マホトラのブログ

お得な情報や商品レビューや体験談など、自由気ままに書いている雑記ブログです。ポジティブがモットーで面白そうなことや気がついたことについて紹介しています。気になったことを考察したり分析したりするのが好きです。ロマサガ系のゲーム記事、ラノベ、フィギュアスケートの記事が多めになっております。

社内ニートになり暇すぎて会社のストレスによりうつ病を発症!俺は大丈夫なのか?



社内ニートはメンタルを病むという記事をネットでたくさん見かけます。これは事実です。筆者が証明しました。会社にいる時間が暇すぎて不安になるし、マイナス思考になるし、何もしてないのに疲れます。

 

よく仕事が忙しくてうつ病を発症するというケースは多く見られますが、筆者のように暇すぎてうつ病を発症するというケースは稀だと思います。今回は病気を発症した経緯と、社内ニートでもポジティブに快適に過ごせる対策について紹介したいと思います。

 

 

うつ病発症の経緯について

うつ病になった原因について、医師からの診断は・・

幼い頃から『心因性嘔吐症』という体質から会社のストレスが重なってうつ病を発症した。との診断でした。

 

『心因性嘔吐症』というのは、簡単に説明すると「緊張すると気持ち悪くなったりすること」の強化版です。筆者の場合は、緊張したり、動揺したり、不安になったりすると気持ち悪くなります。実際には吐いたりしませんが、酷い場合は何度もえずいたりします。

 

幼稚園の頃から悩んでいましたが、20歳頃はよくスポーツをしていたのであまり症状が出なくなり元気でした。しかし30歳過ぎて運動不足になった頃からまた少し症状が出るようになりました。

 

でも普段の生活でそんなに緊張する機会もないし、緊張して気持ち悪くなるのも1年に1~2回くらいだし、そんなに困ることはありませんでした。『心因性嘔吐症』という病名はあるけれど、緊張すると気持ち悪くなるだけなので、普通に生活するには全然問題ないのです。

 

しかし筆者は会社の『暇すぎる』というストレスが重なり、うつ病を発症してしまいました。

 

最初は眠れなくなり、次に食欲がなくなって痩せて、吐き気がずっと続くようになり、最後は原因不明の不安感に襲われてパニックになる感じでした。最初は胃ガン等のガンになったんだと思って、胃カメラやCTなどを撮りましたが異常なし・・

 

猛烈な吐き気と不安感でパニックになり、精神科に行ったみた結果、、

うつ病と診断されました。

 

うつ病というと、すごく気分が落ち込んで元気がないというイメージでしたが、猛烈な吐き気というのもうつ病の症状の1つであることを初めて知りました。筆者の場合は幼少期の頃からの『心因性嘔吐症』がうつ病で強化されて、慢性的な吐き気になってしまったようです。

 

 

社内ニートになった経緯について

7年ほど前に転職して今の会社に勤めていますが、転職したその日から社内ニートでした。新人として仕事内容を教わったのですが、仕事量がものすごく少ないんです。びっくりするほど少ないのです。

 

出勤して15分くらいで1日の仕事が終わります。そして定時までずっと机に座っているだけなのです。出勤日の90%はそんな毎日です。

 

もちろん他にも仕事がありますが、基本的にお客様に呼ばれるまで待機していたり、簡単な事務処理をするだけなので、仕事が多い日でも1~2時間パソコンにデータ入力するくらいで仕事が終わってしまいます。

 

これは僕だけではなくて、この職場全体がそのような環境になっているのです。先輩いわく、「恥ずかしくて他の人に仕事内容はしゃべれない」とのこと。みんな暇なんです。

 

よく仕事のミスで窓際に追いやられて社内ニートになる・・とか聞きますが、僕は入社したその日から社内ニートでした。

 

 

f:id:safet_driver_maybe:20200127133206p:plain

メンタルを病み始める

最初の頃はすごく嬉しかったです。ほとんど仕事もしていないのに日本人の平均年収よりちょっと少ないくらいの給料がもらえて、土日祝日休みで有給休暇もたくさん使える。最高の職場だと思っていました。

 

入社から1~3年目までは暇な時間に資格の勉強をして、資格を取得したりしていました。しかしだんだん本当にやることがなくなってしまい、1日ずーーーっとネットサーフィンをしている時間が増えていきました。

 

暇すぎると人間はどうなるのか・・

僕はこの7年の社内ニート生活で人格が変わったと思います。

 

 

・対人恐怖症(コミュ障)になる

出勤して「おはようございます(小声)」

定時に「お先に失礼します(小声)」

会社にいて、上記の言葉以外発しない感じです。この7年で人話すのがすごく苦手になりました。自分の殻にこもってしまいます。

 

 

・極度の運動不足になる

通勤は車です。会社ではほぼ座っています。階段上ると息切するし、20分歩くとゼーゼーします。しゃがむと足がぷるぷるします。体力が低下してしまっているので、座っているだけでも疲れます。

 

 

・仕事ができなくなる

社内ニート歴7年のベテランになると、もうぬるま湯から出られません。普通の仕事とか絶対できない自信があります。試しにエゴグラムで性格診断をしてみたところ、驚きの職業適性なしという結果に。

f:id:safet_driver_maybe:20200127130931j:plain

 

http://www.egogram-f.jp/seikaku/

当たってますね。だってもう仕事とかできないもん。

 

