マホトラのブログ

日々の生活や面白そうなことに注目してみるブログです!

一人暮らしの生活費用はいくら?新卒の初任給では将来に老後破産する危険がある!?



大学を卒業したと同時に実家から出ました。一人暮らしに憧れていたし、自分の力で生活したいという気持ちがとても強くありました。でも当時の生活は期待とは裏腹にとても苦しいものでした。

 

今の時代は一人暮らしはリスクがあります。結論を言えばお金持ちでなければ貯金することが難しいからです。そして将来的に老後の年金は増えることはないでしょう。国の社会保障費を支えるために遅かれ早かれ増税は必須の流れです。まさに今は一般人も財テクを考えないとキツイ時代です。

 

今回は一人暮らしの生活費がいくらかかるのか?また一人暮らしでも老後は無事に過ごすことができるのか考えていきたいと思います。

 

 

一人暮らしの生活費用について

筆者が神奈川県川崎市に住んでいたときの生活費について紹介します。一人暮らしをするとどのくらいお金がかかるのか?おおよその目安にしてもらえれば幸いです。

 

当時の手取:170,000円

月の生活費:161,000円

 

生活費の内訳

生活費 金額(円)
家賃 65,000
ガス 5,000
水道 3,000
電気 5,000
通信費 13,000
食費 40,000
雑費 10,000
交際費 20,000

赤字は固定費 

 

もらった給料のほとんどは気がつくと無くなります。風邪とか病気すると家計は赤字になります。友人の結婚式があると家計は赤字になります。夏場にエアコンをガンガンつけると赤字になります。

 

 当時は現金がなくなるとクレジットカードで買い物をしていました。その月は助かるのですが、使った金額の請求が来月に来るため、状態は悪化していきます。酷いときは家賃と光熱費を払ったら現金30,000円しかない月もありました。

 

このモデルケースは筆者が若いときのものですが、

とにかく実家にいるときより遥かにお金がかかるというのは事実です!

 

まず、固定費で無条件で91,000円かかります。

 

そうすると約80,000円も手元に残るわけだから一人暮らしなんて楽勝だろうと考えるかもしれませんが、それはとても甘い考えです。

食費を節約するのはとても難しいので現実は厳しいです。。。

 

 

f:id:safet_driver_maybe:20190620104106j:plain

1日1,000円で生活できますか?

上記の生活費の内訳を見て、「おまえ食い過ぎだろ?」「交際費高すぎだろ?」とか思う人もいるかもしれません。

いや~でも引きこもり生活をするわけではないのでお金は厳しいのです。

言わせていただければ、一人暮らしで引きこもり生活をするのであれば実家に住めばいい!

ですよね(両親との仲が悪い場合は知りませんが。。。)

 

人として活動しているとどうしてもお金はかかります。

テレビで『1カ月1万円生活』とかありますが、あんなの普通に生きてたら不可能です。

 

そして、なかなか節約できない部分が

《食費》《交際費》《雑費》

でしょう!

 

単純に1日でいくらお金を使ったか計算すれば分かりやすいと思います。

1日1,000円なら月30,000円使う計算になります。

1日2,000円なら月60,000円使う計算になります。

 

人間であれば水も飲むし食事もします。食事だけでも1日1,000円は無理でしょう。

松屋の牛丼を朝昼夜と食ったとしても軽く1,000円は超えます。

 

その他にもコンタクトの保存液がなくなったらどうしますか?トイレットペーパーがなくなったらどうしますか?シャンプー、化粧水、服、靴、下着、etc

必要なものがあれば買い物をするでしょう。

 

結論は言うと

廃人以外で1日1,000円以内で過ごすことは不可能です!

 

 

貯金できなかったら老後は生活保護に

学校を卒業して働き始めます。初任給は大卒で20万~21万円くらいでしょう。そうすると手取りで17万~18万くらいになります。

 

このお金で一人暮らしをするのは大変です。将来的に給料が上がっていくから大丈夫と考えるかもしれませんが、さて給料は上がっていくでしょうか?

