マホトラのブログ

日々の生活や面白そうなことに注目してみるブログです!

真性包茎を手術しないで治す方法の体験談について



男性なら気になる包茎。真性包茎だとずっと亀頭に皮が被さっているので不衛生で臭くなりやすいし、コンドームもつけることもできません。特に男子校などの男社会ならバカにされる対象にもなりやすく、男としての自信すら揺らぎかねません。包茎には肉体的・精神的にもいろいろ問題が多いですね。

今回は手術なしで真性包茎からズル剥け状態になった体験談をふまえて、どうやったら真性包茎を治すことができるのか紹介していきたいと思います。

 

 

真性包茎を治した体験談

筆者が真性包茎だったのは中学1年生の頃です。小学生の頃はまわりもみんな包茎だったので気にならなかったのですが、中学に入ると剥けているか?剥けていないか?という議題が活発に議論されます。特に筆者は男子校だったので、剥けていることは男としてのステータスでした。逆に剥けていない包茎はバカにされやすい対象だったので、

「ぐッッ!早く剥かないと・・」とすごく焦ったものでした。

 

さて、今まであんまり皮を剥くという習慣がなかった筆者は、家で実際に剥いてみようと思ってチャレンジしたのですが、痛くて剥けませんでした(汗

よく調べたらそれは《真性包茎》というもので、先端の包皮口が狭いので亀頭が露出しない状態でした。

 

しかし痛くなるところまで剥けば少しだけ亀頭が見えるので、毎日頑張って剥き続ければいつかズル剥けになれるのではないか?と中学1年生ながら考えていました。当時は知識も全然なかったので、ズル剥けの友達は毎日トレーニングして剥けるようになったんだと勝手に考えていました。だって小学生のときはみんな包茎でズル剥けの友達なんていなかったのですから・・

だから努力すれば自分もズル剥けになれると本気で思っていました。結果的にこの考え方は偶然にもすごくよかったですね。

 

そこで筆者がズル剥けを目指してトレーニングを開始しました。

 

トレーニング方法について

お風呂で痛くなる限界まで剥く

夜寝る前に痛くなる限界まで剥く

 

剥くコツは先端の皮だけを剥くように伸ばす!というやり方です。

間違っても全体を伸ばそうとすると痛くなりやすいので注意かな~と思います。

 

この2つの特訓を中学2年生までほぼ毎日続けていました。今思えば暇人ですよね~私立中学で高校受験がなかった筆者はたぶん暇人だったんだと思います(笑

 

効果は徐々に現れました。

まず少しづつ包皮口が大きくなり亀頭を露出できるようになっていきました。1年くらい経った頃にはなんとか剥けるようになり、《真性包茎》から《カントン包茎》にグレードアップしました。

カントン包茎は包皮口が狭いので剥くと亀頭が締め付けられる状態

 

その後はトレーニング方法を変えました

 

カントン包茎のときのトレーニング方法

お風呂でカントン包茎状態を5分間

寝る前にカントン包茎状態を5分間

 

ここまでくると、ズル剥けになるまで早かったです。

記憶はあいまいですが半年くらいでズル剥けになりました。ちょっと包皮口が狭いのもあるので、一回剥けば戻りません。まわりの友達は包皮が余っている仮性包茎ぎみなヤツが多かったので、それに比べれば自分は見た目は全然問題ない状態でしたね。

 

ちなみに現在は普通です。締め付けられる感覚は皆無ですね。

結論的に包皮口はトレーニング伸びる!のは間違いないです。

また筆者はカントン包茎に近い真性包茎だったんだと思います。後述の重度の真性包茎だと、上記のトレーニングだけでは治らないかもしれません。

 

でも剥いたときに亀頭が少しでも見えるのであれば手術不要!

トレーニングで真性包茎は治せると筆者は考えます!

 

 

真性包茎には3通りある!?

