マホトラのブログ

日々の生活や面白そうなことに注目してみるブログです!

ダンまちの登場人物のステイタス一覧!強さ等を考察してみる(随時更新予定)



ダンまちを読んでいると巻末や途中の挿絵に登場人物のステイタスが紹介されますよね!ゲームの攻略本大好き人間の筆者にとって、ステイタスの挿絵は大好物です!

物語中でもステイタスのアビリティについて触れているシーンがあります。でも見返そうとすると、どこに書いてあったか忘れて探すことが多いのでまとめてみることにしました。また新たにステイタスが更新された場合は随時更新していきたいと思います。

 

最終更新日2018.10.25

 

 

ダンまちのステイタスについて

神の恩恵を受けた人間は強くなる。恩恵さえ受ければ素人でもゴブリンくらいは倒せるように強くなる。ステイタスの5つ基本アビリティである『力』『耐久』『器用』『敏捷』『魔力』。モンスターを退治したり鍛錬したりすると数値が上がっていく。

 

数値の最大値は999(ベルは除く)。普通は999まで上がらない。最大値がだいたい800もあれば高い方かも。適性が低いアビリティの場合、100〜200くらいまでしか上がらないこともある。数値が上がりやすいのは最初だけ、基本的に何年も頑張ってようやく自分の最大値に近づく感じです。

 

レベルアップすると飛躍的に能力が上昇する。レベルが上の相手にはほぼ勝てない。感覚的には1つ上がれば倍強くなるイメージかも。レベルはモンスターを倒すだけでは決して上がらない。格上の相手に勝つ。命をかける。などの偉業を達成するとレベルが上がる。要するに偉業という隠し経験値みたいなものが存在する。

 

レベルアップの最低条件はアビリティが『D』評価であること。5つの基礎アビリティのどれか1つでも『D』になればOK。

 

レベルアップすると発展アビリティやスキルが発現することがある。複数発現しても選択できるのは1つだけ。発展アビリティは例を上げると毒に強くなる『耐異常』とかがある。このアビリティは数値はなくI〜Sの評価で示される。発展アビリティはレベルが上がって強くならない。レベルとか関係なく評価はされる。

 

スキルは個人の冒険者の能力のこと。経験値とか評価とかはない。よって使っていてスキルが強化されたりはしない。

 

超簡単にまとめると

能力が上がるもの

・基礎アビリティ

・発展アビリティ

・レベル

 

能力が上がらないもの

・スキル

 

レベルアップでリセットされるもの

・基礎アビリティの数値

 

レベルアップでリセットされないもの

・発展アビリティ

・スキル

 

リセットされた基礎アビリティは貯金としてレベルアップ時に裏ステイタスとして残る。よって限界までアビリティの数値を上げてからレベルアップした方が強くなる。

 

 

ヘスティアファミリア

ファミリアを結成してから約5ヵ月(13巻時点で)。炉の神様である女神ヘスティアのファミリア。団長はベル・クラネルで団員は5名。派閥ランクは『D』。不純異性行為は厳禁。だけど神様との恋愛はOK。 

 

ベル・クラネル

レベル 4
I 0
耐久 I 0
器用 I 0
敏捷 I 0
魔力 I 0
幸運 G
耐異常 H
逃走 I

魔法:ファイアーボルト 

【スキル】

・憧憬一途(リアレス・フレーゼ)

前代未聞のレアスキル。早熟する(ステイタスの成長が超速い)。おもいの丈で効果向上。副次効果で魅了が無効化される(女神の魅了も)

・英雄願望(アルゴノゥト)

能動的行動によるチャージ実行権

・闘牛本能(オックス・スレイヤー)

猛牛系の戦闘時における、全能力の超高補正

 

