マホトラのブログ

日々の生活や面白そうなことに注目してみるブログです!

副業で収入があった場合、赤字でも住民税の申告をしないとダメな件



会社員がブログ等で副業して収入を得た場合、収入(雑所得)が20万円以下なら確定申告は不要ですが、住民税の申告は必要です。収入(雑所得)が仮に少額の1万円だとしても、金額の大小関係なく住民税の申告が必要になります。

(大事なことなので2回言いました)

 

ブロガーであれば、ほとんどの方がグーグルアドセンスに登録して少なからず広告収入を得ていると思います。もし収入がある場合、何もしていなければ脱税です。

 

おそらく多くのブロガーが何もしていない脱税状態だと推測します。今回はそんな方へ、「収入があっても住民税を申告しないで済む方法はあるのか?」「住民税はゼロにできるのか?」について紹介したいと思います。

 

 

住民税を払わないで済む方法

収入(雑所得)があると住民税を払わなくてはなりません。

雑所得とは所得税における課税所得の区分の一つであって、利子所得、配当所得、不動産所得、事業所得、給与所得、退職所得、山林所得、譲渡所得および一時所得のいずれにも該当しない所得のことを言います。

簡単に言うと、会社からもらう給料以外に得たお金のことで、以下のものはすべて雑所得になります。

・講演料

・アフィリエイトの収入

・インターネットオークションの売金

・先物取引や外国為替証拠金取引およびFX

・ビットコイン等の仮想通貨を売却

 

(参考)

雑所得 - Wikipedia

 

20万円以下の小金だからと言って、住民税の申告をしないと脱税(地方税法違法)になります。

 

せっかく儲けたお金なのに、住民税を払うのはイヤだ!

と思う人は多いと思います。

 

筆者も住民税は払いたくなかったので、ネットでいろいろ調べてみました。その結果、住民税を払わないで済む場合があることがわかりました。

それは・・

収入から経費を差し引いた所得が赤字の場合、住民税はゼロになる。ということです。

 

 

簡単に言うと、

収入ー経費=所得(赤字)

 

この場合は

住民税がゼロになるわけです!

 

f:id:safet_driver_maybe:20190805155247p:plain

 

収入が赤字でも住民税の申告は必要

とりあえず経費を差し引いて赤字になれば、住民税はゼロになるわけですから、申請なんてしなくていいのかな?と思いますよね。。。

 

 

実際にネットで調べると、

収入から経費を差し引いて

《赤字なら住民税の申告はしなくていい》

と書かれている記事を多くみました。

 

でもネット情報だけでは不安に思うことが多かったので、実際に市役所の税務課へ問い合わせてみることにしました。

 

 

問い合わせ結果について

 

(問1)

ブログで得た収入からサーバー代などの経費を差し引くと赤字になります。この場合、住民税はどうなりますか?

 

(答1)

住民税はゼロになります。ただ雑所得なので税金が返ってくることはありません。

 

 

(問2)

ネットには「経費を引いて赤字なら住民税の申告をしなくていい」と書いてあったんですが、僕は赤字なので住民税の申告はしなくていいですよね?

 

(答2)

収入があるので住民税の申告をしてください。たとえ経費を差し引いて赤字でも住民税の申告の書類を出してください。

 

 

ファッ!?

 

 

 

まとめ&経費について

筆者は税金の専門家ではないので、詳しいことはわかりませんが、

少なくとも筆者が住んでいる市では

『収入が1円でもあれば住民税の申告をする必要がある』

ということがわかりました。

 

うわぁ~めんどくさいですね。どうせ赤字なのに・・

 

ブロガーさんで住民税の申告が必要だと知っている人は、おそらく少ないのではないでしょうか。雑所得が20万円以下なら確定申告は不要というのが有名なせいで、住民税はスルーされているのが現実だと思います。

 

ちなみに市役所の職員に、経費について質問したのですが・・

 

(問3)

ブログでかかった費用はすべて経費にできるんですか?

通信費、雑費、交通費、家賃とかを経費にしてもいいんですか?

 

(答3)

ブログでかかったものはすべて経費にできます。ただし実際に使用した分の割合を計算してください。たとえば通信費が1万円ならブログで7,000円、プライベートで3,000円とか。(7:3)

割合については使用した分を自己申告してください。

 

 

かなりの金額を経費にすることができそうです。(嬉

とりあえず確実に赤字にできるだろうと予想しています。

 

とりあえず結果をまとめると~

副収入があった場合、住民税を申告しないで済む方法はない!

副収入があっても住民税はゼロにできる方法はある!

ということでしょう。

 

 

ちなみに確定申告は収入が20万円以下の人は縁がない話ですが、

せっかく勉強したので疑問点を税務署に聞いてみようかな~と思います。