 

ちなみに筆者が新卒で入った会社は1年間で昇給する金額は500円でした。大手の会社でなければ給料なんてだいたい上がらないもんです。役職がついて初めて手当がつくのが現実です。

 

給料が上がっていくのがわかって入社したのならいいでしょう。

でも全然わからなくて入社して給料が上がらない現実を知ったらショックを受けるかもしれませんね。

 

一人暮らしで給料が上がらなかったら

 

確実に老後破産します

 

まずもらえる年金の金額はこちらのサイトで簡単に計算できます

あなたの年金はいくら?簡単 年金受給額計算シミュレーション

 

例えば・・

22歳から新卒で入社し、定年まで働いたと考えます。

そして給料は上がらず年収は300万円だとします。

その場合の年金は

 

毎月122,144円です

f:id:safet_driver_maybe:20190620093521j:plain



そして一人暮らしの生活費は月161,000円かかることは紹介しましたよね

 

 

差し引くと単純に毎月38,856円赤字になります。

 

では老後はいくらあれば生活できるのか考えると・・

日本の平均寿命は男性なら約80歳、女性なら約85歳なので

65歳から年金をもらえると仮定して計算すると、以下の貯金額がないと将来破産することになります。

 

男性:約700万円

女性:約930万円

 

この上記の金額は病気になった場合などは考えていません。

生活レベルを限界ギリギリで保つ最低限の金額だと言えます。

 

あたりまえのことですが、、、

 

貯金ゼロじゃ老後は過ごせない!

 

年金だけでは老後は過ごせない!

 

これは昔からの事実です。

年金だけで過ごせないのはおかしい!と言う人がたま~にいますが、

筆者から言わせてもらえば、年金だけで老後を安泰に過ごせると思っている人の方がよほどおかしいですね

 

 

一人暮らしをする前に検討が必要

筆者は学校を卒業してから一人暮らしをしましたが、大変厳しい生活を体験しました。本当にお金がなくてご飯が食べられなくなり、当時の上司に5,000円借金したり・・

実家で甘えて育って自分にとって世の中は大変厳しいものでした。

 

結局、新卒で入社した会社では将来的に生きていけないので転職活動をしました。

当時の先輩の話から給料がいくらなのか、役職者になった場合の給与など詳しい情報を知って、現実を知ったからでした。

 

一人暮らしで転職活動するのも大変でした。

なにせ貯金がゼロ円だったので

退職後、すぐ就職しないと破産しちゃう状態だったからですね。。。

今思えばギリギリの生活をしていたと思います。

 

よって、一人暮らしをしてから苦労しないように

まずは検討してから実家を出ることをおすすめします。

 

・会社の給料で貯金は作れるのか?

 

条件は老後に2,000万円の貯金があることが目安です。

この金額は金融庁がポロっと言ってしまった金額ですね。

金融庁「老後資金2000万円不足」報告書の根底にある政府の大きな問題点 | DOL特別レポート | ダイヤモンド・オンライン

 

自分の年齢から65歳まで2,000万円貯金すればいいので、

22歳なら月に38,760円を貯金できればOKですね。

 

最低でもこの金額をクリアできないのであれば、実家でコツコツと貯金した方がいいと考えます。

 

筆者の知り合いで18歳から就職して28歳まで実家暮らしをしましたが、結婚をして独立して家を買った人がいます。

その方は実家暮らしにも関わらず、1円も家にお金を入れなかったそうで給料のほとんどを貯金していたそうです。実際に2,000万円以上貯めていたそうですね。

 

30歳手前で貯金が2,000万円もあったら人生イージーモードです。

 

 

 

憧れを取るか現実を取るか?

一人暮らしはお金がかかります。単に憧れて一人暮らしを始めても計画性がないと貧乏暮らしが待っています。

 

それでも一人暮らしをしたいというのであれば止めません。

 

でも貯金が作れない場合は老後破産の可能性が大きいのは事実です。

 

特に今は晩婚の時代です。

20代で結婚して夫婦で共働きで暮らせば、固定費を2人で半分にすることができるため貯金もしやすいです。しかし30代後半で結婚してお互いに貯金がない場合は、老後に備えるための時間も短くなるのでリスクが大きくなります。

 

結婚をしないの30代以上が実家に住んでいることを世間では

『パラサイトシングル』

と言われます。

でも結婚しないのであれば実家にいて貯金した方が今の時代は賢い選択かもしれませんね。

 

憧れの一人暮らしをするか?

 

現実を考えて一歩立ち止まるか?

 

 

社会人になって最初の3年くらいは様子を見て、計画性を持って一人暮らしをすることをおすすめしたいです。

もしすでに一人暮らしをしている場合は、ダメそうなら早期に転職すべきです!40代にヤバいことに気が付いても手遅れになります。

 

20代前半は若いので老後のことなんて考えないと思います。一人暮らしが楽しくてその日が暮らせればそれでいいかもしれません。

でも若いうちに老後を考えて貯金すれば、人生はかなり楽なものになると考えます。

 

筆者は若い時代にテキトーに一人暮らしをしたので後悔しています。10年前に今のように貯金ができれば家の1つくらい簡単に建てられただろうな~と思います。

歳を重ねてから貯金を作ろうとするのは大変です(経験談

 

一人暮らしをしながらも、貯金は計画的に・・