マホトラのブログ

日々の生活や面白そうなことに注目してみるブログです!

本田家リーサルウェポン!本田紗来ちゃん(12歳)の4回転ジャンプと世界を目指す凄さについて



フィギュアスケートの本田紗来選手は本田真凜・本田望結選手を姉に持つ、本田家フィギュア3姉妹のリーサルウェポンと呼ばれています。とにかくレベルが高いので2人のお姉さんよりも才能は上だと言われています。

そんな本田紗来選手ですが、12歳にして4回転ジャンプの練習を始めました。今回は本田紗来選手の凄さとフィギュア女子シングル4回転ジャンプの最新情報について注目していきたいと思います。

 

 

4回転サルコウを飛ぶ本田紗来選手

本田紗来選手がハーネスをつけて4回転ジャンプの練習を始めました。ハーネスをつけながらですが、クリーンな4回転サルコウを着氷しています。

4回転トーループではなくサルコウを飛んでいるので、紗来選手はサルコウが得意な選手だということがわかりますね。

 

ジャンプ 記号 基礎点
3回転ルッツ 3Lz 5.90
3回転アクセル 3A 8.00
4回転トーループ 4T 9.50
4回転サルコウ 4S 9.70

 

 

youtu.be

 

 

 

本田紗来選手の実力について

2019年2月の国際大会チャレンジカップで本田紗来選手は2位に22.91点差をつけてブッチギリで優勝しました!(ノービスクラス)

 

本田紗来選手の何がすごいのか?

実際に優勝したときの採点表から考察してみると・・

 

ショート(SP)

f:id:safet_driver_maybe:20190531220908j:plain

 

フリー(FS)

f:id:safet_driver_maybe:20190531220923j:plain

 

パッとみるだけでも

 

ジャンプがすごい!!!

 

ということです!

 

紗来選手はルッツジャンパー(ルッツが得意)というのがわかりますね。

3回転ルッツをショートとフリーを合わせて、ルール上の限度回数である3回飛んでいます。

 

この3回転ルッツというのは女子シングルにとって重要なジャンプです。なぜなら3回転アクセルと4回転ジャンプを除けば最高難易度(一番点数が高い)ジャンプだからですね!

 

ジャンプ 記号 基礎点
3回転トーループ 3T 4.20
3回転サルコウ 3S 4.30
3回転ループ 3Lo 4.90
3回転フリップ 3F 5.30
3回転ルッツ 3Lz 5.90
3回転アクセル 3A 8.00

 

 

ちなみに姉の本田真凜選手(17)はショート・フリー合わせて1回しか飛ばないことが多いです。ジャンプだけ見ればすでに5歳年上の姉さえも上回っていることがわかります。

 

そして注目したいのがコンビネーションジャンプですね!

 

フリーでは2つのコンビネーションに3回転ジャンプ(トーループ)をつけています。

 

・3Lz+3T ←完全なシニア最高難度のジャンプ

・2A+3T  ←セカンドジャンプの方が高さがある凄さ...

 

実際の動画

youtu.be

 

 

素人の僕が見ても凄いですね。冒頭の3Lz+3Tは回転不足判定でしたが、ほぼクリーンに回っていますし、2A+3Tはファーストジャンプよりセカンドジャンプの方が高さがあるという余裕ぶり。。。

 

まだノービスです。当時は11歳でした。

 

コンビネーションジャンプは日本のエースである宮原知子選手と同じです。まだシニアまで3年あるのでどれだけ末恐ろしいか分かりますね!

 

 

女子シングル4回転時代について

今でさえジャンプに優れている本田紗来選手ですが、最初に語ったように4回転ジャンプの練習を開始しています。

 

この理由はとてもシンプルです。

なぜなら今のままでは将来オリンピックで金メダルが取れないからです。

 

平昌五輪時代までなら今の本田紗来選手のジャンプを磨けばオリンピックで金メダルもあり得たと思います。

しかし現在の女子シングルは4回転ジャンプをガンガン飛び始めているので、3回転ジャンプだけでは将来勝てなくなることが予想されています。

 

実際にどのくらいの選手が4回転ジャンパー及びトリプルアクセルを飛ぶのでしょうか?

そんな疑問に答えるようなツイートがあったので紹介します。

 

 

世界の4回転ジャンパー(トリプルアクセルを含む)

 

 

 

これは練習風景の動画から有識者がジャンプのスピードや高さを計測してみたものですが、ざっと見ても世界では9人以上の選手が4回転ジャンプを飛び始めています。

 

この方々はハーネスなしです!

 

本当に実際に飛んでいます!

 

 f:id:safet_driver_maybe:20190531233312p:plain

 

本田紗来選手は世界を見ている

本田紗来選手は12歳でありながら、冬季オリンピック金メダルを確実に意識して練習しているのでしょう。そうじゃなかったらケガのリスクが高い4回転ジャンプなんて練習しないです。凄いですよね~なんかこの幼さで世界一を目指すってキラキラしてカッコいいですよね!!!

 

また4回転だけじゃなく、PIW横浜2019では

3F+3Loのコンビネーションに挑戦したり、いろんな可能性を見せてくれますね!

どこまで伸びるのか末恐ろしいです。

 

紗来選手の今後を見てみると・・

 

2019-20年シーズン:ノービス2年目

2020-21年シーズン:ジュニア1年目

2021-22年シーズン:ジュニア2年目(北京冬季オリンピック)

2025-26年シーズン:18歳 (第25回冬季オリンピック)

 

北京五輪は年齢制限に引っかかって出場できませんが、

18歳のときに冬季オリンピックに出場できる可能性があります。

 

まさに未来モンスターですね。

18歳のときに大きく華が開くのでしょうか?

そのときのために、4回転ジャンプや他の高難易度ジャンプを練習しているんだと思います。

 

なんかワクワクしてしまいますよね!!!