・悪いこと・楽しいこと・辛いこと、いろいろありましたね。

思い返せば平成元年~平成31年の間、本当にいろんなことがありました。そこで個人的ではありますが、平成で印象に残った出来事をベスト10にしてまとめてみました。30年3か月を思い出しながら新たな時代を迎えたいと思います。

 

 

 

①平成おじさん

1989年 平成元年

小渕さんの平成の発表はあまり記憶に残っていませんが、昭和天皇が崩御されテレビがすごくお通夜だったのは少し記憶にあります。そして当時幼稚園か小学生だったと思いますが、自分の父親から

父「昭和から平成になったんだよ」と言われたのはすごく記憶に残っています。

また

父「世界で一番固い壁が壊れたんだよ」(ベルリンの壁崩壊)

父「これからはソ連じゃなくてロシアって名前になったんだよ」(※1991年だった)

などなど説明してくれたのが記憶に残っています。

『世界で一番固い壁』ってどういう意味なんでしょう。その意味は今もよくわかっていません。今度父に会ったら聞いてみようかな~と思います。

 

それにしても平成の最初ヤバいっすね。今でいうところの朝鮮半島統一レベルのイベントが連発だったわけですもんね。幼子だった自分でも記憶にあるくらいですもんね。

 

 

f:id:safet_driver_maybe:20190430094312p:plain

 

②市外局番03

1991年 平成3年

電話番号が『048~』だったのに急に『0348』になったんです。よく友達の家に遊びに行くときは電話するので覚えています。当時、家にじーこじーこ回す黄緑電話機を使っていましたね。うちは黒い色の黒電話じゃなくて黄緑色の電話機だったんですよね。

よって平成3年頃まではボタンのプッシュフォンじゃなくて、回転ダイヤル式の電話機を使っていたんですよ。いつまで使っていたのかは全然記憶にないですね。

この5年後には「広末涼子ポケベル始める」ですからね。

時代の流れの速さがヤバいっすね~

 

 

f:id:safet_driver_maybe:20190430094504p:plain

 

③フリーザ様がトランクスに細切れに

1991年 平成3年

僕の小学生時代はドラゴンボールと共にあったと思います。みんなでジャンプを回し読みしてましたね。当時、悪役と言えばフリーザ様でした。漫画の中での時間では1週間ほどのナメック星編は、読書からしてみればリアルタイムで2年以上戦ってたことになります。

この2年という月日は小学生にとってはすごく濃い時間です。そんな大悪役のフリーザ様の最後が、名も知れぬ1人の少年に瞬殺されるという衝撃。細切れにされて葬り去られるというドラゴンボールの今現在のインフレを感じさせる出来事でした。

 

 

f:id:safet_driver_maybe:20190430094758p:plain

④伊藤みどり選手トリプルアクセル

1992年 平成4年

僕のフィギュア好きの原点はここにあるのかもしれません。アルベールビル冬季五輪で伊藤みどり選手がトリプルアクセルを決めて銀メダルに輝いた。当時小学生だったのですが、学校でみんなトリプルアクセルの真似をして飛んでいたましたね。

(僕の学校だけでしょうか笑)

ここから平成時代は荒川静香選手、浅田真央選手、羽生結弦選手が伝説を作っていくことになりました。

《トリプルアクセルは王様のジャンプ》by羽生結弦

フィギュアスケートは語りつくせないですね!

 

f:id:safet_driver_maybe:20190430094858p:plain

⑤ストリートファイターⅡ

1992年 平成4年

当時の格ゲーと言えばスーパーファミコンのストリートファイターⅡでした。当時の小学生でプレイしなかった男子はいないでしょう。波動拳はすぐ出せるのに昇竜拳が難しくて苦戦していました。みんな初心者だったので対戦だと、本田の百裂張り手だけで勝てたり、ダルシムの強キックだけで勝てちゃったりしました。

当時は四天王が使えないし、同キャラ対戦もできませんでした。もし同キャラ対戦するときはタイトル画面の音楽が鳴り始めたら、『下R上LYBXA』と順番に入力すると色違いキャラの同キャラと対戦できるようになります。当時の小学生はこの裏技に夢中になりましたね!

 

そもそもネットがない時代なので、強くなるためにはみんなで手探り状態でした。だからこそ面白かったんですよね!みんなが情報最先端でした!未知を探検する面白さがそこにあったんです!もうこんなにゲームに夢中になれることは二度とないだろうと思います。

 

 

f:id:safet_driver_maybe:20190430094949p:plain

 

⑥尊師ソング

1995年 平成7年

オウム真理教というヤバい宗教団体は悪い意味で伝説になりました。地下鉄サリン事件で大勢の人々を殺害しました。日本でテロ事件というのは初めてだったのではないでしょうか。テロ集団なのに青山で経典を配っていたり、かなり民間に溶け込もうとしていたのも恐怖ですね。(友人が経典もらってきたりとか・・怖い)

オウム真理教が犯人としてメディアに注目されると、

「しょーこーしょーこーしょこしょこしょーこー♪」

という誰もがすぐ覚えられる名珍曲がテレビで流されまくっていました。当時の小中学生男子で歌ったことがないやつは日本にいないのではないでしょうか。

 

完全にネタだろうと思われる上祐史浩氏のごり押し記者会見(あ~言えば上祐)や教団を弁護を担当した横山弁護士の珍キャラクターぶり、ホリーネームという謎のシステム。そして布教アニメ!

