マホトラのブログ

日々の生活や面白そうなことに注目してみるブログです!

老後2000万円が必要なので今から貯金する方法について考える



麻生大臣の「老後2,000万円必要」という発言で炎上しているらしいです。正直言って何が悪いのか筆者にはさっぱりわかりません。小学生だって年金だけでは暮らせていけないことはわかっているはずですよね。

 

そもそも国会議員さん達の動きは非常に良くないです。反論されたら「不適切発言だった」と謝罪して発言をなかったことにしたり、とある議員さんは「年金制度の崩壊だ」と自分には責任がないかのように堂々と発言しています。

 

そんなやりとりを見ると、年金制度を本気で考えている国会議員さんはいないんだなぁ~と悲しい気持ちになりますよね。だからこそ国会議員さんに頼ることなく老後に備えて2,000万円を貯金する必要があります。

 

今回はどうやったら2,000万円を貯金すればいいのか?そんな貯金方法について考えていきたいと思います。

 

 

 

老後2,000万円の根拠は?

そもそも老後に2,000万円というのは、高齢夫婦無職世帯が対象のお話であって全ての人に当てはまるものではありません。65歳の無職の夫婦が95歳まで生きる場合は、2,000万円貯金がないと破産するよ!っということを示しています。

 

総務省「家計調査」(2017)より

2,000万円の根拠は月々もらえる年金から生活費(月額)を引くと約5万円赤字になるので、30年で2,000万円赤字になるよ

というのが根拠になります。

 

この指標はあくまでもモデルケースですが、ほぼ間違いないでしょう。

自分の生活費を計算すれば年金だけでは赤字になるのは誰にでもすぐにわかります。

だからなんで炎上してるんだろうなぁ~と感じます。(麻生氏の受け答えは悪かったけど・・)

逆に知らなかった人はヤバいだろう!と思います。

 

50代で貯金ゼロの人で、「老後2,000万円必要って初めて知った!!!」みたいな方はよほどの高収入じゃない限り生活保護の道が待っています。

せっかく会社に通わなくていい老後なのに、自由が制限された生活保護の老後生活なんてイヤですよね~。。。だからこそ今からしっかり夫婦で2,000万円を貯金する必要があります。

 

そして独身の方・・・

残念ながら夫婦よりも貯金額が必要です。夫婦なら家賃や光熱費などは半分で済みますが、独身の方は全部自分で払う必要があります。

 

仮に・・・

〇家賃6万円

〇光熱費3万円

〇食費3万円

とした場合

これだけで12万円です。さてあなたの年金はいくら?と言われたら恐怖でしょう。

 

f:id:safet_driver_maybe:20190612153116j:plain

 

月々いくら貯金すればいいのか?

さて夫婦の年齢が同じだと仮定した場合、2,000万円貯金するためには月々いくら貯金すればいいのか?年齢別に表にしてまとめてみました。

 

夫婦で貯金(年齢別)

年齢 月々の貯金額(万円)
20歳 3.70
25歳 4.17
30歳 4.76
35歳 5.56
40歳 6.67
45歳 8.33
50歳 11.11

 

月日とは残酷ですよね。20歳の夫婦なら月々3万7,000円貯金すれば老後までに2,000万円貯金できます。50歳の夫婦ならば11万1,100円も貯金しなければなりません。

 

20歳の共働き夫婦なら正直言って人生イージーモードでしょう。

1人あたり月々たったの1万8,500円で老後まで2,000万円貯金できます。

 

上記のグラフから筆者が思ったことは

早く結婚した方がいい!!!

ということですね。

 

そもそも独身時代って交際費とか趣味にガンガンお金使ってしまうので、なかなか貯金できない人って多いですよね。結婚して夫婦で生活すると独身時代よりは自由にお金が使えなくなるので貯金は貯まりやすいです。(経験談

 

今は晩婚の時代なので35歳で結婚する人も普通にいると思います。

ただ貯金について考えると晩婚は不利です。

できるだけ早く結婚しましょう!

 

 

 

一番抑えるべきものは家賃

実際に2,000万円を貯金しようと思ったときに、なにから節約を考えると固定費を押さえることが重要です。その中で一番高額になるのは家賃ではないでしょうか?

 

東京などで夫婦2人が住む物件を探すと平気で10万円以上します。

30歳の夫婦が65歳まで家賃10万円の物件に住むと4,200万円かかります。

これが地方であれば5万円くらいで夫婦で済める物件があったりするので、それだけでも2,000万円変わってきます。

 

よって夫婦であれば以下の方法がベストでしょう

・夫婦で激安物件に住む

・郊外にマンションor家を買う

・田舎に住む

 

一番マズイのは10万円以上の物件に住み続けることですね。

65歳で無職になったときに家賃10万円はキツイでしょう。よほど収入に自信があれば別ですが。。。

 

 

副業を始めて100万円GETする

今の時代は政府も会社もあまり信用できないでしょう。自分の給料が年々増えていくとは限りません。すでに昇給という制度がない会社に勤めている方もいるかもしれません。

 

だからこそ自分にできる副業を始めてみるといいでしょう。

 

メルカリ、ブログアフェリ、ライター、内職などなどネットで探せば腐るほど見つかります。最初は全然お金にならないかもしれませんが、月々5,000円稼げるようになるだけで将来大金に変わります。

 

もし30歳から副業を始めて、月々5,000円の副収入があり65歳まで続けたと仮定すると、180万円手に入れることができます。ちょっと副業するだけで100万円以上余裕で貯まる計算です。

 

筆者も最低でも月々5,000円ほどの副収入あります。

頭があまりよくない筆者でも頑張って小銭を稼いでいます。皆様なら本気を出せばあっという間にもっと稼げるでしょう!

 

 

チリも積もれば山となる

30歳から月々5,000円節約するだけで180万円貯まります。

50代~60代で貯金をしていくのは絶望的に難しいですが、20代~30代は《時間》が最大の武器になります。

 

将来を考えて少しづつ節約するだけで数百万円のお金を作ることができます。目標を立てて貯金をして、余ったお金で楽しく遊んでみたりすればいいと思います。

 

固定費・消耗品・食費・車・通信費

まずは自分がやりやすいところから貯金をすればいいですね!

 

 

 

まとめ:自分の生活は自分で守る

世の中にはお金持ちもいれば貧しい人もいます。政治家に文句言っても会社に文句言っても何も変わりません。(選挙くらいは行くべきだが・・)

ルールはみんな平等です。知恵を絞って今の生活がより良くなるように日々努力することが大事です。

 

政府が最低賃金を1,000円に上げようとしています。でもだからといって僕達の給料が上がるわけではないですよね。

 

「貯金がゼロでも年金で生活できるようにしろ!」

なんて発言する国会議員さんもいます。じゃ~デンマークみたいに消費税25%・所得税65%にするのか?絶対そんなこと言えないです。なぜなら増税するなんて言ったら選挙に勝てないからですね。。。

 

残念だけど自分達でなんとかしなきゃならないのが現実です。

だからこそ炎上して話題になった「老後2,000万円」発言だったのだと思います。

別に何も間違っていないんですけどね。