【考察】

物語では最速兎として名高いベル君ですが、敏捷だけではなく全てのアビリティが異様に高い。レベルが上がる直前にはアビリティオールS〜SSSという状況。経験値の貯金が半端ないのでレベルが1個上の敵くらいなら戦えてしまう。レアスキルも強すぎる。まさにチート。『英雄願望のチャージ』と『ファイアーボルト』を神様ナイフに吸収・チャージさせて攻撃する超必殺技【聖火の英斬(アルゴ・ウェスタ)】が強力!格上のモンスターも一撃で爆砕する。

 

 

リリルカ・アーデ

レベル 1
I 81
耐久 H 124
器用 G 236
敏捷 F 388
魔力 E 404

 魔法:シンダー・エラ

【スキル】

 ・縁下力持(アーテル・アシスト)

荷物がいっぱい持てるように力が補正される

 

【考察】

魔法は自分の大きさのものなら変身できるだけのもの。スキルは荷物をいっぱい持てるというもの。どう考えても戦闘向けではないです。最近はダフネに指揮を習っているため、パーティープレイの重要な指揮者になる可能性を感じる。ステイタスも低いので永遠にレベルが上がらないように見えますが、おそらく近々レベル2になると予想しています。意外と魔力が高く評価『E』です。ちなみに評価『D』でレベルアップできる場合もあるとヘスティアの発言もある。ちなみにレフィーヤが魔力特化で評価『C』でレベルアップできる状態です。修羅場を通ってきたリリは偉業の経験値が貯まっているはず!

 

 

ヴェルフ・クロッゾ

レベル 2
I 70
耐久 I 53
器用 I 82
敏捷 I 38
魔力 I 61
鍛冶 I

 魔法:ウィル・オ・ウィスプ

 【スキル】

・魔剣血統(クロッゾ・ブラッド)

ものすごい強い魔剣が作れる

 

 【考察】

全登場人物の中で最強かもしれない。Lv6の冒険者等にも通用する魔剣が作れる。いっぱい魔剣作って連発で魔法を発射すれば、おそらく誰も勝てない。意外とバランスがよくアビリティが伸びています。戦闘向きではないですが、自分より遥かにレベルが高い敵にも有効なアンチ魔法が強力!魔術師はヴェルフには勝てないですね。ただレベル2駆け出しなのでダンまちの時間で1年はレベルが上がることはないと思います。ただ鍛治のアビリティが劇的に伸びるかもしれません。それだけの才能がありそう。

 

ヤマト・命

レベル 2
H 134
耐久 H 130
器用 H 181
敏捷 H 167
魔力 I 84
耐異常 I

 

 

【考察】 

まさにオールラウンダータイプ!ベル君並みに冒険して立ち向かうタイプ。間違いなく1年以内にレベル3に到達すると予想します。深層攻略には必須な索敵スキルもあり、レベル差を覆すほどの武術を持つ戦闘能力が高いキャラです。

 

 

サンジョウノ・春姫

レベル 1
I 9
耐久 I 32
器用 I 15
敏捷 I 26
魔力 E 405

 

 【考察】

恐ろしいくらいの魔力特化型です。現在は最大で5人のレベルを1つ上げることができる。まさにチート魔術師ですね。魔力のアビリティ評価が『E』なので近々レベル2になるはずです。リリと同時にレベル2になると予想。

 

 

ロキファミリア

ダンジョン都市オラリオ最強の二大派閥の一つ。派閥ランクは『S』。トリックスターの道化師の団旗が目印。キレ者で女好きの女神ロキのファミリア。最初に入団したのは団長のフィン・ディムナ。フィンの年齢から推測するに結成して約25~30年くらい。圧倒的に女性が多いファミリアで男性は肩身が狭い。 

とにかく幹部全員がそれぞれ特化した能力を持っている。見れば見るほど凄まじくバランスがとれたファミリア。

 

アイズ・ヴァレンシュタイン

レベル 6
H 100
耐久 H 117
器用 H 131
敏捷 H 112
魔力 H 154
狩人 G
耐異常 G
剣士 H
精癒 I

 