不謹慎な笑いを世に提供し続けていましたね。(すごく不謹慎ですが)

 

f:id:safet_driver_maybe:20190430095202p:plain

 

⑦マックのハンバーガー65円

1998年 平成10年

デフレ時代の象徴のような出来事でした。マックのハンバーガーが65円で買えたんです。あとで知ったことですが、半額キャンペーンだったらしいですね。通学?の帰りに駅前のマックで毎日のようにハンバーガーを買って帰りました。お昼ごはんはハンバーガー3つだけ買って食べるとか飽きるほど食べていました。

このキャンペーンでマックは巨大な赤字を作ることになりました。消費者の要望に合わせて値段を下げまくる。平成後期はそんなデフレの時代だったかな~と思います。

 

 

f:id:safet_driver_maybe:20190430095333p:plain

 

⑧アメリカ同時多発テロ

2001年 平成13年

朝起きたらハリウッド映画がやってるなぁ~と思ったら、テロが発生していました。あのアメリカの象徴であるツインタワーに旅客機が突っ込むという前代未聞のテロ事件が発生。燃える高層ビルの炎に追い詰められ、高層ビルから落ちていく人間。ゆっくりスローモーションで2機目がツインタワーに突入するという衝撃。

その後のブッシュ大統領(息子)の会見で

「戦争だ!」

というセリフも忘れられません。憲法九条で戦争を放棄している日本人には絶対に言えない言葉だからですね。でも今もテロとの戦いは終わらないです。いつ終わるんでしょうかね。

地球を何回も破壊できる核を持っても、原子力空母、潜水艦、ステルス戦闘機などなど最新の兵器を持ってもテロには通じない。。。アメリカ最強時代の終わりの始まりを感じる事件でした。

 

f:id:safet_driver_maybe:20190430095222p:plain

 

⑨東日本大震災

2011年 平成23年

当時は川崎市の会社で働いていました。あ~地震だ!っと思ったら部屋が停電になって、今まで感じたことがない揺れが・・

建物が崩れるかもと思って外に出ると電柱がしなって揺れてる。高層マンションがゆらゆら揺れている。何かに捕まってないと立てないというのは初めてでしたね。

結局、この日は停電で仕事ができず帰ることに。不謹慎ですが、お昼の3時に家に帰れるのがすごく嬉しかったです。ブラック企業だったので会社を辞めたいと毎日思っていたので、会社から解放されるのが嬉しかったです。もしろ地震で潰れてしまえ!とも思っていました。

ウキウキと1時間ほど歩いて家に帰ると、テレビで南三陸町が津波に流されるという衝撃映像が・・「なんだ・・これは映画かな」と時間が止まるのを感じました。

(家は停電しない区域だった)

その後は原発がメルトダウンして水素爆発。。。「ただちに影響はない」という悪い意味で伝説になった当時官房長官だった枝野氏の言葉・・

せめて原発事故さえ防ぐことができたらと思うと、今でも日本人として心が痛いです。

 

f:id:safet_driver_maybe:20190430095427p:plain

➉息子の誕生

2016年 平成28年

僕に息子ができました。(リアル)

自分が父親になるというのはよくわかりません。今でもよくわかりませんが、子供にとっては自分が父親なので、「あ~父親なんだな~」という感じです。

昭和38年の梓みちよ氏『こんにちは赤ちゃん』という名曲がありますが、生まれたばかりの息子を見て、「こんにちは!これからよろしくね!」という気持ちがあふれていましたね。

あのときから生活は激変しました。自分が好きなことを好きな時間にできないからです。子供はかわいくて大好きですが、子育てが大好きというのはちょっと理解できないですね。僕にとってはあの日から忍耐。我慢。そんな感じです。

 

もちろん楽しいときもあるけれど、毎日が大変です。でも息子がいない生活なんて考えられないんですよね。なんでしょうね~これ・・

平成で一番の衝撃は僕にとっては息子の誕生ですね。

 

f:id:safet_driver_maybe:20190430095544p:plain

感想・まとめ

平成最後の日にこの記事を書いています。息子と妻が近くにある実家に遊びに行ったので、久しぶりにゆっくりとした時間を過ごしながら平成をいう時代を振り返っています。僕の父と母に育ててもらった子供時代、学校を卒業して会社働き、妻と結婚して息子が誕生した。個人的にもいろいろあったな~と思います。

本当に辛いときもありました。子供時代から生きている意味なんてないんじゃなか?っとリアルにメンタルヘルスをやられるくらい悩んだ時期もありました。

でも思い出が積みあがった今を思うと、長い時を生きてるってすごいことだな~と思います。生きている意味は?とかはよくわからないですが、

 

『生きていればそのうちいいことがある(byるろうに剣心)』

『生きてるだけでまるもうけ(by明石家さんま)』

 

まさにその通りなんだな~と思い出を振り返って思います。

 

令和の時代もきっといろいろあるでしょう。楽しいこと辛いこともあるでしょう。

新しい時代も思うがままに毎日しっかり生きてやろうと決意を新たに良い時代にしていこうと思います!

 

皆様は平成はどうだったでしょうか?令和の時代が皆様にとって良い時代でありますように