マホトラのブログ

お得な情報や商品レビューや体験談など、自由気ままに書いている雑記ブログです。ポジティブがモットーで面白そうなことや気がついたことについて紹介しています。気になったことを考察したり分析したりするのが好きです。ロマサガ系のゲーム記事、ラノベ、フィギュアスケートの記事が多めになっております。

不眠症克服日記その5~睡眠薬を急に断薬してみた!依存性から脱却へ!!!



こんにちはマホトラです。また眠れなくなってしまったので、強力な睡眠薬で寝ることになりました。その薬はバルビツール酸系睡眠薬ラボナ錠50mgです。今はこれを飲んで寝ています。

おそらく不眠でこの薬まで達した人は少ないだろうと思います。今回はこの薬の強さや体験談などを紹介すると共に、もう睡眠薬を飲むのを辞めようと思ったので断薬することにしました!

 

 

自殺志願者には与えられない薬

自殺願望・希死観念がある患者には与えれない薬。それがラボナ錠です。医者から「一度にたくさん飲むと呼吸が止まって死んじゃうから注意して」と言われました。また「自殺願望とかがないから処方するけど、くれぐれも薬の管理に気をつけて」と注意されました。

 

えっ!?そんな薬を飲まなきゃいけないのか?

っと抵抗感がありましたが、医者を疑っては治るものも治らないので素直に従うことにしました。前に通っていた精神科では症状が治らず、今のとこに転院した経緯もあるので、今の先生をかなり信用しているというのもあります。

 

とりあえず致死量が気になったので調べてみると、成人男性で2-3gだとわかりました。とりあえず今ある薬全部飲んでも死ななそうなので・・

とか余計なことを調べてしまいました(汗

 

ラムネと間違えて子供が飲んだら大変なので、バックにしまって肌身離さず持っていることにしました。

 

 

睡眠薬の強さランク

今までベンゾジアゼピン系のフルニトラセパムが最強の睡眠薬だと思っていましたが、上には上がありました。今回飲むバルビツール酸系の強さを図に表すと・・

 

f:id:safet_driver_maybe:20200117100800j:plain

引用元

【精神科医が解説】睡眠薬(睡眠導入剤)の効果と副作用 | こころみ医学

 

今回飲み始めたバルビツール酸系が一番強いというのがわかります。気になるのは安全性の低さですよね。。。

これ本当に大丈夫なんでしょうかね。

 

そもそもバルビツール酸系の薬は安楽死などにも使われる薬で、

使用用途は麻酔です。

 

マイケルジャクソンも死ぬ前に麻酔をかけて寝ていたと記事にありましたね。筆者も不眠もついにカラダに麻酔をかけて寝るレベルになってしまったのか・・と強い不安感がありますね。

できれば飲みたくない。。。

 

 

f:id:safet_driver_maybe:20200117104002p:plain

ベンゾ系睡眠薬は耐性ができる

そもそも今回ラボナ錠を飲むことになった経緯は、ベンゾジアゼピン系睡眠薬では眠れなくなってしまったからです。ベンゾ系は耐性ができて眠れなくなると高須幹也先生がYouTubeでおっしゃっていましたが、本当にその通りでした。

ベンゾ系のフルニトラゼパムが効いて眠れていたのは2か月ほどでした。結局ベンゾ系はブロチゾラム1錠から始まり眠れず2錠になり、また眠れずフルニトラゼパムに変えて1錠から始まり、やっぱり眠れず2錠になり・・薬がどんどん増えていって最終的に眠れなくなる・・・

 

自分でもヤバイな~と思います。

でも本当に眠れなくなってしまってどうしようもないんですよね。

 

そこでベンゾ系に耐性ができてしまったので、

バルビツール酸系のラボナ錠を飲むことになってしまったのです。

 

 

ラボナ錠の体験談

実際にラボナ錠を飲んだ感想ですが、記憶がありません。

いつ寝たかわかりません。起きるまで記憶がありません。

 

ベンゾ系は眠れるのですが、すごくたくさん夢を見ます。起きた後でも夢の内容を覚えているくらいたくさんの夢を見ます。

 

バルビツール酸系のラボナ錠は夢を見ません。妻いわくいびきをゴーゴーかいて寝ているそうです。まったく寝ている間は記憶がなく、おそらく夢も見ていないと思います。仮に見ていた可能性があっても覚えていません。

 

これがベンゾ系とバルビツール酸系の違いなのでしょうか。

 

f:id:safet_driver_maybe:20200117102728j:plain

引用元

【精神科医が解説】睡眠薬(睡眠導入剤)の効果と副作用 | こころみ医学

 

図で見ると、REM睡眠を減らす効果が強いことがわかります。

あまり夢を見ない理由もこれですね。

 

 

どう考えても死亡フラグなので断薬を決意

筆者の場合はうつ病の症状の1つである不眠なので、抗うつ剤リフレックス(ミルタザピン)も飲んでいます。リフレックス1錠で眠くて眠くて我慢できない人もいるそうですが、筆者は2錠飲んでもそこまで眠気を感じません。

 

もうずーーーーっと薬ばっかり飲んでいます。

でも飲まなきゃどうしようもないので飲んでいます。

 

でもうつ病の薬は治療のために飲まなくてはならない。

でも睡眠薬は飲まなくても死にはしない薬です。

 

このままどんどん睡眠薬の量が増えるのは悪循環なのではないか?

と思い、精神科の先生にメールで質問をしました。

 

 

 

 考え方しだいですね

 

この言葉が僕にかなり刺さりました

 

先生は別に睡眠薬を処方し続けてもかまわないという考えだということがわかります。生活の質が良ければ薬を死ぬまで使っていたってかまわない。

 

僕はこれから睡眠薬の断薬に挑戦します!

だから自分で努力して睡眠薬を断つことが重要ですね。。。

 

たぶん今までの全然眠れないというハードルが高かったのかもしれません。2~3時間眠れればそれでいいと思えばいいのです!!!

 

睡眠薬は不眠症を治す薬ではありませんでした。

一時的に症状をなくすだけの薬でした。

ここが大きな勘違いだったと思います。

 

ただ僕の場合は吐き気などのうつ症状もあって、結果的に不眠症になっているので、うつ病の薬は継続して飲みます。うつ病の薬だけで本来であれば十分眠れるはずなのです。

 

 

急に眠剤を断薬してみた結果

とりあえず金曜日の夜から睡眠薬を断薬してみました。今思えば1年くらい睡眠薬を飲み続けていました。最初はブロチゾラムを1錠、そして2錠と増え・・フルニトラゼパムを1錠そして2錠になり・・今はラボナまで来てしまいました。

 

急に断薬してみた結果。。。

断薬してから次の日、一日中頭痛。食欲不振。吐き気。1年間も睡眠薬を飲み続けてきたせいで、離脱症状が出ました。(たぶん

とりあえずできるだけ耐えようと思ったのですが、頭痛が酷くて夜眠れない。これは無理と早々に判断して、フルニトラゼパムを1錠だけ飲むことにしました。そしたら頭痛が収まり、吐き気。食欲不振も少し改善。

 

 

1日目:まぁ~4時間くらい寝れました。昼間から軽い頭痛、食欲不振、吐き気が続いています。

2日目:頭痛で絶対寝れない感じなので夜寝る前にフルニトラゼパムを1錠だけ飲む。この日全く眠れず。。。

3日目:食欲は少しないが頭痛と吐き気はそれほどでもない。フルニトラゼパムを1錠のみ、3時間くらい寝れたと思う