魔法:エアリエル

詠唱式の付与魔法。風属性。身を守る盾にもなり攻撃する矛にもなる。自分の力やスピードを倍加できる。カラダの負担増。

 【スキル】

・復讐姫(アベンジャー)

任意発動。怪物種に対して攻撃力高域強化。竜族に対し攻撃力超域強化。憎悪の丈により効果向上。

 

【考察】

Lv1やLv5のレベルアップ前のステイタスから力と耐久は伸びにくい傾向がある。しかし魔法『エアリアル』により自分の限界以上の力を引き出している。もちろん無理をすればカラダがついていけない副作用がある。それに加え恩恵を得たときに最初から発現しているスキル『復讐姫(アヴェンジャー)』が強力。憎悪の丈より効果上昇という悲しい力を持つ。

クールで美しく可愛らしいイメージがあるが、実際はかなりのバーサーカー。仲間達のおかげで少しずつ変わってきているが、まだ黒い炎が燻っている。

戦闘においては無敵な力を持つが、両親を失った悲しい生い立ちによりすごく弱々しいときがある。自分を救ってくれる英雄はいないと諦めているが...

 

 

フィン・ディムナ

レベル 6
E 479
耐久 F 388
器用 S 999
敏捷 B 784
魔力 B 713
狩人 E
耐異常 E
魔防 H
先制 H
速攻 H

 

魔法:ヘル・フィネガス

高揚魔法。全能力の超高強化。好戦欲激昇に伴う判断力低下。

 

魔法:ティル・ナ・ノーグ

投槍魔法。Lv及び全アビリティ数値を魔法威力に加算。潜在値含む。発動回数は一回のみ。インターバルは二十四時間。

 

【スキル】

・小人真諦(パルゥム・スピリット)

逆境時における魔法及びスキル効果の高増幅。

・勇猛勇心(ノーブル・ブレイブ)

精神汚染に対する高抵抗。

・騎心一槍(ディア・フィアナ)

槍の装備時。発動アビリティ「騎士」の一時発動。補正効果はLvに依存。

・指揮戦声(コマンド・ハウル)

一定以上の糾弾時における伝搬拡張。乱戦時のみ。拡張補正は規模に比例。

・軍長勲章(アル・マクミーナ)

眠りに対する高耐性。不眠時間の持続力強化。炎属性に対する耐久力強化。

 

【考察】

正直そんなに強くないんだろう?とか最初は思っていましたが、アイズ達若手より強いです。魔法『ヘル・フィネガス』がチート級に強いです。効果は簡単に言えばバーサーカー。発動時はちょっとギャップがあってカッコいい!59階層の穢れた精霊の顔面を粉砕したり、ティオネ(Lv6)が100%中の100%で互角に死闘していた相手をワンパンKO。勇気もあるし、頭脳明晰のパーフェクト超人。スキル5個持ちのチート(笑

 

ガレス・ランドロック

レベル 6
S 997
耐久 S 996
器用 D 564
敏捷 E 489
魔力 H 117
拳打 E
耐異常 G
魔防 E
破砕 H
堅守 H

 

魔法:アースレイド

地磁魔法。「力」のアビリティ値の効果影響。地面上でなければ発動不可。

 【スキル】

・力精豪拳(ドヴェルク・エンハンス)

「力」の高補正。

・地剛兜(アルディーガレア)

「耐久」の高補正。攻撃魔法に対する耐性強化

 

【考察】

アイズ達若手より強いだろうと思われる。カラダ中を穴だらけなっても動ける耐久力。凄まじいパワー。力と耐久がほぼ限界値。スキルも力と耐久に全振りしている(笑

シンプルに最強と言える。

 

 

リヴェリア・リヨス・アールヴ

レベル 6
G 243
耐久 G 277
器用 C 651
敏捷 C 609
魔力 S 989
魔導 E
治療 G
耐異常 G
精癒 H
魔防 H

 