・超ネガティブで自信がない

友達に会うこともなくなってしまったし、何をするにも自信がなくて引きこもり体質になってしまいました。暇すぎるとネガティブなことばかり考えてしまい、勝手に不安になったり自信を無くしたり、精神的に豆腐メンタルになります。

 

・・・といろいろ社内ニートになると弊害があります。

簡単に言うと

 

メンタルを病みます

暇なことは大きなストレス

ある程度仕事があれば気分転換にもなりますが、社内ニートだと全く仕事がないのでモンモンと日々を過ごしてしまいます。普通の人には理解されないと思いますが、暇すぎることは大きなストレスです。自分という人間の自信すら無くしてしまうほどの大きなストレスです。本当にメンタルを病みます。これは嘘ではありません。

 

僕は会社が暇で辛くなってきた頃から体調が悪くなり始めました。医師からの診断でハッキリとうつ病になったのは会社のストレスという診断結果をもらっています。

 

暇すぎることは毒なんです。

 

もし、自分から望んで社内ニートになろうと思っている方は絶対にやめた方がいいです。社内ニートは自分が必要とされていない感がすごいあります。この必要とされないというのも大きなストレスです。

 

また仕事をほとんどしていないので自信を無くします。自分が何もできない無価値な人間だと思い始めます

 

そして筆者のように趣味も特になく、ストレス発散ができない状況になってくると・・・

うつ病になるのも時間の問題です。

 

自分が病気になったのは、なるべくしてなった

そう思えます。

本当に暇で辛いですね。「仕事ありませんか?」とかそういうレベルじゃないんですよね。本格的な社内ニートは・・・

 

ぼーっとしていると、めちゃくちゃストレスを感じます。

 

 

社内ニート対策について

社内ニートになった場合の対策についてネットで調べると、

転職しましょうと書いてあってアフェリエイトの広告がたくさん貼ってある記事を多く見ます。確かに転職できて給料も上がって充実した日々を過ごせるのなら転職もありでしょう。

 

 

 

 

 しかし、社内ニートで弱ったメンタルでしかも40歳近い年齢になると、そう軽々と転職なんてできません。

 

でも本当に何もしないとなると、精神を病む一方です。 

そんなうつ病まで発症している筆者が会社でしている暇つぶしは対策ですが・・・・

 

①散歩

筆者は施設内を点検するふりをして散歩しています。運動不足も解消できます。ただそんなに時間はつぶせません。

 

②資格の勉強

一番のおすすめです。資格を取れば転職しやすくなるし、自分のスキルアップにつながり自信にもなります。ぜひ勉強すべきです!!!

 

③ネットサーフィン

あまり良くないです。あまりおすすめできません。確かに時間はつぶせますが、嫌なニュースを見ることも多くて精神を病みかねません。ネガティブにもなりやすいので、『何を調べるのか?』まず明確にしてからネットサーフィンすることをおすすめします。

 

④ブログ

会社でのSNSは基本的に禁止です。でも何もしなくてメンタル壊すくらいならブログを書いて副業したりする方が何万倍もマシです。ブログで文章を書いていると2~3時間は余裕で時間をつぶせます。

 

⑤ツイッター

ツイッターでいいねをたくさんもらえるようなことを考えます。これは結構時間をつぶすこともでき、新しい情報を入手することもできるので利点があります。

 

⑥悟りを開く

今の時代は昭和の時代と比べて、必要とされない時代です。自分の代わりがきかない昭和の時代とは違い、今の時代は自分の代わりなんてたくさんいます。自分がいなくても世の中はまわります。

この現実を受け止めて、必要とされないから凹んだり自信を無くすことを辞めます。ありのままの自分を受け入れます。

そうすることにより、ストレスを軽減させます。

(通称:社内ニートの悟りを開く)

 

 

とにかく、なにかすることが重要です

 

 

精神の安定を目指すことが必要

今思えば自分はくそ真面目に社内ニートであることを悩んでしまったと思います。社内ニートはメンタルを病みます。これは断言できます。でも本当にメンタルを病み、病気になってしまうと厄介です。

 

筆者はうつ病になって吐き気が酷くなり動けなくなりましたが、会社が暇なので病気になっても出社して働くことができています。薬を飲み、会社で安静にしながらうつ病の治療をしています。今は体調をだいぶ良くなり、社内ニートの悟りも開くことができたので、そこまで辛く考えたりしません。

 

社内ニートは辛い!これは間違いありません。

でも考え方次第では精神を安定に過ごすことができます。

放っておくと危険な社内ニート状態ですが、精神を病む前に自分で対策を立てて過ごすことが重要になりますね。

 

精神を安定に保つことが重要です!!!

 

社内ニートになると、目標を失いやすいです。

もし自分が社内ニートになってしまったら、暇をつぶしながらでかまわないので、必ず目標を作ってください。

そしてその目標に向かって努力してください。

その努力は無駄にはなりません。

 

社内ニートになったばかりのときは良いと感じるかもしれません。

しかし暇だと感じることは人間にとってストレスになるので、

ぜひ注意してもらいたいと思います。