マホトラのブログ

日々の生活や面白そうなことに注目してみるブログです!

会社を辞めさせてもらえない。脅された場合の退職方法について



会社を辞めるのは大変ですよね。僕も正社員で3回退職した経験がありますが、会社に理解があり順調に退職できたとしてもかなり精神的に疲れます。ちなみに筆者が新卒で入った会社を辞めるときは、直属の上司と口論になり大変でした。

 

今回は会社を退職しようとしても辞めさせてもらえず、脅されたり口論になって困っているという方のために、どうやったらスムーズに会社を退職できるのか?経験をふまえて良い方法を紹介していきたいと思います。

 

 

 

 通常の退職の流れ

退職するという行為は自由です。日本の法律では退職しようとする人に対して退職させないということはできません。

 

でも「退職します!」と宣言して、今日中に退職させてくれ~というのはルール違反になります。民法627条1項で、退職するときは2週間前に退職することを伝えなくてはならないことになっています。

(※年俸制だと少し変わってくる)

 

会社の就業規則で1か月前とか3か月前とか書いてあっても、法律(民法)では2週間前に退職すると伝えればOKです。ちなみに有給休暇が残っていれば退職日まで全部使うこともOKです。会社は有給休暇を使うことを拒否できません。

これは法律で決まっていることです。

 

よって、理解がある会社なら2週間前に退職することを伝えれば、残りは有給休暇を消化するなりしてスムーズに退職できるでしょう。

 

しかし、現状は必ず社長や上司と議論することになります。最悪バトル発展しますね。スムーズに退職できた人は少ないのではないでしょうか?

 

僕も3社中2社は長い口論に発展しましたね。

 

うん?もう1社は?

はい。クビになったので簡単に退職できました(笑

 

f:id:safet_driver_maybe:20190801201822j:plain

 

辞めさせてくれない場合どうする?

僕が新卒で入社したA社を辞めるたとき、最初は辞めさせてもらえませんでした。

 

直属の上司に会社を辞めることを伝えたら、

上司「はぁ???そんなことは認められない!!!」

と強い口調で拒否されました。

 

僕も当時は若かったので

僕「あ~でも転職先が決まっているんで~2週間後に辞めます!」

とちょっと半ギレ気味で言い返しました。

 

上司は無理!無理!絶対ダメだ!と言い続けましたが、

僕はとにかく辞めることを主張しました。

 

結局、全然話しが通じない上司だったので

退職すると伝えただけでこの日はうやむやにされました。

 

 

筆者は2週間後に勝手に辞める気満々でいたので、

さすがに会社側はマズイと思ったようで、後日に部長と上司と一緒に改めて面談することになりました。

 

面談日・・・

この日も僕と上司は喧嘩モードでした

 

上司「社内規定では認めらない!お客様との会社の契約の関係もある!」

上司「ふざけんなよ!仕事に対して責任感がなさすぎる!」

上司「代わりに働ける人がいないだろう!」

 

僕「法律では2週間前に言えば辞められることになってるんで~」

 

上司「法律はそうだが、お得意様の関係もあるだろう!ダメだ!」

 

僕「でも辞めるんで」

 

もう上司はキレてましたね~もう脅しみたいなもんです。僕もキレてましたね。だから辞めるって言ってんだろ!みたいな感じでした。

 

そこで部長が僕の上司ではダメだと思ったようで、重い腰を上げて話し始めました。

 

部長

「会社の気に入らなかったことはなにかあったか?」

「部署移動もできるから検討してもらえないか?」

「転職先で何を目指すのか?

「やりたいことがあるなら今の会社で協力する」

「給料が安かったのか?」

「大事な社員だと思っている」

 

いろいろ生活のこととか親身に相談に乗ってくれました。部長の気持ちは伝わったけど辞める意志は固かったので、最後は僕の後任を探すので時間がいるということで、1か月後に退職するという形に決着しました。

 

退職するのはすごく体力がいることを初めて知りました。

このときは部長が話が分かる人だったから無事に退職できましたが、ブラック企業のヤクザみたいな上司ばかりだったら大変ですよね。

 

会社を辞める基本的な方法は

しっかり退職する意思を示すというのが重要です

 

 

それでも退職できない人は?

酷い場合は提出した辞表をその場で破り捨てられるというブラック企業もあるそうです。

 

そもそも退職できない人にもいろんなタイプがいます。精神的に追い詰められていて、気が弱くて退職することを言い出せなかったりする人もいます。

 

そんな場合、辞表だけ提出して会社をバックレて家に引きこもれば自動的に退職できる可能性もあります。僕が前に勤めていた会社でも、この方法で退職した人みたことがあります。

 

しかし、ちゃんと退職しないと懲戒解雇扱いされて退職金が出なかったり、自分の経歴に傷がつく恐れもあるのでしっかり退職したいところです。

 

退職しようとしても会社から脅されたり、話を聞いてくれなかったりというのは結構多いようです。本当に辞めることができない場合は、弁護士を立てて会社と戦うというパターンもあり得ます。

 

ただ精神的に追い詰められた人や気が弱い人にとっては、かなり勇気と体力が必要ですよね。そもそも弁護士の費用とかも安くないです。

(弁護士費用10万~20万)

 

そうなった場合、今流行しているのは

退職代行サービス

です。

 

退職代行サービスが流行しているのは

頼んだ翌日から会社に行かなくて大丈夫になることが大きいです。精神的な負担を避けることができるからですね。

 

もちろん代行する業者は弁護士なので最強です。

法律は盾にしっかり希望通りに退職ができて、退職金ももらえます。

退職する人が社会的なデメリットを背負う心配がないところもありがたいですね。(懲戒解雇の回避等)

 

もちろんサービスをお願いするにあたって費用は発生しますが、退職代行サービスをしている弁護士は、自分で弁護士を探して雇うよりはるかに安いし、何もしなくていいので楽です。

 

『退職代行サービスの参考費用』

相談無料・着手金54,000円

 

最悪もうダメだと思ったら代行サービスにお願いするのもいいですね。

 

 

退職方法まとめ

できれば上司とケンカせずに円満退職したいものですね。

 

退職するときに基本的にはやることは

しっかりと退職する意志を示して辞表を提出しましょう!

また証拠が残るようにメールで上司に退職する旨を伝えるのもいいですね。

 

しかし悪い会社ではそれでも退職を許してくれない場合もあります。何度も面談されて退職を保留にされたりすることもあります。(経験済)

 

とにかく退職するのは自由なので、弱気にならずに権利を主張したいです。

最悪の場合は弁護士に頼るのもありです。

今はいろいろ手段があるので便利な世の中ですね。