魔法:ヴァース・ヴィンドヘイム

攻撃魔法。詠唱連結。

・第一段位(ヴィン・フィンブルヴェトル)

・第二段位(レア・ラーヴァテイン)

・第三段位(ヴァース・ヴィンドヘイム)

 

魔法:ヴィア・シルヘイム

防御魔法。詠唱連結。

・第一段位(リヴ・イリシオ)

・第二段位(ヴェール・ブレス)

・第三段位(ヴィア・シルヘイム)

 

魔法:ヴァン・アルヘイム

回復魔法。詠唱連結。

・第一段位(フィル・エルディス)

・第二段位(ルナ・アルディス)

・第三段位(ヴァン・アルヘイム)

 

【スキル】

・妖精王唱(フェアリー・アンセム)

魔法効果増幅。射程拡大。詠唱量が増えるほど強化補正増大。

・妖精王印(アールブ・レギナ)

 

魔力のアビリティ強化。自身の魔法円内に存在する同族種の魔法効果を増幅させる。自身の魔法円内で消費された同族種の魔素をマインドに変換して吸収する。

 

【考察】

魔力馬鹿と言われるほどの超魔力特化型。オラリオ最強の魔道士。ダンまちの世界で1番強力な攻撃は魔法です。よって1発の力はおそらく世界最強(?) 

 

 

ベート・ローガ

※現在はレベル6。以下のステイタスはレベルアップ前の数値

レベル 5
B 766
耐久 C 647
器用 B 729
敏捷 S 965
魔力 I 0
狩人 G
耐異常 G
拳打 G
魔防 H

 

魔法:ハティ

付与魔法。炎属性。魔力吸収。損傷吸収。

 

【スキル】

・月下狼哮(ウールブヘジン)

月下条件のみ発動。獣化。全アビリティ能力超高補正。異常無効。

 

・孤狼疾駆(フェンリスヴォルフ)

走行速度強化

 

・双狼追駆(ソルマーニ)

加速時における「力」と「俊敏」のアビリティ強化

 

【考察】

ダンまち好きならこのステイタスを見て察してしまうものがある。魔力0の数値からベートの深い悲しみがわかる。ベートの魔法『ハティ』はダンまちで一番強い超必殺魔法です。まわりの魔力や自分のダメージすら全部吸収して力に変えてしまう。。使えば穢れた精霊も倒せたと思われる。レベル5のときは一度も使わなかったということです(詳しく外伝8巻)。またフィン達がベートは最速と言ってたことは事実だったということが敏捷の数値でよく分かります。スキルの敏捷に関するものが多いです。そしてベート最強説の要因がスキル『月下狼哮』です。獣化してアビリティ超高補正、そして異常無効化...ダンまちに『超』がつく補正はなかなかないんです。うん?月下限定?ダンジョンじゃ使えないんですよね~

 

ティオナ・ヒリュテ

※現在はレベル6。以下のステイタスはレベルアップ前の数値

レベル 5
A 889
耐久 A 867
器用 B 778
敏捷 A 801
魔力 I 0
拳打 G
潜水 G
耐異常 H
破砕 I

 

【考察】

バーサーカー姉妹の妹。バーサーカーとバカにされますがロキファミリアの能力はみんなバーサーカーなんですよね。アマゾネスの特徴的なステイタスです。魔法がない代わりに全能力が高めですね。殴ったり蹴ったり、とにかく戦いが好きな血の気が多い種族なので武器がなくても戦える。スキルはダメージを受けると攻撃力が上がる。そして瀕死のときに全アビリティに高補正がかかる。まさに典型的な強化系みたいな人物。

 

 

ティオネ・ヒリュテ

※現在はレベル6。以下のステイタスはレベルアップ前の数値

レベル 5
A 824
耐久 B 769
器用 B 781
敏捷 B 785
魔力 G 207
拳打 G
潜水 G
耐異常 H
治力 I

 

