マホトラのブログ

日々の生活や面白そうなことに注目してみるブログです!

放射線恐怖症の治し方について。酷い場合はクレーマー化も



東日本大震災は日本人にとって大きな影響を与えたと思います。津波や地震による被害だけでも破壊的だったのに、原子力発電所の水素爆発で汚染地域が発生してしまい、現在でも帰宅困難区域があります。

 

研究分野での影響も大きく、原発の安全神話は崩壊してしまい、原子力関係の予算は大幅に削られ衰退の道をたどっています。

 

そして問題なのは人に与える影響です。日本は世界で唯一の核兵器の被ばく国です。ただでさえ放射線にアレルギーがある人が多かったのに、東日本大震災の影響で、放射線・放射能に対して過剰に反応する人達を多くうみだしてしまいました。

 

微小な放射線でも許せない!放射線が完全にゼロじゃないと安心できない。そんな物理的に不可能な条件(後述)を追い求める人達は

『放射線恐怖症』なのかもしれません。

 

放射線に過敏になってしまい、悪い例ではクレーマーになってしまった人もいます。今回はこの『放射線恐怖症』をどうやって治せばいいのか。考えていきたいと思います。

 

 

 

放射線恐怖症とは

恐怖症の一種で、放射線や放射性物質に対して異常なまでに恐怖を示す症状のことです。放射線はたくさん受けてしまうと体に悪い影響は出ますが、知識不足とトラウマによって必要以上に不安や恐怖を感じてしまい、酷い場合は疲労・不眠・情緒不安定などの症状が出ることもあります。

 

一番困ることは、放射線を異常なまでに嫌うため、放射線に対する恐怖をことさら煽ったり、根拠のない被曝被害の情報を流したり、被曝者あるいは被曝地域とその周辺に対する差別的な言動をとるような人が存在します。通称このような人を『放射脳』と呼びます。

wiki参考

放射線恐怖症 - Wikipedia

 

 

クレーマー化した人達

放射線恐怖症から放射脳になってしまった人は、残念ながらクレーマーとして公的機関や学校等を攻撃する人も少なからず存在します。

 

筆者の母は保育園の園長をしているのですが、残念ながらクレーマー化してしまった保護者から抗議を受けることがあるそうです。

 

クレーマー「園庭が放射能に汚染されている」

 

園長「園庭は0.05μSvです。国の基準は0.52μSvなので問題ないです」

 

クレーマー「納得がいかない!ボーリング調査しろ!」

 

上記のやりとりが実際にあったそうです。筆者の母も大変だな~と思います。そもそもこのクレーマーは自然界に放射線が存在すること、この世のすべての物質は微小な確率で原子崩壊して放射線を出していることを知らないようです。

 

 

www.absbmagic.com

 

ちなみに自然界の放射線で1年間に被ばくする線量は2.4mSvです。

人体に影響が出始める線量は1年間で100mSvです。

筆者の母の保育園の園庭は1年間で0.438mSvです。

どう考えても物理的に放射線ゼロは不可能です。

 

残念ながらこのクレーマーのような保護者は

東日本大震災以降に増加しているそうです。

おそらく震災の強いトラウマにより放射線恐怖症になり、放射脳になってしまったんだと思います。

 

f:id:safet_driver_maybe:20190801162941j:plain

 

 

日本のメディアと教育の問題点

日本のメディアや教育は、《放射線=危険》ということに関してはかなり力を入れて伝えています。もちろん間違っていないと思います。危険性を知ることによって注意する意識が生まれることは悪くないです。

 

しかし、そのせいで安全な放射線・平和利用な放射線についての知識は欠如してしまっている現状があります。

実際に、放射線とは何か?ミリシーベルト?ベクレル?などの言葉や単位について、正確に答えられる日本人は5%もいないと思います。詳細な数値は関係なく、放射線が存在することが絶対悪になってしまっている人もいます。

 

自分の身近なところに放射線はいっぱいあるのに、知識があまりにも偏っています。筆者としてはメディアの報道や学校に問題があるな~と感じています。

 

メディアや学校は何が危険で何が安心なのか?をしっかり伝えないと、今後も放射線恐怖症や放射脳の人をうみだしてしまいます。

このような人達がたくさん増えても誰も得をしませんよね。

 

広島と長崎の原爆は人体実験?

筆者は過去に仕事の関係で放射線取扱主任者(2種)の資格を取りました。勉強しているうちにあることに気が付きました。いや知ってしまったと言った方が正しいかもしれません。

 

それは人体に与える放射線の影響について、データが不自然すぎるくらい豊富だということです。何ミリシーベルト(グレイ)被ばくすると何%が死ぬとか、脱毛するとか、不妊になるとか、数値が正確に判明しているんですよね。

 

これは広島・長崎に原爆の被害にあった人達のデータなんです。人が死ぬまで放射線を当てる実験なんて普通できません。原爆で大勢の人達が被ばくして苦しんでいる中で、医学的なデータがしっかり採取されていたんですね。

実際に、日本はすべてのデータを英訳してアメリカに渡していたそうです。

↓↓↓

日本への原子爆弾投下 - Wikipedia

 

この多くの犠牲の上で、国際的な放射線に関するルールや法律が作られたというわけですね。

 

そういった犠牲や研究の上で、

日本の法律では放射線従事者は1年間50mSv、5年間100mSvまでと決まっています。(※女子は除く)

それ以上被ばくしたら原発関係では働けないことになっています。

 

それなのに幼稚園の園庭が0.05μSv/h(年間0.438mSv)だから、ゼロじゃないから危険だと言ってクレーマーになってしまうのは、長崎・広島の原爆犠牲者に対してすごく失礼な気がしてなりません。

 

 

放射線恐怖症を治す方法

放射線恐怖症を治すには、

自分のイメージや印象で怖がるのではなく、しっかり勉強して放射線を知ることが大切です。正しく知れば放射線が身近にあることも分かります。極論を言えば、生き物のカラダを構成している原子も星の核融合などの核エネルギーで生み出されたことが分かりますよね。

 

放射線、放射能、核、原子力をすべて否定したら

生き物は生まれません。

 

よって放射能恐怖症の人は正しく勉強すれば、少なくとも症状は軽くなると思います。


わかりやすい 第2種放射線取扱主任者 合格テキスト (国家・資格シリーズ 338)

 

 

問題は『放射脳』の人です。

この方は放射線恐怖症だけではなく、特定の政治団体や被爆者を差別する傾向があるため、勉強しただけでは治らないかもしれません。

まずは世の中にはいろんな意見があるということを、受け止める心を育てることから始める必要があると思います。

 

子供や若い人なら治るかもしれませんが、自身の性格として染み付いてしまった『放射脳』は治らないかもしれません。個人的には放射能が嫌いなのではなく、特定の団体や人物を攻撃することが目的になっているように見えます。

 

 

まとめ

今回は筆者の母親の保育園で、実際に放射線恐怖症及び放射脳の人によるクレーマー被害があったので、どうしたら放射線恐怖症が治るのか考えてみました。

 

やはり慣れもあるかもしれませんが、しっかり勉強して知ることが大切だと考えます。そもそも発症の原因に理解不足・知識不足が関係していることが明らかです。

 

放射線恐怖症で日々の生活が困っている人に関しては、勉強していただいて治ったらいいな~と思います。

 

ただクレーマーと化した人達については

できるだけ関わりたくないな~と思います。