筆者は真性包茎をトレーニングでズル剥けにすることができましたが、世の中にはどうやっても剥くことができない真性包茎が存在することが、調べた結果わかりました。

 

筆者が独自でまとめた結果、真性包茎には3通りあります。

 

剥くと亀頭が少し見える真性包茎

中学生の頃の筆者のタイプ。真性包茎とカントン包茎の間

 

剥いてもほぼ亀頭が露出しない真性包茎

ほぼ剥けない。亀頭が露出しない完全な真性包茎。赤ちゃんのようなイメージ

 

亀頭と包皮が癒着している真性包茎

レアなタイプ。亀頭と包皮が完全にくっついているため、剥くということが不可能なタイプ

 

 

①のタイプならトレーニングで問題なく剥けるようになると思いますが、②と③のタイプは通常のトレーニングでズル剥けになるのは難しいようです。

 

f:id:safet_driver_maybe:20190706110750j:plain

 

包茎矯正器具キトー君とは?

筆者は自己流のトレーニングで時間をかけてズル剥けになることができましたが、世の中は真性包茎を平均2週間で治せると宣伝している包茎矯正器具が存在します。

 

その名も包茎矯正器具キトー君です。

どうやって使うかというと、以下の画像のように器具を包皮口にひっかけて伸ばすというものです。

f:id:safet_driver_maybe:20190706102429j:plain

 

基本的な方法はやはり筆者が実際にしたトレーニングと同じですね。

包皮口を伸ばすトレーニングを毎日繰り返して、真性包茎を治すというものです。

とにかく早く真性包茎を治したい場合は器具を使うというのもアリだと思います。効率的に包皮口を伸ばすことができるので、たぶん筆者のトレーニングより早く治すことができるでしょう。

 

購入サイトを見てみると、どんな真性包茎でも治せるようですが、実際はどうなのか調べてみると全ての真性包茎を治せるわけではなさそうです。

www.absbmagic.com

 

真性包茎には3通りあるとお話ししましたが、①と②の普通の真性包茎タイプにはかなりおすすめできる器具です。しかし③の亀頭と包皮が癒着しているタイプは痛いだけで無理なようです。

 

③の亀頭と包皮が癒着しているタイプの真性包茎というのが、普通ではなかなかイメージがつかないと思いますが、うちの息子(3歳)がまさにその状態なのでよくわかります。実際に剥いてみると亀頭は露出するのですが、亀頭の半分くらいまで剥いたところで皮膚が亀頭とくっついているため、どうやっても剥けません。

 

調べてみると子供の頃に多いようで、亀頭の成長と共に普通は自然と癒着は解消されるようです。でも大人になっても治らず包皮と亀頭が癒着(くっついている)している人がいるみたいです。

 

この場合は残念ながら手術するしかないようです。

 

 

ズル剥けにするために(まとめ)

自己流のトレーニングで真性包茎を治すことができたという事実。

また手術しなくても真性包茎を治すことはできますが、全ての真性包茎が手術不要というわけではないということですね。

 

また包茎を治すために包茎矯正器具キトー君を購入するのもアリだというお話をしましたが、これには以下の理由もあります。

 

早く真性包茎を治せる可能性がある

効果がなかった場合、代金を返金してくれる

手術代金保証制度

 

特に③の手術代金保証制度というのは大きいです。

キトー君の効果がなく手術を受ける場合、キトー君を購入した会社へあらかじめメールで【手術を受ける旨】を伝えると、代わりに手術代を払ってくれる制度です。

※保険適用に限る

 

とにかく本気で真性包茎を治そうと考える場合は、とりあえずキトー君を購入して頑張ってトレーニングしてみて、ダメなら返金と手術代保証制度を受けてみるというのはかなり有効な方法だと思います。

 

筆者も経験から考えると、なるべく早く真性包茎を治そうと努力した方がいいと思います。ずっと放っておくのは身体的にも精神的にもおすすめできませんよね。だって病気になるかもしれないし、コンドームもつけられないのですから・・

 

今回は手術しないで真性包茎を治す方法について体験談をふまえて紹介してみました。とにかく悩んでいる人は行動あるのみ!だと考えます。

この記事が参考になれば幸いですね。