【考察】

バーサーカー姉妹の姉。二つ名『怒蛇』という用にダメージと怒りの丈で攻撃力が上がり、瀕死のときに超高補正がかかる。バーサーカー具合は姉の方が上です。かなりのメンヘラだったがフィンに叩き潰されて乙女になったというアマゾネスらしい人物。拘束魔法使えるけど普段使わないから苦手、しかも成功率10分の1の確率という使い勝手の悪いもの。

 

レフィーヤ・ウィリディス

レベル 3
I 86
耐久 H 184
器用 G 240
敏捷 G 271
魔力 B 797
魔導 H
耐異常 I

 

【考察】

レベル3なのにアイズ達を超える攻撃力を誇る魔道士。すでにレベルアップできる状態だが、魔力のアビリティをSまで上げることも可能なため、レベルアップを保留にすることに

 

 

『豊穣の女主人』の店員さん

オラリオ最強の酒場。元フレイヤファミリア団長のミア・グランド(レベル6)が取り仕切り、店員は賞金首・暗殺者・賞金稼ぎ・冒険者...etc...武闘派ばかり。フレイヤファミリアの厚い加護がかかっているシル(女神の娘?)も所属している。神々も粗相できないオラリオで一番治安が良い店(笑

 

リュー・リオン

レベル 4
E 488
耐久 F 352
器用 A 888
敏捷 A 889
魔力 B 717
狩人 G
耐異常 G
魔防 I

 

魔法:ルミノス・ウィンド

広域攻撃魔法。風・光属性

 

魔法:ノア・ヒール

回復魔法。地形効果。森林地帯における効力補正。

 

【スキル】

・妖精星唱(フェアリー・セレナード)

魔法効果増幅。夜間、強化補正増幅

 

・精神装填(マインド・ロード)

攻撃時、精神力を消費することで「力」を上昇させる。精神力消費量含め、任意発動。

 

・疾風奮迅(エアロ・マナ)

疾走時、速度が上昇すればするほど攻撃力に補正。


【考察】

酒場の定員。賞金首。リヴェリアより平行詠唱が上手い。おそらくステイタスを更新すればレベル5になると予想されるほどのツワモノ。アストレアファミリアの生き残り。オラリオ暗黒時代の治安を守っていたため、戦闘技術や駆け引きが凄まじい知能派の戦士。最近の状況を見るにベル君LOVE勢になる可能性を感じる。。
 
 

ルノア・ファウスト

レベル 4
B 780
耐久 C 722
器用 D 577
敏捷 D 599
魔力 I 0
拳打 H
破砕 I
拳士 I

 

【考察】

酒場の定員。依頼達成ほぼ十割の元賞金稼ぎのヒューマン(巨乳)。足を洗おうと考えていた頃にリューを狙って『豊穣の女主人』で戦闘を開始したところ、店を壊しミア母さん(レベル6)の怒りを買い、半ば強制的に酒場の店員へ。怪力でぶんなぐるというシンプルかつ強力な攻撃力と怪力を誇る。
 

クロエ・ロロ

レベル 4
F 301
耐久 G 279
器用 B 751
敏捷 B 776
魔力 E 455
耐異常 G
調合 H
逃走 I

 

魔法:フェレス・クルス

幻影魔法。幻影体(ミラージュ)を生み出す超短文型魔法。上限は2体。

 

【考察】

酒場の定員。依頼達成ほぼ十割の元暗殺者のキャットピープル(微乳)。足を洗おうと考えていた頃にリューを狙って『豊穣の女主人』で戦闘を開始したところ、店を壊しミア母さん(レベル6)の怒りを買い、半ば強制的に酒場の店員へ。毒や薬を用いる攻撃が得意。美少年(ショタ)を囲んで豪遊するのが夢。ベル君も狙われている(笑